「おはよー!」

ウメスキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

というわけで、うめ先生のあいさつで始まりました、『ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほしみっつ)』。待ってましたーーー!!!首都圏と比べて丸々1週間遅れというのが気にくわないところではあるのですが、放送されるだけまだマシなんですよね・・・(とほほ)。

さて、アバンは四者四様の起床シーンを描いた後に、冷蔵庫の下にゴキブリが出たと勘違いしたゆのが驚いて食器を派手に落として割ってしまい、大きな音に気付いた3人が集まって登校ギリギリまで掃除を手伝い、ダッシュで学校に向かうというもの。

そして、こちらも待ってましたー!新OP『できるかなって☆☆☆

「しゅわしゅわ~ しゅわしゅわ~
 なないろ~ モーニングシャワー
 おはよう おはよう 大きなぁ 声出してー」
10ko153296

もう何回も聴き直して“しゅわしゅわ~”がすっかり頭にこびりついてるしとらすさんです(笑)。でも・・・曲はいいんですが画が未完成・・・まぁ次回か次々回あたりで乃莉となずなも入って完成形になることを期待しましょう。ED曲の『さくらさくら咲く-あの日君を待つ 空と同じで-』は同じmarbleでも以前のとは異なる雰囲気のアップテンポな感じの曲でしたが、こちらもいい曲でしたね。

61k4ulw4dul_ss500_

第1話、Aパートは期末試験のグラマーで赤点になってしまったゆのが追試で挽回する話、Bパートは新入生が2人入居するというので大家さんに頼まれて皆で空室の掃除をして引越し日を迎えるというところ。どちらも単行本の4巻にあったエピソードで、原作になかったのはなずなの両親に食事に誘われて帰って来た4人が乃莉&なずなと初めて対面するシーンくらいでしたかね。ただ、どの話も演出をうまく工夫して繋げてあったと思うので、原作オンリーでもうお腹いっぱいという印象でした。

しとらす的に一番のツボだったのがこの辺かな?
10ko153314
10ko153315
10ko153316
10ko153317
グラマーで赤点取ってしまったのでゆのが落ち込んでいるというのを宮子が沙英とヒロに説明する場面、原作では「人情噺」という題が付いていたのですが、絵も面白く描かれてましたけど、宮子がすっかり噺家さんみたいな口調で喋ってるのが水橋さん上手かったですね。さすが、ラジオStrikers第7回で「もう力士任せといてくださいよ、もう全ドルジだよ、もう」と言ってほんとにリスナーの腹筋を痛くさせてくれただけはあります(笑)。

あとは、追試で満点だった答案用紙を喜んで見せようとしてゆのが破ってしまったのをせっせとセロテープで直す沙英の仕草がかわいかったり、掃除中に互いの初対面での印象を話してて沙英がヒロを“砂糖菓子みたいな女の子”と言って2人で赤くなってた時(もうあんたら2人結婚したら?w)の大家さんのリアクションがちょっとツボだったり(この後に大家さんのおごりで配達された弁当を5人で分けるシーンがありましたが、最後に残った野菜炒め弁当、あれって大家さんはヒロのために注文したんだと思うのですが、どうなんでしょう?)、こういった面白さの連続に『ひだまりスケッチ』が帰って来たんだぁ~と後でしみじみ思わされました。

それと、今回初めて登場した新キャラの乃莉となずな。ようやく明らかになったCVはそれぞれ原田ひとみさんと小見川千明さんでしたね。第一印象では乃莉が宮子に、なずなはゆのにかなり近い声になっているように思えました。1期・2期と比べて宮子の声が少し低くなってるような気もしたのですが、新キャラとの兼ね合いなんでしょうか?私の気のせいというのもありえますが(人間の声を聴き比べるのは楽器の音色よりどうにも苦手なので)。違和感はなかったですが、聞き分けができるようになるまで慣れるのにちょっとかかるかも・・・。
10ko153369
10ko153370

作画はOP絵とED絵(一枚絵だったのがかなり残念でしたが、それでも部屋のカーテンでちゃんと今後の伏線を貼ってる一工夫があっただけマシかな?)はまぁあんな具合でしたが、本編はちゃんとしっかり動いててきれいに描かれてたように見えたので安心しました。このレベルで最後まで安定してくれるといいのですが・・・。それとキャラデザは『ひだまとめ』の中のインタビューで原作の絵に近づけるように変更したとありましたが、その通りで1期・2期と比較してかなり原作に近いものになったように見えました。アニメも原作の漫画も両方好きで楽しく見させてもらってる身からすると嬉しい変更点でした。

次回はサブタイから想像するにAパートが新入生の歓迎会&入学式当日、Bパートはゆのと宮子がヒロの行きつけの美容院に行くエピソードでしょうか。そういえば追試前日のゆのの部屋にちゃっかり“olive”の割引券をワンシーン入れ込んで次回に布石にしておくのも相変わらずこのアニメらしい演出ですね。

ところで、このエンドカードの、妙に艶っぽい沙英さんのイラストは、きららCaratで現在『ラッキー・ブレイク』を連載中の平つくね[http://route1.info/]さんが描かれたそうです。毎回持ち回りでいろんな絵師さんに描いてもらうみたいなことをどこかで見た気がしますが、3期のちょっとした楽しみの1つになりそうですね。次は誰でしょう?
10ko153382


HMVジャパン

★★★全力全開でポチッと♪ブログランキング・にほんブログ村へ応援よろしくお願いします!★★★

 

☆京都通、京都が好きなら→にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ ☆音楽好きなら→にほんブログ村 クラシックブログへ

 

 

27 Trackbacks / Pingbacks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackback URL :