氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」

2012年4月24日 03:00
by しとらす

米澤穂信さんが書かれた〈古典部〉シリーズの京都アニメーションによるアニメ化、いよいよはじまりました。10日ほど前に行われた先行上映会の感想をネット上で見かけて興味が湧いたのと、先にザッとでも原作に目を通しておいた方がいいかと判断して、1作目の『氷菓』だけを軽く通読してからアニメを見たのですが、メディアミックスなど最初から全く想定していない小説の文章を、よくもまぁここまでアニメに落としこんできたなと思いました。作画のクオリティもさることながら限られた時間枠に凝縮された情報量がハンパないですね。ながら見だと1回目ではウッカリ伏線とか感情表現とか細かいところをいくつも見落としてしまうでしょう。

それと、今回は作中の時系列順ということでBパートが『氷菓』でなく『遠まわりする雛』からのエピソードをやっていたようですが、アバン・Aパートと同様に登場人物が(伊原摩耶花が加わるまでの)折木奉太郎・千反田える・福部里志の3人のみで、その3人の出会うきっかけから個性なり立ち位置なりを、じっくり描くことに専念したような印象でした。
1335279686701
1335279859190
1335279865129
おそらく視聴者の中では1話の印象は賛否真っ二つに分かれると思いますが、数話後で明かされるであろう「なぜ“氷菓”なのか」、そこに至るプロセスを見てから判断すべきように感じました。もちろんこれといってカタルシスを感じるようなオチなどないのですが・・・余計に賛否真っ二つに分かれるかも?(苦笑)。ちなみに、私が『氷菓』を一読した後の印象は(砂糖もミルクも入れないブラックの)コーヒー、強いてもう一つ形容するならSaudade風味の、というところでしょうか(“Saudade”という語を私が持ちだしたのは“氷菓”の名付け親となる人物と『氷菓』の最後に語り部的な役割で登場する人物が共に高校生だった1967年のある一件をを3人が追うことになぞらえて・・・ですかね、なんとなく日本語でなくでなく“Saudade”が思いついたのですが)。ともあれ、1話を見た印象では自分に合ってそうな雰囲気の作りになってましたので、『氷菓』の終わりをどう描くかも興味深いですし、これからも見続けていこうと思います。

そういえば、小説家・作家はもちろん学者の著書・論文とかクラシック作曲家の作品とか、その人の処女作の中には個性なり今後の大まかな方向性みたいなのとかが(後の成果から改めて振り返って見ると)内包されていることが多いようですが、米澤さんの『氷菓』はどうなんでしょうね?もちろんその一般例から外れる人もいるわけですが・・・例えばストラヴィンスキー、彼の作品1に当たる交響曲第1番なんて、私が高校の時にドラティ&デトロイト響の録音で初めて聴いて、とてもこれの数年後に『春の祭典』を作曲した人と同一人物が書いたとは思えなかった(むしろリムスキー=コルサコフあたりの曲じゃないのかと思った)ほどでしたが。まぁこの曲の総譜はリムスキー=コルサコフに献呈されたらしいですけど・・・。

閑話休題。

「やらなくてもいいことなら、やらない。
やらなければいけないことは手短に」
という省エネ?がモットーの奉太郎が肉体派の姉の手紙による勧めで古典部に入部、部室に行ってみたら両家の清楚なお嬢様えるがいて、なんのかんので彼女の大きく活発そうな目と
「わたし、気になります」
の一言で、彼女の好奇心から逃れられなくなった、という流れ。アクティヴとは正反対の位置にいる彼にしてみれば、彼女の旺盛な好奇心にはとても付き合いきれたものではないけれど、さりとて無碍に「No!」とは既に言いづらくなっている・・・そういった心境が特にBパートのエピソードで丁寧に描かれていたのはよかったですね。
1335280326123
1335280333726
1335280354097
1335280359879
1335280370021
0121300836
0121320242
0122110355
0124110673
1335281115694
1335281170299

しとらす的にはAパート最後のこの部分でなぜ「G線上のアリア」をバックで流したのがが「わたし、気になります」wかな?ストリングスで奏でられる旋律の美しい曲ですが、同時にわりと追悼の場で演奏される機会の多い曲でもありますので。もちろん作曲者本人にはそんな意図など全くなかったでしょうし(バッハは器楽曲とは別に宗教音楽も様々なシチュエーションに用いられるものを多数書いてますし、管弦楽組曲自体が長年散逸状態だったのを後年になって再編されたものっぽくて、更に「G線上のアリア」には別の経緯もありますから)。
1335280524748
1335280530813
1335280548483
1335280554002
1335280576398

 







アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)
全巻読破.com

★★★全力全開でポチッと♪ブログランキング・にほんブログ村へ応援よろしくお願いします!★★★

 

☆京都通、京都が好きなら→にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ ☆音楽好きなら→にほんブログ村 クラシックブログへ

 

 

48 Trackbacks / Pingbacks

  • 氷菓第1話感想

    記事はこちら(TBもこちらへ)
    元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/04/post-b749.html

  • 氷菓 第1話 「伝統ある古典部の再生」

     わたし、気になります!

  • 氷菓 1話感想

    桜舞う季節。新入生。登校時のモノローグ。やけに達観したようなこねくり回す感じの物言い。
    お前はキョンかっww
    ――と、あまりに「ハルヒ」そっくりな導入だったので、まずは…

  • 氷菓 #01

    『伝統ある古典部の再生』

  • 新アニメ「氷菓」第1話

    気になることだらけ…

    詳細レビューはφ(.. )
    http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204230001/

    氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]

    角川書店 2012-06-29
    売り上げランキング : 216

    Am…

  • 氷菓 第1話 感想

    #01 『伝統ある古典部の再生』

    「世界は、お前のことなんて〝気にも留めてない〟んだぜ?」
    常なる〝米澤作品のテーマ〟を端的にまとめると、それは『この一言』に尽きるだろう。

  • 氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」感想!

    氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」

    高校生活といえば薔薇色。
    薔薇色といえば高校生活。
    さりとて、すべての高校生が薔薇色を望んでいるわけではない。
    灰色を好む生徒もいる…

  • 2012年4月その他新番組【2】+Web拍手レス

    2012年4月その他新番組【2】+Web拍手レス

    ◆氷菓
    まさかほぼ3週間遅れてスタートする新番組があるとは(苦笑 しかし、その製作がまさかの『京アニ』とあっては注目しないわけにも…

  • 氷菓 第1話

    「伝統ある古典部の再生」

    私、気になりますッ!!!!

    このように可愛い子に、このように接近されて気になるって言われたら…
    協力せざる終えなくなるでしょうww   える可…

  • 氷菓 1話 「伝統ある古典部の再生」 感想

    原作未読。実は京アニ作品を見るのはハルヒ以来というアニメファンにあるまじき有様です。

  • 氷菓 チバテレ(4/22)#01新

    第1話 伝統ある古典部の再生 常に後ろ向きで灰色自虐的な高校生活を 望む折木奉太郎。省エネなんだよね?と話す友人の福部里志。ある意味やる気のない奉太郎が、クラブに 入部す…

  • 「氷菓」1話 伝統ある古典部の再生

    原作は「ふたりの距離の概算」まで読んでる。

    なんとはなしに思っていたけどやっぱり話をアニメ用に変えてきたなぁ。当たり前かもだけど。
    アニメでは地学準備室が古典部の部室に…

  • 『氷菓』#1「伝統ある古典部の再生」

    「わたし、気になります!」

    原作未読ですがミステリもの☆
    京アニな上に、シリーズ構成が賀東招二ってことで楽しみにしてました。
    絵は綺麗だし、OPの感じも良かったし、期待…

  • 氷菓 第1話 「伝統ある古典部の再生」

    氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る

     千反田えるが大きく目を開けて顔を近づけるのは

     一瞬、ホラーかと思いましたよ。

     あんなふうに…

  • 氷菓 第1話 感想「伝統ある古典部の再生」

    氷菓ですが、やらなくていいことはやらない折木奉太郎が古典部存続の為に部室に行きます。有名なお嬢様の千反田えるが待っていますが、誰も鍵をかけていないのに鍵がかかっていたミ…

  • 氷菓 第1話 「伝統ある古典部の再生」

    「わたし、気になります!」の千反田えるちゃんがいい!
    今期の深夜アニメで誰もが最も期待している作品「氷菓」。その理由は第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部 …

  • 氷菓 第1話 「伝統ある古典部の再生」 感想

     第1話を観てみました。いつものように原作は未読。制作が京都アニメーションという事前情報のみでの視聴です。

  • 伝統ある古典部の再生

    「目は口ほどに物を言う」なんて言いますが、そんなことわざ通りな、えるちゃんの「目力(めぢから)」でした。

    原作は未読ですが、推理モノでいいのでしょうか。
    普段やる気のな …

  • 氷菓 【第01話】 感想

    やらなくていいことはやらない。
    やらなければいけないことは手短に。

  • 氷菓 #1「伝統ある古典部の再生」

    春新番27こ目。残り2つというところで登場の京アニ。

  • 氷菓 1話レビュー

    オープニングで京都アニメーションという不吉な文字を見かけたので心底心配したんですが、それなりに雰囲気を出して居ると思います。キャラとしてはなんとも癖のある設定なんです …

  • 氷菓〜1話感想〜

    「伝統ある古典部の再生」

    折木奉太郎は姉の勧めにより部員がいないという「古典部」に入部することになった。

    部室へ行ってみると、一人の女子生徒がいた。
    名前は、「千…

  • 氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」

    氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]
    『私、気になります!』
    製作:京都アニメーション
    監督:武本康弘
    原作・構成協力:米澤穂信

    折木奉太郎:中村悠一
    千反田える:佐藤聡美
    福部里志:…

  • 氷菓 第一話「伝統ある古典部の再生」

    氷菓 第一話「伝統ある古典部の再生」です。 「わたし、気になります」 はいはい、

  • 2012年02クール 新作アニメ 氷果 第01話 雑感

    [氷果] ブログ村キーワード

    氷菓 第01話 「伝統ある古典部の再生」 #kotenbu2012 #ep01
    京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな…

  • 氷菓 #1

    【伝統ある古典部の再生】

    氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]出演:中村悠一角川書店(2012-06-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る

    少し遅れて今期15作品目です! 

  • 氷菓 第1話 伝統ある古典部の再生

    何事にも積極的に関わろうとしない、やらなくてもいいことならやらない、やらなければいけないことなら手短にという省エネ主義を信条とする神山高校1年B組所属の主人公・折木 奉太 …

  • 氷菓

    「氷菓」の第1話を見ました。

    省エネで灰色の学園生活を送っていた折木奉太郎が、姉の手紙をきっかけに古典部に入部する事になり、そこで出会ったのは好奇心旺盛な千反田える。古典…

  • 氷菓 #1「伝統ある古典部の再生」感想

    「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」「伝統ある古典部の再生」あらすじはWIKIより。省エネを信条とする高校一年生、折木奉太郎は、ひ…

  • 遅れてきた京アニ作品(ガンダムAGEとか氷菓とか)

    【聖闘士星矢Ω 第4話】ペガサスvsドラゴンの巻。激に引き続き、旧作キャラのヒドラの市さんが登場しましたが……激さんは講師役だからまあいいとしても、いまだに生徒な市さんは …

  • 氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」 レビュー・感想

    私、気になるんですっ! 進学校、神山高校に入学した主人公・折木奉太郎、「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」がモットーな彼が姉の勧め …

  • 氷菓 第1話 【伝統ある古典部の再生】 感想

    原作は見てないですが、京アニとか有名な所がやっているらしいのでホイホイ視聴開始。
    個人的にはキャラデザにかなり注目して居ました。
    氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]出演:中村悠一角…

  • 氷菓 1話 感想

    ちょっと地味な立ち上がりでしたが、雰囲気は好みです。画も本当に丁寧で美しいですよね。でも最も注目していたのは、千反田えるの声でした。佐藤聡美さんが担当されると知っていた…

  • 『氷菓』 第1話 観ました

    久しぶりの京都アニメーション作品です。ってことで感想記事をアップしようかどうしようかと迷ったのですが…感想記事をアップしていくことにしました。よろしくお願いします。

    う…

  • 氷菓 第01話 「伝統ある古典部の再生」

    氷菓 第01話 「伝統ある古典部の再生」

    <あらすじ>
     米澤穂信の原作「古典部シリーズ」のTVアニメ化!省エネを信条とする高校一年生、折木奉太郎は、ひょんなことから廃部寸 …

  • 氷菓 第1話 伝統ある古典部の再生

    氷菓 第1話。
    2012春アニメ感想第七弾は、
    京都アニメーションによる青春ミステリー作品。
    ちなみに原作未読です。
    以下感想

  • 氷菓 第1話「伝統ある古典部の復活」 感想!

    これは恐ろしいアニメに出会ったもんだ。

  • 氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」

    氷菓の第1話を見ました

    第1話 伝統ある古典部の再生

    やらなくてもいいことはやらないという省エネが信条の高校一年生折木奉太郎は中学からの親友である福部里志と話していた…

  • 氷菓 1話

    第一話 「伝統ある古典部の再生」

    原作既読。
    アニメ放送前に読み直そうと思っていたのですが、本を見つけ出す前に放送が始まりました…
    いつもながら、細かい話は覚えていない…

  • 「氷菓」 第1話【伝統ある古典部の再生】

    ついに姿を現す、今期の本命。

    ・放送情報
    チバテレビ:4/22(日) 24:00~
    テレ玉:4/22(日) 25:00~
    TVQ九州放送:4/22(日) 26:30~
    tvk:4/23(月) 25:00~
    KBS京都:4/23(月) 25:00~
    サンテレビ:4…

  • 氷菓 第1話 「伝統ある古典部の再生」 感想

    灰色から薔薇色へ―

  • 氷菓 1話

    “氷華”は人生。

  • 氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」

    学園ミステリー物。
    カドカワと京アニらしい出来ですかね。
    新作の今期放送開始のしんがりかな。

  • 氷菓 第1話「わたし、気になります!」

    氷菓 (1) (カドカワコミックスAエース)(2012/04/26)タスクオーナ商品詳細を見る
     京アニだけあって、背景が丁寧です。キャラの動きも細かく、町もしっかりと描かれています。どこ…

  • 氷菓 #1

    新番組、お試し視聴です。原作は、米澤穂信さんの小説、古典部シリーズです。私にしては珍しく、アニメ化前に原作を読み終えています。自分なりのイメージが先にできあがっ

  • 新作アニメ 氷菓 第一話 伝統ある古典部の再生 レビュー

    高校生活といえば薔薇色、薔薇色といえば高校生活… そう言われるのが当たり前なくらい高校生活はいつも薔薇色の扱いだよな… さりとて…全ての高校生が薔薇色を望んでるわけでは…

  • 氷菓 第1話 4/23 あらすじと感想 #hyouka #氷菓

     省エネ少年と好奇心少女。

     折木奉太郎くんのモットーは「やらくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」という、省エネ少年。熱い学園生活にも、…

  • 氷菓 1話

    1話 氷菓 「伝統ある古典部の再生」 高校生活と言えば薔薇色。 薔薇色と言えば高校生活。 さりとて、すべての高校生が薔薇色を 望んでいるのではないと思う高校生がいる。 例えば…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackback URL :