前回からちょっぴり時間を巻き戻したところから始まりました。
1004202259480040
1004202300250459

台風の雨風の音で眠れないという巧、希はなんで起きてたんでしょう?文乃はというと巧と希が一つ屋根の下2人きりというシチュエーションが台風よりはるかに気になって眠れない(笑)。結局巧の家に押しかけることにした文乃が移動する間、「巧と文乃は仲いいね」と言う希に巧は腐れ縁だからと文乃の天邪鬼な性格を話したりしてます。巧の話しぶりに
「いいね。私には、そんな人いなかった。」
と希は自分の孤独な生い立ちをポツリポツリ話しはじめ・・・というところで電話。ここが前回の引きのシーンですね。ここまででアバンの終わり。
1004202301140943
1004202301470508
1004202302210514

文乃がシャワーを浴びてるところで停電。懐中電灯を探し出したまではよかったけど・・・フツーなら何も着ずに慌てて姿を現した方が悪いんですが、「迷い猫」はフツーじゃないからね(爆)・・・理不尽な攻撃に遭った巧もお気の毒さま。
1004202307070327
1004202307150536
1004202307170926
1004202307250984
文乃はサウスポーなのか?ともあれ、お見事ストライクw
1004202307430561

停電はなかなか復旧しません。強がり言っても雷は怖い文乃、一方の希は随分と落ち着いたもの。気を紛らわせるために何か面白い話をと要求されて怪談を始めたばかりに、この日2度目のノックアウト。あと1回で・・・(違う)。
1004202308000838
1004202308490899

いつまで待っても停電は直らない、睡魔は襲ってくる・・・
「「(俺は自分の部屋で・・・)却下!!」」
「私だって嫌だけど・・・最悪だけど、何事も諦めが肝心ね」「賛成」
という文乃と希のピッタリ息の合ったコンビプレーで、リビングに3人で寝ることに・・・こういう一種の極限状況下では本音が現れやすいものなんですね(笑)。もっとも希は文乃の気持ちの強さにも気付くことになったようですが・・・。
1004202310200067
1004202310430979
1004202311150429

台風も過ぎた翌朝、希は荷物をまとめて姿を消していました。
10s203481

家康や大吾郎、千世も総動員、夕方になって希に似た人を見かけたという情報を得て、巧はその場所に向かおうとします。が、巧と一緒に探してる間に希の様子をいろいろ訊ねた文乃は、希に自分の気持ちを悟られたことと希も文乃同様に巧に好意を寄せていることに考えが至り、会いに行くことを躊躇します。そして朴念仁の巧と言い争う中で、とうとう「好きだ」と告白・・・といっても、文乃らしくとても天邪鬼な物言いでしたが・・・(苦笑)。
1004202316070638
1004202316240395

文乃の彼女らしい告白にあっけにとられる巧。そこに希の情報がメールで来たので、とりあえず文乃を無理に引っ張って希がいるという場所に向かいます。あまり遠くへは行ってなかったみたいですね。所持金がなかったからなのか離れがたかったからなのか・・・?希は野良猫相手に淋しく独り言。短くも楽しく居心地がよかった時を思い出し、不意に涙を流して「本当にいいところだったよ」と呟いたところで巧に捉まえられました。
1004202317160626
1004202317280951
1004202317340964
1004202317400146

自分や文乃の生い立ちや乙女に拾われた経緯をを話しながら説得する巧。
「迷惑は、かけていいんだ」
生きていく中で他者とのかかわりで迷惑をかける・かけられるは避けて通れないと言い、
「俺たち、もう家族だろ」
が決め手になったようです。
Tv1271773205865
Tv1271773247592
Tv1271773403866
Tv1271773420121

千世たちも合流したところでいつもの調子に戻ってお終い。
ED絵が替わったなぁーイラストタッチでかわいらしく描かれてるなー・・・
10s203518
・・・とか思ったら、あれ?今回はCパートもあるのか?
希を探してた際に河原で告白した真意をしどろもどろになりながら文乃に訊ねる巧でしたが、お約束どおりにはぐらかされました、と。
1004202326000948

希との出会いと家出騒動でひと区切りでしょうか。文乃の告白がやけに早く来ましたね~という印象ですが、今までは他人を傷つけることを(そしておそらくはその反動で自分自身も傷つくことを)恐れて人との関わりを極端に避けてきた希が自分の居場所を見つけて巧たちの輪の中に入っていくことで、むしろここから本格的に『迷い猫』の話が進んでいきますよ、というふうに受け取っておきます。

Bパートの巧のモノローグがちょっと単調でダレかけたのが難でしたし、希の家出の引鉄となった2人の女の子が自分の恋心にどう折り合いをつけるのかが徐々にどこかに置き忘れられた感も無きにしも非ずなんですが、当の巧が朴念仁だからすぐにどうこうなるわけもないし、次回予告が短いにもかかわらず面白かったので帳消しかな?(笑)
1004202327100719
1004202327140668
1004202327400859
佐藤・鈴木のメイドコンビで丸々1話作ってくれへんかなぁ~思ったのは私だけでしょうか?w
で、どこが予告なんだろうと思ったらちゃんとサブタイトルが書いてあったんですね。
でも「脱いだ」って何なのさ?(爆)

毎回監督を替えることが公式でアナウンスされましたが、次回に当たった方がどんなものを作ってくれるのか楽しみです。

原作のイラストを担当されている‘ぺこ’さんの画集『ぺこのきせき』が発売されたそうです。『迷い猫』以外にもいろいろあるそうな。オールカラー、96Pだそうです。
51otnqiavgl_ss500_




★★★全力全開でポチッと♪ブログランキング・にほんブログ村へ応援よろしくお願いします!★★★

 

☆京都通、京都が好きなら→にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ ☆音楽好きなら→にほんブログ村 クラシックブログへ

 

 

26 Trackbacks / Pingbacks

  • 迷い猫オーバーラン! 第03話 「迷い猫、見つけた」

    迷惑かけてもいいんだよ…

  • ■迷い猫オーバーラン! 第3話「迷い猫、見つけた」

     実は今まで、作品タイトルの「迷い猫」の意味が、全く分かっていなかったりする、駄目な私なのです。  その意味は、今回巧が、はっきりと口にしてましたねん。  今で

  • 「迷い猫オーバーラン!」 第3話『迷い猫、見つけた』

     第3話「迷い猫、見つけた」

     

     「巧と文乃は仲いいね?」
     希に聞かれ、腐れ縁だと、子供の頃を思い出す巧は、家族のように親し

  • 迷い猫オーバーラン! 第3話「迷い猫、見つけた」

    文乃って面倒臭い性格だよなぁ・・・・・・「好き!」「嫌い!」「好き!」「嫌い!」もうどっちなんだよとw まぁ正直でない所はツンデレキャラクターらしいんだけど、この告白の…

  • 迷い猫オーバーラン! #3

    【迷い猫、見つけた】

    迷い猫オーバーラン!〈3〉…拾う? (集英社スーパーダッシュ文庫)著者:松 智洋販売元:集英社発売日:2009-02おすすめ度:クチコミを見る

    一万回死ね・・・こ…

  • 迷い猫オーバーラン! 第3話「迷い猫、見つ…

    珍しくシリアスモードから始まりましたね。希は自分の過去がわからないと。記憶がないとかではないのかな?文乃は裸のまま「ちゃんとコッチ照らしなさいよ!」とは…(/ω\)イ…

  • 「迷い猫オーバーラン!」第3話

      第3話「迷い猫、見つけた」ある台風の夜、乙女が書き置きを残して人助けに行ってしまい、2人きりで過ごすことになった巧と希。そんな2人を心配した文乃が様子を見に来たが、…

  • 迷い猫オーバーラン!第3話 『迷い猫、見つけた』(感想)

    にゃあ、居場所見つけた! いい最終回でした♪ 文乃に遠慮しいる希ですが、遠慮せず

  • 迷い猫オーバーラン! 第3話「迷い猫、見つけた」

    「俺たち、もう家族だろ?」

    文乃が巧に爆弾発言(告白)をした模様。
    今回は居なくなった希を捜す話なんですけど、これはまた早いにも程が

  • 迷い猫オーバーラン! 第3話「迷い猫、見つけた」

    夜、寝付けなかった都築巧は、霧谷希に芹沢文乃の事を語る。昔からの腐れ縁である文乃は、真面目に何かを語った時は100%嘘なのだという。天邪鬼キャラは真面目になればなるほど真逆…

  • TVアニメ版迷い猫オーバーラン!第3話「迷い猫、見つけた」の感想

     今夜は乙女姉さんがいない…ということは都筑家では巧と希が二人きりということに。それが気になって仕方ないけど、案の定素直になれない

  • 迷い猫オーバーラン! 第3話

    第3話『迷い猫、見つけた』迷い猫オーバーラン!第1巻 〈初回限定版〉 〈Blu-ray〉今回は・・・良い最終回でした。

  • [アニメ感想] 閃光のナイトレイド第3話、迷い猫オーバーラン!第3話

    一週間のアニメの簡易感想です。
    今回は閃光のナイトレイド第3話、迷い猫オーバーラン!第3話です。

  • 珍しく音楽アニメしていた(ナイトレイドとかけいおんとか)

    今週の「バクマン」(ジャンプのやつね)の「シリアスな笑い」という台詞を見て、即座に「覚悟のススメ」を連想したのは俺だけじゃないはずだw【仮面ライダーW(ダブル)第31話】フ…

  • 迷い猫オーバーラン! 第3話 「迷い猫、見つけた」 感想

    ドタバタコメディを予想してたのにちょっとイイお話で不意を突かれました。面白かったです。

  • 迷い猫オーバーラン! 第03話 迷い猫、見つけた

    巧と文乃、二人が孤児ってのは知ってたけど、施設が経営破たんしてから子供心に飛び出して・・・そこで乙女さんに拾われてと・・・重たい・・・可愛い絵柄でなんて重たいキャラ…

  • 迷い猫オーバーラン! 第3話「迷い猫、見つけた」

    迷い猫ってそういう意味だったのか…と今更気づいたわたくし
    今回はこの物語のバックボーンを前面に出した話。
    切なくも最後はいい友情物語でホロリとさせられた。
    最後の「にゃあ…

  • 『迷い猫オーバーラン!』#3「迷い猫、見つけた」

    「迷惑はかけていいんだ。俺たち、もう家族だろう?」

    台風の中、文乃がやってくるまで巧と希は二人きり。
    とはいっても、何かがあったわ

  • 迷い猫オーバーラン! 03話『迷い猫、見つけた』

    夜中。
    眠れない巧が下の階へ向かうと、そこでは希もまだ起きていた。
    そんな二人のことが気になった文乃は着替えて巧の家に向かうことに。

  • 迷い猫オーバーラン! 3話「迷い猫、見つけた」

    「巧のこと、大嫌い!大好き!」
    導入部分を綺麗にまとめてきましたね。

  • 迷い猫オーバーラン! #3「迷い猫、見つけた」

    「迷い猫」というより「捨て猫」だったんですね。
    今回とても切ない気持ちになりました。

  • 迷い猫オーバーラン! 第3話「迷い猫、見つけた」

    迷い猫オーバーラン!第1巻 〈初回限定版〉 〈Blu-ray〉(2010/06/25)伊藤かな恵井口裕香商品詳細を見る
    「迷い猫」の意味が何となく分かってきました

  • 迷い猫オーバーラン! 第3話「迷い猫、見つけた」

    はっぴぃ にゅう にゃあ TVアニメ「迷い猫 オーバーラン!」OP&EDテーマ公式的に毎回監督の変更を発表したこの作品。
    第3話まで視聴したことで、…

  • 『迷い猫オーバーラン!』 第3話 観ました

    今回の前ふりは、前回の最後、文乃ちゃんが巧の家にやってくる前の話だった。
    すでに大嵐状態になっていて気象情報を、希と二人で観ながら希のことをネタに話していた。その時、希…

  • 【迷い猫オーバーラン! 第3話−迷い猫、見つけた】

    溢れた感情は単純に零れる涙
    止めずに泣いて枯れるまで。

  • 「迷い猫オーバーラン!」第3回

     各話毎に監督を別にしたのが完全に裏目に出ていますね。一話からのエピソードの積み重ねができていないから、キャラに深みも出てこないし、感情移入もできない。なんだか違う一話…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackback URL :