大長から御手洗へ向かう途中に描かれていた観光案内板が気になって少しググってみたのですが、御手洗は一時期瀬戸内航路の潮待ち・風待ちの中継港として大いに栄えていたそうですね。最盛期には藩公認の遊女屋4軒に100人以上の遊女を抱えていたほどだったそうで、幕末に吉田松陰や坂本龍馬、三条実美らも立ち寄っていたとか。竹原同様に国の重要伝統的建造物群保存地区の1つに選定されていて古い町並みや江戸期以来の建築物も残っているとかで素晴らしい観光地のようです。呉の仁方から大崎下島まで橋伝いに車でも行けるようですが、旅の風情と瀬戸内の風景を堪能するなら、楓たちのようにフェリー(土生商船 http://www.habushosen.com/)を利用するのがベターのように思います。
F_00008c
F_000090

呉市豊町観光協会 御手洗
http://www.yutaka-kanko.jp/

『美遊人のHP』「風待ちの港、御手洗」
 →http://www.iokikai.or.jp/siomatinominato.mitarai.html

『歩いて見つけた』「風待ち潮待ちの島大崎下島」
 →http://www3.ocn.ne.jp/~kazu5958/oosakisimozima.htm

さて、作中では早くも夏休み突入。麻音の実家が旅館を営んでいるということで出てきましたが、某アニメみたいにギスギスしたのとは正反対で、のんびりと暖かくてアットホームな雰囲気なのがよかったですね。両親が生き方を強制するのでなく本人の自主性を尊重していて、また麻音も自分から積極的に手伝っている様子も「たまゆら」らしく、のりえたちが友達思いなのとか楓の祖父が真意を見抜いて優しく諭すところなども、穏やかなトーンの中でもしっかり描かれているのが好印象でした。麻音の父や楓の祖父のズレたリアクションもコミカルで、ベクトルが安易なお涙頂戴に傾かないような良いアクセントになってましたし、某旅館アニメと違ってこの辺りの上手さはさすがサトジュンといったところでしょうか。
F_000092
F_000095
F_0000ba
F_0000bd
1319566643187
1319566660811
1319566977055
桜田家の仲良さそうな父娘を写真に撮る楓の様子も父の死を乗り越えた感じが伝わってきてよかったですね。

で、今日のオチも麻音ネタ。趣向が変わってるのはともかく意外に移り気なのねw
1319566916183
1319567085887

ところで、乙女座の回想シーンで「やさしさに包まれたなら」のカヴァーが流れてましたが、OP・EDとも違うボーカルだけどどこかで・・・と思ってたら、marbleだったんですね。そのうちCDリリースとかあるといいですが。
F_0000a1
F_0000a3
(10/29追記:たまゆらツイッターとmarbleのブログで挿入歌の経緯が書かれてました→ブログはココ、ツイッターは下記引用を参照)

@tamayura_tweet たまゆら
麻音の夢のきっかけが子供の頃に見た乙女座のライブですが、そのアーティストにmarbleさんの出演が実現できました。最初、関係各所に確認してみたところ、やはりレコード会社が違うので無理という事でした。まあ普通はそうでしょう。 (satojumichi) #tamayura

@tamayura_tweet たまゆら
普通はそうですが、ニコ生でmarbleさんの「たまゆら出た〜い」という(爆弾?)発言を聞いていましたので、もうひと粘りしてみる事にしました。アーティストさんですが、今回はむしろキャストに近い出演と考えてみてもらえないかと。(satojumichi) #tamayura

@tamayura_tweet たまゆら
すると偉い人の方から、marbleさんが自分の楽曲を歌うのは無理だが「やさしさに包まれたなら」を歌うのならOKという答えが。marbleさんにお願いしてみましたところ快諾。やりました。業界の常識の壁を越えた瞬間です(←大げさ)。(satojumichi) #tamayura

@tamayura_tweet たまゆら
アフレコスタジオで、菊池さんのギターとmiccoさんの歌それぞれマイク一本づつで同時録音という、まさに生ライブの感じで録らせてもらいました。収録開始時間を連絡したところ、かなちとちぎぶが観客としてやって来て堪能してましたが。(satojumichi) #tamayura

@tamayura_tweet たまゆら
収録後、お二人とも4話のアフレコも見学して、後日ダビングにもわざわざきてくれました。歌用のスタジオではないので、やりにくかったはずですし、正直申し訳なかったのですが、麻音の夢に繋がる素敵な歌を歌っていただき本当に感謝です。(satojumichi) #tamayura

71kyoagyw5l_aa1018_






アニメイトオンラインショップ

★★★全力全開でポチッと♪ブログランキング・にほんブログ村へ応援よろしくお願いします!★★★

 

☆京都通、京都が好きなら→にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ ☆音楽好きなら→にほんブログ村 クラシックブログへ

 

 

28 Trackbacks / Pingbacks

  • たまゆら〜hitotose〜 第4話 潮待ち島に聞こえる音、なので

    夏休みに突入し、麻音は実は一人暮らしだったようで、大崎下島の御手洗にある実家に帰省する事に。
    瀬戸内海には島も多いですし、そうした島の出身者だと高校に通う為にこういう …

  • たまゆら~hitotose~ 第4話 ピュ~と吹く麻音

    麻音「Because it can return to a parents’ home」ぽかの「「「ぱ…Pardon?」」」ぽってが竹原に来て初めての夏休み。麻音も実家に帰れるためうれしくてたまらない模様。

    麻音「♪~」麻音は今回…

  • たまゆら 〜hitotose〜 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」

     麻音回でした。アヘビアーン。

  • たまゆら〜hitotose〜 #4「潮待ち島に聞こえる音、なので」

    麻音回!口笛少女の生い立ち&夢

    ピューと吹く!麻音 〜♪ たまゆら第四話のぶっきら感想、なので

  • たまゆら~hitotose~ アニメワン(10/26)#04

    第4話 潮待ち島に聞こえる音、なので 夏休みに入ったら、実家の島に帰る麻音。そこは、ぽってのお爺ちゃんが住む島だった。皆で遊びに行こうと話が決まる。 麻音の実家は御手洗の旅…

  • たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」

    来月からキャプチャー画像を貼るのをやめようと思っています。詳細はこちらから。

    今回は麻音ちゃんのお話。麻音ちゃんって一人暮らしだったんですね。

    ぽってとお母さんが会…

  • たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想

    自分にとっての大切なこととやりたいこと
    夏休みに入り大崎下島にある実家の旅館に帰省した麻音。
    楓のおじいちゃんも同じ所に住んでおり皆で遊びに行くことに。
    そこで楓達は今…

  • たまゆら ~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」

    たまゆら~hitotose~第1巻 [Blu-ray](2011/12/21)竹達彩奈、阿澄佳奈 他商品詳細を見る

    桜田麻音のターン。口笛を吹いているのは、話ベタだからなのね。

    しかし、篠田こまちが現れて岡…

  • たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」

    夏休み、なので。
    良い家族だなぁ。

  • たまゆら 〜hitotose〜 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」

    第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」

    たまゆらは私の涙腺をどうしたいんでしょう?www

    今回の主役はまおちゃん。
    夏休みの帰省に合わせてまおちゃんの実家に遊びに来…

  • たまゆら〜hitotose〜 4話

    ここが彼女の原点。
    というわけで、

    「たまゆら〜hitotose〜」4話

    ピューと吹く!麻音の巻。

    ついに来ました、我らが口笛さん回!
    この日をどれだけ待ちわびたことか。
    いやまあ…

  • たまゆら 4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」

    「たまゆら」の第4話です。

    楓が竹島に引越ししてきて、初めて過ごす高校生の夏休み。この期間は、麻音が大崎下島にある旅館の実家に帰省するので、楓たちも遊びに行くことにな…

  • たまゆら~hitotose~ 第4話

    「潮待ち島に聞こえる音、なので」

    竹原に引っ越して初めての夏休み^^
    夏休みに麻音の実家の旅館へ行くことに! そして、楓のおじちゃんも住んでいるという島…

    麻音と…

  • たまゆら〜hitotose〜 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 レビュー・感想

    麻音の夢、見守る両親の想いは♪♪♪ー♪ 楓ちゃんが竹原に来て初めての夏休み、麻音ちゃんて一人暮らしなんですね。両親は大崎下島で『のどか亭』という旅館を経営中なのだそうで …

  • たまゆら〜hitotose〜 #4

    【潮待ち島に聞こえる音、なので】

    たまゆら〜hitotose〜第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券(抽選)付き】 [Blu-ray]出演:竹達 …

  • たまゆら〜hitotose〜 4話感想

    サブタイトル「潮待ち島に聞こえる音、なので」

    今回はみんなでお出かけです〜。瀬戸内海の島、大崎下島は御手洗へ。
    ここには麻音ちゃんの両親が経営する旅館「のどか亭」がある…

  • たまゆら~hitotose~第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」

    ご当地和み系アニメ。

  • たまゆら〜hitotose〜 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」

    麻音もいい子ですね。私も自営業の家に生まれたので、高校生のとき 「別にすることないから」 とか言って親の仕事を手伝ってましたね。
    親の苦労をそばで見ていると 「何とか…

  • 『たまゆら-hitotose-』 第4話 観ました

    季節の経過が早いですね。
    ってことでもう夏休みなので。

    黒髪ロングな口笛娘な麻音ちゃんの実家、大崎下島の御手洗にある旅館、のどか亭に遊びに行くお話。なお、今回のサブタイト…

  • たまゆら〜hitotose〜 第4話

    第4話『潮待ち島に聞こえる音、なので』たまゆら〜hitotose〜第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券(抽選)付き】 [Blu-ray]今回は …

  • ■たまゆら~hitotose~【第4話】潮待ち島に聞こえる音、なので

    たまゆら~hitotose~ #04の視聴感想です。 夏休み。 小旅行。 思い出。 夢。 家族。 自分自身のなりたいものになればいい。 ↑さぁポチッとな

  • たまゆら~hitotose~#4

    第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」
    何か色々サプライズがあった‥‥(笑)

    夏休みになって、麻音の実家のある大崎下島に遊びに行くお話。
    旅館「のどか亭」を営む麻音の両親…

  • たまゆら 〜hitotose〜 4話

    麻音の両親がすごくいいキャラ!

  • たまゆら〜hitotose〜 第四話 感想

    旅館の女将か口笛師か

    「たまゆら〜hitotose〜」第四話感想です。
    おかえりなさい(初回限定盤)(2011/10/26)坂本真綾商品詳細を見る

  • たまゆら〜hitotose〜 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」

    今回もほわほわっといい話、なので♪
    夏休みということで夏編突入です。
    春夏秋冬3話ずつやってく感じでしょうか。

    麻音ちゃんお当番回。
    前回ののりえちゃんもそうでしたが、回…

  • たまゆら〜hitotose〜 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 簡易草子

    「ちょっと待った、手伝ってはいかん!ここは旅館だ、おもてなしの心を持った人がお客さんをもてなすところだからのぅ。あの子は一生懸命お客さんをもてなそうとしている。」by楓…

  • ヒロインの座の危機(ガンダムAGEとかたまゆらとか)

    【WORKING’!! 第4話】音尾さんの奥さん登場により巻き起こる恋愛騒動の巻。小鳥遊くんに「好きな人いますから」と言われた際、伊波さんの瞳をウルッとさせたのはいい演出でした。轟 …

  • たまゆら ~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」

    沢渡楓が竹島に引っ越してきて始めての夏休み。早くも夏休みに突入したのか。この1クールで1年終わらせるのかな。岡崎のりえは山に入ったり色々したいと楽しみ。あと、香たんとず…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackback URL :