カレンダーも暦が替わって7月に入り、京都ではいよいよ本格的に祇園祭[http://www.gionmatsuri.or.jp/]の時期が到来となりました。今年のくじ取り式の結果は下記のとおりになったそうです。

◆前祭の巡行:7月17日(月曜・祝日)

1.長刀鉾
2.占出山
3.孟宗山
4.霰天神山
5.函谷鉾
6.伯牙山
7.四条傘鉾
8.芦刈山[http://www.ashikariyama.jp/]
9.月鉾[http://www.tsukihoko.or.jp/]
10.山伏山
11.油天神山
12.太子山
13.鶏鉾
14.木賊山
15.綾傘鉾[http://www.ayakasahoko.com/]
16.蟷螂山
17.菊水鉾
18.白楽天山[http://www.hakurakutenyama.jp/]
19.郭巨山[http://www.kakkyo-yama.org/]
20.保昌山
21.放下鉾
22.岩戸山[http://www.iwatoyama.jp/]
23.船鉾

◆後祭の巡行:7月24日

1.橋弁慶山[http://www.hashibenkei-yama.com/]
2.北観音山[http://www.rokkaku.sakura.ne.jp/]
3.鯉山[http://www.koiyama.com/]
4.役行者山[http://ennogyojayama.main.jp/]
5.八幡山[http://www.hachimansan.com/]
6.南観音山
7.鈴鹿山
8.浄妙山
9.黒主山[http://www.kuronushiyama.or.jp/]
10.大船鉾[http://www.ofunehoko.jp/]

見ているだけの側は気楽でいいですけど(笑)、せめて関係者の方々が無事に儀式を執り行えるよう祈願させていただきます。それと、お稚児さんに選ばれた林賢人クン、チョー頑張れ!www
(※ちなみに、柳馬場通御池下ルの京都朝日ビルにオフィスを構える川崎機械工業の林誠一郎社長のご子息だそうです)

 

祇園祭・長刀鉾稚児に林君 しめ縄切りに意欲【京都新聞 2017年6月1日】

 祇園祭前祭(さきまつり)の山鉾巡行(7月17日)で先頭を進む長刀鉾に乗る稚児と補佐役の2人の禿(かむろ)が決まり、1日、長刀鉾保存会(京都市下京区)が発表した。

 今年の稚児は、中京区の御所南小4年林賢人君(9)=航空機部品製造会社社長林誠一郎さん(45)の長男。林君は「稚児に決まって大変うれしいです。しめ縄切りを頑張りたい」と元気よく話した。

 禿は同小4年桐原真優君(9)=会社員桐原則勝さん(44)の長男=と、同小4年小嶋啓太君(9)=京都府立医科大助教小嶋健太郎さん(41)の長男。桐原君は「稚児の林君を支えたい」、小嶋君は「禿に決まってうれしい」と抱負や感想を述べた。

 3人は小学校入学時からの友達で、学校図書館で一緒に本を読むなど、仲が良いという。

 稚児や禿は「お千度の儀」(7月1日)や「社参の儀」(同13日)などを経て巡行に臨む。

20170601194259tigo450
〔※写真:長刀鉾の稚児に決まった林賢人君(中央)と禿の桐原真優君(右)、小嶋啓太君=1日午後3時20分、京都市下京区・長刀鉾保存会〕

 

稚児きりり、祭りの無事祈る 京都・祇園祭幕開け【京都新聞 2017年7月1日】

 日本三大祭りの一つ、祇園祭が1日、幕開けした。京都市東山区の八坂神社では、前祭(さきまつり)巡行(17日)で先頭を行く長刀鉾の稚児が、「お千度の儀」に臨み、祭りの無事を祈願した。

 午前9時45分、稚児の林賢人君(9)=御所南小4年=が、補佐役を務める禿(かむろ)の桐原真優君(9)=同=、小嶋啓太君(9)=同=とともに、今春修理が終わった南楼門をくぐった。おしろいに口紅をさした林君は、稚児を務めることを神前に報告。さらに朱色の傘を差し向けられながら本殿を時計回りに3周し、拝礼した。

 また、各山鉾町では「吉符入り」の神事が行われた。夜には、祇園囃子(ばやし)を練習する「二階囃子」も聞こえるようになり、祭りの風情を盛り上げる。

20170701113804osendo
〔※写真:祇園祭の無事を祈願し、境内を歩く長刀鉾の稚児と禿(1日午前10時35分、京都市東山区・八坂神社)〕

 

山一番、前祭は占出山 祇園祭・山鉾巡行のくじ取り式【京都新聞 2017年7月2日】

 祇園祭の山鉾巡行の順番を決める「くじ取り式」が2日、京都市中京区の市役所市議会議場で行われた。前祭(さきまつり)(17日)の巡行で、常に先頭を進む長刀鉾に続く「山一番」は、3年ぶりに占出(うらで)山が引き当てた。

 午前10時に始まり、33基の山鉾のうち、前祭18基、後祭(あとまつり)6基の山鉾町の代表者が、羽織はかま姿で登壇してくじを取った。「山一番」を取った占出山町内会長の旅行会社経営中口泰幸さん(68)は「プレッシャーでしたが、町内を代表してくじを取ることは人生の思い出です」と喜んだ。後祭(24日)では、「くじ取らず」の橋弁慶山と北観音山に続くのは、10年ぶりに鯉山だった。最後に残ったくじが後祭の山一番だった鯉山保存会理事の繊維会社経営畑良和さん(57)は「胸を張って町内に帰ることができます」と話した。

 くじ取り式は、巡行の先陣争いによる混乱を避けるために1500(明応9)年に始まった伝統行事。長刀鉾や函谷(かんこ)鉾、橋弁慶山など計9基は先例で順番が決まっている「くじ取らず」と呼ばれ、くじを取らない。

 今年の巡行順は次の通り。

 【前祭の巡行】=17日

 (1)長刀鉾(2)占出(うらで)山(3)孟宗山(4)霰(あられ)天神山(5)函谷(かんこ)鉾(6)伯牙山(7)四条傘鉾(8)芦刈山(9)月鉾(10)山伏山(11)油天神山(12)太子山(13)鶏鉾(14)木賊(とくさ)山(15)綾傘鉾(16)蟷螂(とうろう)山(17)菊水鉾(18)白楽天山(19)郭巨(かっきょ)山(20)保昌(ほうしょう)山(21)放下(ほうか)鉾(22)岩戸山(23)船鉾

 【後祭の巡行】=24日

 (1)橋弁慶山(2)北観音山(3)鯉山(4)役行者(えんのぎょうじゃ)山(5)八幡山(6)南観音山(7)鈴鹿山(8)浄妙山(9)黒主山(10)大船鉾

20170702230227kuji_450
〔※写真:今年の山鉾巡行の順番を決めるくじ取り式(2日午前10時14分、京都市中京区・京都市議会議場)〕

★★★全力全開でポチッと♪ブログランキング・にほんブログ村へ応援よろしくお願いします!★★★

 

☆京都通、京都が好きなら→にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ ☆音楽好きなら→にほんブログ村 クラシックブログへ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackback URL :