今回のゲストは2度目の登場となる桑谷夏子さん。年明けらしく今年の目標ということで高橋さんが話を振って、桑谷さんが言うには
“ケガと病気には気をつけよう”
なんでかいうと、桑谷さんは今年が本厄だそうで、ならばたいていは厄払いのことを考えそうなんですが、役者さんの場合は「‘やく’しゃ」と「‘やく’ばらい」と語呂がかぶってて厄払いをすることで良い‘やく’も一緒くたに祓ってしまうかも・・・ということで敢えて厄払いしない方がいいとも言われているそうなのです。

しとらすには芸能人の知人なんていませんしホントかどうか知りませんが、言われてるとすれば一種のゲン担ぎなのかもしれませんね。

ともかくそういうわけで、厄払いしない代わりに(厄払いしなかったからだと言われないためにも)今まで以上にケガと病気に気をつけよう・・・ということだそうです。

なるほどなるほど。ではでは、ぜひ芸能の神様も祭っていて有名な俳優・女優さんも多々訪れる車折神社[http://www.kurumazakijinja.or.jp/]にお参りいただければと思います(笑)が、日本には古くから芸事・芸能って神事や仏教儀式と密接な関係を持つ例もありますし、こうした類の話はけっこう多いのかもしれませんね。



さて、今年から始まったコーナー「管理局24時」。もちろん桑谷さんは初挑戦なのですが、ジャンケンで勝って後攻を選んだにもかかわらず噛みまくりでもうボロボロ(笑)。そして罰ゲームは
「私得意だよ、これ ‘高飛車なお嬢様’」
ということで、罰ゲームが罰ゲームになってないくらい絶好調で「おーっほっほっほっほ」とノリノリ。高橋さんも都築さんも笑ってるし、こちらももちろん大笑い。で、ViVidの8話を読んだ方はきっと屋根の上で出迎えの準備を自画自賛するルーテシアをそこに見たことでしょう(笑)。しとらすも「あのルーちゃんはこれだー!」と思いました。そっかー、あれは中の人に合わせたってことなんですね(え?)。

ところで、今週末からいよいよ映画が公開されますが、4期のコミック単行本も来週に発売されます。どんな特典が付くかも楽しみの1つなんですが、ViVidの方は藤真さんのブログで店舗特典として3種類の掛替えカバー紹介されました。

まず、ゲーマーズ限定で第3話で人気の高かったお風呂シーンをカラーで再現してみたという
“高町家inお風呂ver.”
Vivid001_gamers_ts2

そして、とらのあな限定では今年の干支と店名にちなんでトラのコスプレをさせた
“とらっ娘ver.”
Vivid001_gamers_tkoukokupsd2_2

※1/21追記:とらのあなの商品ページではこのようなサンプルで紹介されました↓
Sam02

あとはアニメイト限定“ちょっとだけ解除 ViVidver.”
Vivid001_animate_t

というものなんですが・・・京都にはゲーマーズとアニメイトがありはしますけど・・・え~、やっぱり2冊買えってことなんですかねぇ・・・。なんで“なの破産”と言われるのか、しとらすもちょっと実感できました(しみじみ)。コミック単行本の値段が税込588円で済んでるだけまだいいんですけどね。置き場所に困る大きさでもないですし、2冊買おうかな~とも検討中です。とらのあなは大阪なら梅田と難波にあるんですが、さすがに交通費がもったいないですし。

Forceの方も何かあるんでしょうけど、まだ緋賀さんのブログには出てませんね。こちらも何があるのか楽しみです。

いよいよ26日に発売!Amazon 楽天ブックス 7neticon e-hon
Vivid1syoei_2

こちらも30日発売です!Amazon 楽天ブックス 7neticon e-hon
Force1_cover



★★★全力全開でポチッと♪ブログランキング・にほんブログ村へ応援よろしくお願いします!★★★

 

☆京都通、京都が好きなら→にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ ☆音楽好きなら→にほんブログ村 クラシックブログへ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackback URL :