コンプエース 2017年12月号が発売されました。『魔法少女リリカルなのはViVid』最終回が掲載されているものです。表紙のデザインは4人娘+なのは&フェイト。
1710_comp_final_tss_kokuti2

そしてこの12月号には『ViVid medley』と題した、歴代のコンプエースの表紙(当時のデザインそのまま)が大集結した表紙集が別冊の特別付録として付いてくるそうです。
Vivid_ca012

さて、最終回の今話は時系列で言えば始まりの時からちょうど1年後、ヴィヴィオたちが進級して新学期を迎えた日から。
007
流れ的にはエピローグのエピローグといった印象でした。前回まででアインハルトがU-15の世界チャンプをゲットした経緯も描かれてましたので、内容としてはほとんど最終回みたいなものでしたからね。学年が上がり、ヴィヴィオが自分の将来について、いくつかある選択肢の中からどれを選んでいくのか、そして何かを選べば他の選択肢は手放さないといけなくなる・・・そんな彼女の心の葛藤に気づいたアインハルトが声をかけて、相談を受けてから
「いっそ全部選んでしまったらいいんじゃないですか?」
と複数の役割をしっかり果たしている大先輩たちを例に挙げて答えを返し、朝練で軽く手合わせを始めるところで締めでした。U-15で世界を獲りにいくと決断して実現してみせたところや今話でのヴィヴィオへのアドバイスなど、この1年で最も成長の跡を見せたのはヴィヴィオではなくアインハルトではなかったかと印象づけられましたし、その点ではこれまで読んでても嬉しくなる部分でした。

長期連載を無事に終えられた都築さんと藤真さんには本当にお疲れさまでした、とここでお礼を述べさせていただきます。

・・・
で、
・・・
なのですが、
・・・

ルーフェン編の半ばくらいで正直ダレました。なのはvsヴィヴィオ戦で最強クラスの空戦魔導師に対抗する手段がボクシングスタイルで顔を思い切り殴りつけたりする、予想をはるか斜め下に行く展開には失望どころか嫌悪感すら抱きました。ただでさえボクシングは野蛮に思えて嫌いなのに(あれはルールでいろいろとガッチガチに縛りをかけてるから辛うじて違法性を阻却されてるだけであって、やってる事自体は立派な暴行・傷害罪ですから)、女の子相手に顔面を殴りつけるとかフィクションでも見たくなかったです。なのは世界でそれをやってしまうなんて、『ViVid Strike!』でも感じたことだけど、いよいよ魔法戦のアイデアが枯渇しちゃって苦し紛れにああなっちゃったのかなぁ・・・とか。

なのはシリーズは映像展開で『Reflection』が今夏に劇場放映されて、来年には続編の『Detonation』が予定されてるんでしたっけ?あと『ViVid』終結からコンプエースでいったん間を置いて『Reflection』のコミカライズが連載されるそうですけど、どれも追いかける気はありません。ガルパンもそうだけど、同じネタで引っ張りすぎるのは後味を悪くするだけでブランドイメージ的にも良くないと思うし、ぶっちゃけもう金目当てでしかないですよね?それでも作り手のアニメーターさんたちの末端までキチンとお金が回ってくるのならまだしも、彼らの境遇は生活保護水準未満で、中国の方がよほど待遇が良いという話も目にしました。ユニオン(労働組合)作って一纏りで対抗するくらいはしないと劣化自滅は避けられないでしょうに・・・。

・・・なんか書いてるうちに脱線してしまいましたが、お別れはお別れ、なので。

 




 



★★★全力全開でポチッと♪ブログランキング・にほんブログ村へ応援よろしくお願いします!★★★

 

☆京都通、京都が好きなら→にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ ☆音楽好きなら→にほんブログ村 クラシックブログへ

 

 

1 Trackback or Pingback

  • コンプエース2017年12月号~なのはViVid最終話~

    聖羅夢です……遂にこの日がきました。
    今月号の表紙は『魔法少女リリカルなのはViVid』。最終回記念号です。みんな“色鮮やかに”輝いていますね。
    特別付録は「魔法少女リリカルな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackback URL :