アバンは予想通りに各々の変身バンクから。しとらす的にはティアナが決めポーズ一番カッコよかったと思います。尺の都合上仕方ないとはいえ、旧機動六課組がバリアジャケット纏って動く場面というのは、原作準拠なら本編では今回のが唯一・・・あ、はやてが後に出番あったっけ・・・だったので、なのフェイの変身シーンはファンサービスとして長めに時間を割いて描写してほしかったかな〜。
14311079380557003
14311079380614002
14311079380614003
14311079380614006
14311079380614007
015912
015929
14311079380614008
020000
020031

魔法有り空戦有りのバトルシーンはこれが初めてで、序盤では一番の見せ場でしたから、作画がどうなるか今後に向けてのメルクマールとして注目していたのですが、さすがに気合入れてきてましたね。TVアニメとしてはなかなかのレベルで見応えあったのではないでしょうか。物語的には教導官なのはvsアインハルトが1つのピークでキッチリ描かれてました(オーバーSのなのフェイはかなり、他の六課組もそれぞれなりにハンデつけて魔力にリミッターかけてるので、ストライク・スターズ直撃くらったアインハルトがかろうじて残れたのもそのおかげ)けど、短時間とはいえフェイトvsエリオのマッチアップもよく動かしてありましたし、その後の2on1でもアクセルシューター?の弾道が板野サーカスっぽくて空戦ならではのバトル描写の醍醐味をちょっとだけですが見せてもらいましたし、BGM込みの演出もグッドで個人的には満足のいく出来でした。1戦目の結果は次回に持ち越しですが、さてさて・・・?
14310211380667006
14310211380691001
14310211380691003
14310211380691004
14310211380734002
14310211380734004
14310211380734007
14310211380756003
14310211380756006
14310211380767001
2247440132
2247560550
14310211380767007
14310211380783004
14310211380783005
14310211380783006
14310211380783007
2248300150
2248310300
2248390752
2248410786
14310211380823004
032013
14310211380823005
14310211380823006
14310211380823007
14310211380823008
14310211380839002
14310211380923007
14310211380923008
14310211380971001
14310211380971002
・・・TVでこれだけ描けるんなら、幻?の特別編、戦技披露会なのはvsシグナムを映像化して円盤特典に入れてくれへんかなぁ〜と思ったりwww

 





★★★全力全開でポチッと♪ブログランキング・にほんブログ村へ応援よろしくお願いします!★★★

 

☆京都通、京都が好きなら→にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ ☆音楽好きなら→にほんブログ村 クラシックブログへ

 

 

3 Trackbacks / Pingbacks

  • 魔法少女リリカルなのはViVid 第6話「マッチアップ・デュエル」感想 (修正版)

    アバンからクライマックス!瞬きする間も惜しい変身ラッシュなの!!
    年少組、StrikerS組が眩しい。そしてママなのフェイW変身にViVid完売!なのは完売と言わざるをえない!!

    いきな…

  • 魔法少女リリカルなのはViVid TokyoMX(5/08)#06

    Memory;06 マッチアップ・デュエル 公式サイトから特訓合宿のメインイベントは、チームを青組赤組に分けての模擬戦!お互い、普段の練習の成果をぶつけ合う面々。スバルとノーヴェの…

  • 魔法少女リリカルなのはViVid第6話考察

    【タイトル】Memory;06「マッチアップ・デュエル」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackback URL :