• 『ボヘミアンな京都住まい』管理人より

    ボヘミアンな京都住まい~案内
  • TorGuard.net - Anonymous VPN Service - Torrent Proxy and VPN Service

Tag: Chandos

ステファヌ・ドゥネーヴ指揮/ラヴェル:管弦楽作品集、ドビュッシー:管弦楽作品集、ルーセル:交響曲集、プーランク:スターバト・マーテル

2017年5月7日
Naxos NML

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。 ここでは今が旬の中堅指揮者の1人、フランス人のステファヌ・ドゥネーヴ[http://www.stephanedeneve.com]が、 …続きを読む

ラフマニノフ:交響曲第3番・交響的舞曲、アイヴズ:管弦楽作品集、プロコフィエフ:交響曲・協奏曲集

2017年5月5日
Naxos NML

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。   ★ラフマニノフ:交響曲第3番、交響的舞曲/キタエンコ指揮ケルン・ギュルツェニヒ管【OEHMS】 セルゲイ・ラフマニノフ …続きを読む

ベルク:管弦楽作品集、ヒンデミット『画家マティス』、ドヴォルザーク『スターバト・マーテル』

2017年5月5日
Naxos NML

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。   ★ベルク:管弦楽作品集/マリオ・ヴェンツァーゴ&エーテボリ響、他【Chandos】[Hybrid SACD] アルバン・ …続きを読む

バルトーク:ルーマニア民俗舞曲、ホルスト:セントポール組曲、チャイコフスキー:フィレンツェの思い出

2016年7月7日
演奏会(non-regular)

本日は七夕。そんな夜に『La Meli Melo Ensemble vol.2』と題して、京都市交響楽団の若きコンサートマスター泉原隆志さんを中心とした弦楽アンサンブルの演奏会がありました。出演者は 泉原隆志(ヴァイオリ …続きを読む

ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲集/エンリコ・ディンド、ジャナンドレア・ノセダ&デンマーク国立響;ディミートリイ・マスレンニコフ、クリストフ・エッシェンバッハ&北ドイツ放送響

2013年11月25日
Naxos NML

今週末の京響定期は前半にショスタコーヴィチのチェロ協奏曲の2番を採り上げています。ソリストはイタリア人チェリストのエンリコ・ディンド[http://www.enricodindo.com/]。1965年3月16日のトリノ …続きを読む

シマノフスキ:スターバト・マーテル、ハルナシェ/エドワード・ガードナー&BBC交響楽団、他

2013年9月17日
Naxos NML

本日NMLに大量に登録されたディスクの中から私が個人的にピックアップするのはこれが最後です(笑)。 Chandos[http://www.chandos.net/]レーベルからリリースされた新譜の1枚なのですが、まずこれ …続きを読む

ハーティ:管弦楽作品集/ブライデン・トムソン&アルスター管弦楽団、他

2013年8月6日
Naxos NML

今日付でNMLに登録されたディスクの中に、アイルランドの作曲家ハミルトン・ハーティのピアノ協奏曲と他2曲をブライデン・トムソンとアルスター管弦楽団[http://ulsterorchestra.com/]が演奏した1枚も …続きを読む

ニールセン:交響曲全集/ブライデン・トムソン&ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管

2013年8月5日
Naxos NML

今日付でNMLに登録されたディスク。1991年に63歳で急死したスコットランド人指揮者のブライデン・トムソンが最晩年にロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団[http://www.rsno.org.uk/](以下R …続きを読む

武満徹:『波の盆』『乱』、細川俊夫:記憶の海へ、尾高惇忠:オルガンと管弦楽のための幻想曲/尾高忠明&札幌交響楽団

2013年8月4日
Naxos NML

NMLに 『夏休み特集 – 「海」を聴く』 と題したプレイリストのページができてまして、どうせドビュッシーの『海』の聴き比べだろうとタカを括って見てみたところ、大勢の作曲家による“海”を題材にした作品が並べら …続きを読む

フィビヒ:交響曲全集/ネーメ・ヤルヴィ&デトロイト交響楽団

2013年7月26日
Naxos NML

今日付でNMLに登録されたChandos[http://www.chandos.net/]レーベルの旧譜。フィビヒというチェコの作曲家は初めて目にしたのですが、スメタナやドヴォルザークより若く、ヤナーチェクと同世代のよう …続きを読む

スクリャービン:『法悦の詩』、『神聖な詩』、他/ネーメ・ヤルヴィ&シカゴ響、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管、デンマーク国立放送響

2013年7月25日
Naxos NML

今日付でNMLの「今週の一枚」として紹介されたディスクです。今年4月に永眠されたシカゴ交響楽団の元首席トランペット奏者アドルフ・ハーセスさんは今日7月25日がお誕生日なのだそうで、第2次大戦後間もない頃から半世紀以上にわ …続きを読む

ホルスト:雲の使者、イエスの讃歌/リチャード・ヒコックス&ロンドン響、他

2013年7月2日
Naxos NML

今日付でNMLにまとめて登録されたChandos[http://www.chandos.net/]レーベルの8000〜9000番台のディスクの中の1つです。ホルストの作品なのですが、初めて見たタイトルの合唱曲でしたので、 …続きを読む

ブリス:色彩交響曲、『チェックメイト』組曲/ヴァーノン・ハンドリー&アルスター管

2013年6月27日
Naxos NML

NMLには1週間ほど前からChandos[http://www.chandos.net/]レーベルの8000番台の古い録音のディスクが連日まとまって登録されているのですが(見たところどれも廃盤くさい)、これは題名のユニー …続きを読む

リヒャルト・シュトラウス:バレエ『ヨゼフ伝説』、他/ネーメ・ヤルヴィ&ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管

2013年6月17日
Naxos NML

今日付でNMLに登録された中でChandos[http://www.chandos.net/]レーベルからもう1枚。ネーメ・ヤルヴィとロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団[http://www.rsno.org. …続きを読む

カゼッラ:狂詩曲「イタリア」、交響曲第3番、他/ジャナンドレア・ノセダ&BBCフィル

2013年6月17日
Naxos NML

NMLで月半ばという今の時期は大手・中堅どころのレーベルの新譜がドサッとまとめて登録されるのですが、今月はザッと見た感じでも個人的にいろいろ注目してみたいディスクが多いですね。どれを採り上げようか迷いますが、まずはCha …続きを読む

シャブリエ:管弦楽作品集/ネーメ・ヤルヴィ&スイス・ロマンド管

2013年6月13日
Naxos NML

今日付でNMLの「今週の一枚」として挙げられたディスクです。2012-13シーズンからスイス・ロマンド管弦楽団[http://www.osr.ch/]の音楽監督に就任しているネーメ・ヤルヴィとこのオケとのコンビでは、これ …続きを読む

ハチャトゥリアン:ピアノ協奏曲、組曲『仮面舞踏会』、バレエ『ガイーヌ』(抜粋)/ネーメ・ヤルヴィ&ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管、コンスタンティン・オルベリアン(ピアノ)

2013年3月19日
Naxos NML

いよいよ次の日曜日に迫ってきた京響の第566回定期ですが、今回は広上さんの指揮でハチャトゥリアンの『仮面舞踏会』にコルンゴルトのヴァイオリン・コンチェルトとプロコフィエフの7番シンフォニーというプログラム。録音も予定され …続きを読む

ウォルトン:交響曲第1番、他/コリン・デイヴィス&ロンドン響、他;アレクサンダー・ギブソン&ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管、他

2013年2月14日
Naxos NML

今度の京響定期ではメインがウォルトンの1番シンフォニーですが、NMLで探せばいくつか出てくるだろうと思ってたら、コリン・デイヴィスとロンドン響のライヴ盤がしっかり入ってましたので早速聴いてみましたが、この指揮者はセッショ …続きを読む

ストラヴィンスキー作品集/アレクサンダー・ギブソン、ネーメ・ヤルヴィ&ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管;サイモン・ラトル&ナッシュ・アンサンブル

2013年2月12日
Naxos NML

この2枚組CD、強いて言うなら珍しいもの特集?(笑)というか、ストラヴィンスキーの作品の中でも演奏機会の少ないものを掻き集めたようなセットです。今週末の京響定期で「管楽器のための交響曲(1920年版)」がプログラムの1曲 …続きを読む

イギリスのギター協奏曲集/クレイグ・オグデン(ギター)、リチャード・ヒコックス&ノーザン・シンフォニア

2013年2月12日
Naxos NML

今週末の京響定期はストラヴィンスキーにショスタコーヴィチにウォルトンと京響の良さをそれぞれに堪能できる楽しみなプログラムなのですが、ちょっとした予習がてらにとNMLでいろいろと検索かけていた時に偶然目に止まったディスクで …続きを読む

命と息吹き〜クラウセン合唱作品集/チャールズ・ブルフィー&カンザス・シティ・コーラル [※第55回グラミー賞受賞作品・その2]

2013年2月11日
Naxos NML

この度の第55回グラミー賞[http://www.grammy.com/]でのクラシック音楽系部門の中には、マイケル・ティルソン・トーマスとサンフランシスコ響によるジョン・アダムズのハルモニーレーレがベスト・オーケストラ …続きを読む

ロンドン響による2つのヴェルレク・・・ヴェルディ:レクイエム/リチャード・ヒコックス&ロンドン響、他;コリン・デイヴィス&ロンドン響、他

2013年2月8日
Naxos NML

今年はワーグナーとヴェルディ2人のオペラ作曲家の生誕200年というメモリアルイヤーですけど、NMLに今日付で「今週の一枚」として登録されたのがヒコックス盤のヴェルレク。録音自体はもう十数年も前のものですが、ロッシーニの『 …続きを読む

スッペ:序曲・行進曲集/ネーメ・ヤルヴィ&ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管(+スッペ:序曲集/スウィトナー&シュターツカペレ・ドレスデン)

2013年1月17日
Naxos NML

NMLの「今週の一枚」でネーメ・ヤルヴィとロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団[http://www.rsno.org.uk/](以下RSNOと略します)のコンビによる新譜が紹介されてましたので、早速聴いてみまし …続きを読む

ディーリアス:組曲「フロリダ」、北国のスケッチ、他/ハンドリー&アルスター管、ロンドン・フィル

2012年10月27日
Naxos NML

エルダーとハレ管のコンビで聴いた『北国のスケッチ』の中の1曲が気に入ったので、4曲全部を収録したディスクはないかとNMLのリストを探して見つけたのがChandosからリリースされていたCD。さすがイギリスを代表するレーベ …続きを読む

第16回 京都の秋 音楽祭 開会記念コンサート (広上淳一&京都市交響楽団)

2012年9月16日
演奏会(non-regular)

ターゲットがターゲットだからか初心者向けの名曲コンサート的なプログラムになることの多い「京都の秋 音楽祭 開会記念コンサート」ですが、今年は広上さんの指揮で『惑星』が聴けるとあってチケット発売開始から間もない頃に急いでチ …続きを読む

ヴェンゲーロフとロストロポーヴィチとLSO、モルトコヴィチとヤルヴィとRSNO、それぞれのショスタコーヴィチ

2012年9月6日
Naxos NML

明日の京響定期の予習用ディスク、その2。7月からNMLにワーナーミュージック系列のレーベルが参加していますけど、おかげでこうしてヴェンゲーロフによるショスタコーヴィチの2つのヴァイオリン・コンチェルトの録音を聴くことがで …続きを読む

ドビュッシー:ピアノ作品全集/ジャン=エフラム・バヴゼ(ピアノ)

2012年6月11日
Naxos NML

昨日の京響定期で客演してくださったフランス人ピアニストのジャン=エフラム・バヴゼさん、アンコールでドビュッシーの曲を弾いていましたが、せっかくChandos[http://www.chandos.net/]にドビュッシー …続きを読む

京都市交響楽団 第558回定期演奏会(指揮:アンドリス・ポーガ)

2012年6月10日
定期演奏会

広上回でも大野回でもないのに、今日の定期は前売り段階でチケット完売御礼が出ました。無名の若手指揮者での完売御礼は単純には嬉しい悲鳴ですけれど、日曜マチネにメインがブラ1だからというのがおそらくは要因なのでしょうか?しとら …続きを読む

カゼッラ:管弦楽のための協奏曲、深夜にて、『蛇女』より交響的断章/ノセダ&BBCフィル

2012年5月16日
Naxos NML

今日付けでNMLに登録されたディスクの中に、ちょっと面白そうなのを見かけましたので。レスピーギより4歳年下というほとんど同年代のイタリアの作曲家、アルフレード・カゼッラ。ノセダ&BBCフィルでは先にカゼッラの交響曲第2番 …続きを読む

ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番(シェーンベルク編)、ヘンデルの主題による変奏とフーガ(ラッブラ編)/ネーメ・ヤルヴィ&ロンドン響

2012年3月19日
Naxos NML

次の日曜に迫った京響定期は、バルトークのオケコンにシェーンベルク編のブラームスという組み合わせでのプログラムです。ということで、予習用にとNMLで同曲の録音をちょっと漁って聴いてみることにしました。次に、後半で演奏される …続きを読む

ラモー:クラヴサン曲集 1〜2/ソフィー・イェーツ(チェンバロ)

2012年3月17日
Naxos NML

女性チェンバロ奏者のソフィー・イェーツ[http://www.sophieyates.co.uk/]を採り上げたついでに、ヘンデルだけでなくラモーの録音にも少し触れておきましょう。   ★ラモー:クラヴサン曲集 …続きを読む

ヘンデル:ハープシコード作品集 1〜3/ソフィー・イェーツ(チェンバロ)

2012年3月17日
Naxos NML

先週 「ちょいちょいBGM替りに愛聴しているわりに今まで採り上げてなかった・・・という事実に最近気づいたので(をいこら)。」 という記事を書きましたが、忘れてたのは他にもありまして(苦笑)。 そんな中の1つがソフィー・イ …続きを読む

ラッブラ:交響曲全集/ヒコックス&BBCウェールズ・ナショナル管

2012年3月5日
Naxos NML

以前紹介したオルウィンの交響曲全集とほぼ同時期に、ヒコックス繋がりで聴きはじめたものです。オルウィンとほぼ同時代を生きた(オルウィンが1905年11月7日-1985年9月11日、ラッブラは1901年5月23日-1986年 …続きを読む

オルウィン:交響曲全集、弦楽のためのシンフォニエッタ/ヒコックス&ロンドン響

2012年3月3日
Naxos NML

以前にロッシーニの『スターバト・マーテル』に触れた際にリチャード・ヒコックスの演奏を採り上げましたが、それ以来この英国人指揮者に興味を持ち、幸いChandos[http://www.chandos.net/]の録音を残さ …続きを読む

ロッシーニさんってば閏年の生まれだったのね・・・Googleのホリデーロゴがロッシーニ生誕220周年と閏年を記念したものに

2012年2月29日
Naxos NML

日付変わって2月29日になって、このロゴ↓見るまでは私も知りませんでした。 そんなわけでNMLに何かないかと探してみましたが、グラモフォンやデッカあたりと比べるとやっぱり層が薄いなぁ・・・(苦笑)。例えば序曲集でもグラモ …続きを読む

弦楽のためのイギリス音楽/ジョージ・ハースト&ボーンマス・シンフォニエッタ

2009年5月2日
Naxos NML

★弦楽のためのイギリス音楽(ホルスト『セント・ポール組曲』、エルガー『弦楽セレナード』、他)  /ジョージ・ハースト&ボーンマス・シンフォニエッタ【Chandos】 《収録曲》 ・G.ホルスト セント・ポール組曲 Op2 …続きを読む