J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲/鈴木秀美

今日は神戸松蔭女子学院大学のチャペルで行われた鈴木秀美[http://www.hidemisuzuki.com/]さんのリサイタルを聴きに行きました。曲はバッハの無伴奏チェロ組曲から1・4・6番でした。この松蔭女学院チャペルではバッハ・コレギウム・ジャパンが定期演奏会を行う場所でもありますね。

J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲[全曲]/鈴木秀美(バロック・チェロ)
Abdad0920ea0c5f40adce110l

以前にバッハ・コレギウム・ジャパンの演奏会を聴いて古楽器に開眼して以来というもの、バッハの演奏はモダン楽器よりも落ち着いた木の暖かみをしっとりと味わうことのできる古楽器の方を好んでいるのですが(例外はヒラリー・ハーンのヴァイオリン)、この日の演奏も奥深い心の余裕を感じる懐の深さ(テンポが遅いというわけでは決してなく、バロック・チェロの演奏って頻繁にチューニングして楽器を両膝に挟んでエッチャラホッチャラと弓を動かして、パッと見大変そうに見えるにも拘らず、というニュアンスで)だけでなく、ライナー・ノーツで鈴木さん御自身が書かれているように

プレリュードの後に続くのはすべて舞曲

というこの組曲の構造をしっかりと認識させる、ある種の軽やかさを同時に感じさせてくれてとても素晴らしいものでした。特に6番はリズム感が心地よく楽しんで聴けました。

このCDは今春リリースされたHybrid SACD盤で、彼自身2度目の録音です。サインをもらって「とても素晴らしい演奏をありがとうございました」とお礼を述べたところ、「またお越しください」と握手で丁寧に返していただきました。SACDで聴ける方はぜひ聴いていただき、古楽器で演奏するバッハの醍醐味を味わっていただければと思います。



ヴィセンテ・アミーゴ/音の瞬間

フラメンコ界で期待のギタリストの1人、ヴィセンテ・アミーゴ[http://www.vicente-amigo.com/]

今日は左京区北白川(京大のキャンパスから少し北)の京都造形芸術大学のキャンパス内にある京都芸術劇場・春秋座でライヴがあり、ライヴ終了後にサイン会でサインをもらうために購入したものです。まだ国内盤は出てませんし私が買ったCDは輸入盤です。

ヴィセンテ・アミーゴ『音の瞬間(Un Momento en el Sonido)』
419m18svtkl_ss500_

ステージは黒一色、しかもホール内の非常灯まで消してしまうこだわりで、最初の曲は全くの真っ暗闇の中からヴィセンテのギターの音だけがスーッと浮かび上がってくる仕掛け。やがてその音は大火傷しそうなほどの熱さを帯びて、他のメンバー全員がステージに上がってからは総勢7人が最後までアクセル全開!!しかも皆技巧の優れた方ばかりで、熱くたぎった音楽的エネルギーがすべて、コインの表裏と化したパッションとノスタルジーにまで純化して表現されていて、ただただ凄いの一言でした。

演奏はアンコールを除いて新譜から全曲。さほど広くないホールでしたので、せめてヴィセンテのソロはPA無しで聴きたかったです。なんでクラシック以外のジャンルでは不必要にPA使うのかな・・・。

ロビーで購入した新譜に終了後ヴィセンテからサインをもらい握手までしていただきました。

もっとも、先にライヴであれほどの熱い演奏を聴いてしまったので、この名演奏の数々が詰まったCDですら温いBGMに思えてしまうほどですが・・・(苦笑)。やっぱり音楽は生に如くは無し、ということなんですね。