TOPPA! FINAL STAGE on スカパー・京都チャンネル「茂山狂言アワー」

心・技・体、教育的古典狂言推進準備研修錬磨の会「TOPPA!」(全部言うたら舌噛みそ)というのは狂言の茂山千五郎家[http://www.soja.gr.jp/]の若手で作ったグループで、毎年夏に東京と京都を中心に公演をしていたのですが、今年で最後にするいうことで、茂山千三郎さんが披く『狸腹鼓(たぬきのはらつづみ)』をメインにしてました。

今年6月に行われたものをなぜ今頃話題にするのかというと、私が観た京都公演2日目のがCSスカパーの京都チャンネルで今晩放送されたのを改めて観たからです。京都チャンネルでは毎週水曜19時から「茂山狂言アワー」という番組があるのですが、9月にも昨日の分が再放送されるのでぜひ視ていただければと思います。

さて『狸腹鼓』は狂言の中で『釣狐』『花子』と並んで格別に時間が長く(1時間程)修業が非常に大変なものだそうですが、私は今回の千三郎さんが演じたもので初めて観ることになりました。大まかなストーリーは、狸取りを得意とする猟師のところに女狸が尼に化けて現れて殺生をやめるよう意見して、猟師は一度は騙されるものの狸と知って弓矢で狙いをつけるが、尼が命乞いをするので猟師は腹鼓を打つところを見せれば助けようと答え、狸は早変わりで正体を現し腹鼓を打って猟師とともに興ずる、というもの。茂山家に伝わる台本は江戸末期にあの井伊直弼が手を加えたものだそうです。シテの狸役が千三郎さんでアドの猟師役が茂山千五郎さんでした。

曲の構造が『釣狐』と似ていて人間と動物の生死を賭けた緊張感のある心理戦といった趣きがベースなのですが、大きく異なるのは猟師が狸に芸をするよう持ちかけるところからで、ここからほのぼのとした雰囲気に変わります。千三郎さんがこれ見よがしに何かを強調するという演じ方をしなかったこともあって、こちらも全体の筋の流れが掴みやすく自然にこの“劇”の中に入り込むことができてよかったです。以前観た茂山千之丞さんの『花子』が典型ですが、ホントに巧い人が演じるこういった狂言の大曲はどこかしらモーツァルトのオペラを連想させてくれます。よくよく考えたら笑うに笑えない人間模様めいた何かをさらっとした笑いのオブラートに包んで見せてしまう、というところで。

TVならではで舞台裏も紹介されてあったのですが、終わった直後の消耗しきって酸素吸ってる千三郎さんに衝撃を受けました。狸の着ぐるみで長時間舞台上で演じるわけですから体力の消耗は当然ですが、観る側には少しもそれを感じさせてませんでしたから。

京都市交響楽団 第479回定期演奏会

2005年8月27日@京都コンサートホール

◆D.ショスタコーヴィチ
 /ジャズ・オーケストラのための第1組曲
◆R.シュトラウス 4つの最後の歌 AV.150
(休憩)
◆S.プロコフィエフ 組曲「道化師」Op.21bis

指揮:広上淳一
ソプラノ:菅 英三子

 指揮は広上淳一さん。去年の8月にも京響の定期を指揮されて、ショスタコーヴィチ2曲とチャイコフスキーだったんですが、3曲ともとてもよい演奏でしたので、今回も期待して出かけたんですが・・・さて開演、1度指揮台に立った広上さんがスタスタ戻って・・・手にスコアを持って登場>をいをいスタッフ、準備忘れかい。

 彼の指揮は相変わらずタコ踊りのような・・・もとい、しなやかで表現豊かな指揮姿(爆)・・・懐かしい!ショスタコーヴィチの若い頃の作品らしいのですが、コテコテのビッグバンドというよりも少しさらりとした感じ。カフェで流しても違和感なさそうな曲ですが、こういう曲も書けるあたりはさすがやなぁ・・・。指揮も演奏もホントに楽しそうで(京響にしては珍しい)、こちらもリラックスして聴けました。

 2曲目の「4つの最後の歌」。私にとってはこれが1番のお楽しみだったんですが、声とオケのバランスが悪くて歌がさっぱり聴こえてこなかったのと、各楽器の音色に統一感があまり無くて纏まった1つの響きとはならず、残念な印象でした。いつもならオケをきちっと統率して曲に合った響きを仕上げてくるのですが・・・。

 そしてメイン・・・すみません、やっぱり私はプロコフィエフとはいいお友達にはなれそうにないです・・・(早い話、ようわからん)。ただ、最後の「終幕の踊り」は圧巻でした。エンディングに向けてアンサンブルが一糸乱れずガッガッと加速していった迫力が凄かったです。このあたりさすがです>広上さん

田平天主堂

五山送り火に間に合うよう京都に帰るだけならもっと余裕のある日程を組めたのですが、どうしても鉄川与助さんの建てた教会を1つでも見ておきたくて、ちょっと無茶に遠回りなルートにして寄り道し、佐世保から松浦鉄道に乗って「たびら平戸口」駅で降りて、そこからタクシーで田平天主堂まで向かいました。

道路地図では『瀬戸山天主堂』になってるのもあって、タクシーの運転手さんも「瀬戸山の教会ですね?」というリアクションでしたが、地元の方はどう呼んでいるのでしょう?

着いたのは昼前の11時頃でミサは終わってるかな~とか思ってたら誰も見あたらへんし。一日に5・6本しかないバスですぐに駅まで戻らないといけなくて、ゆっくり見ることはできなかったのですが、赤レンガの美しい建物をとりあえず一周しました。船積みのレンガを海岸から信者さんたちが苦労して運びあげたり、レンガの漆喰に貝殻を焼いたものを使ったり・・・いろんな苦難のエピソードがあるようです。眺めだけなら美しい所で平戸瀬戸と平戸島がきれいに見渡せる場所なんですけど・・・次はもうちょっと計画的に来ないといけませんね(苦笑)。

ケータイ画像で申し訳ありませんが↓
Photo_13
Photo_14
Photo_15
Photo_16

九州旅行・九州ツアー

外海の黒崎天主堂と出津天主堂

実家に帰省中、妹に無理を言って車で連れて行ってもらいました。場所は、現在は長崎市に併合された外海地方にある、黒崎天主堂と出津(しづ)天主堂です。私もですが、一緒に行った母も妹も全く初めて行く場所でした。

このあたりは遠藤周作の『沈黙』の舞台にもなった場所ですので、ご存知の方も多いのではと思います。私は『イエスの生涯』と『キリストの誕生』を以前読んで大いに感銘を受けたのですが、元来が小説を苦手としている人間なので恥ずかしながら『沈黙』は未読です。

この日は黒崎天主堂→遠藤周作文学館→出津天主堂という経路で行きました。
(長崎の教会に関しては『長崎の教会』というサイトを参考にさせていただきました。あと、長崎を中心に教会建築を数多く手懸けられた鉄川与助氏の御親族の方のHPもあって、いつも興味深く拝見させていただいています。よかったらどうぞ。)

まずは黒崎天主堂から↓
Photo
Continue reading “外海の黒崎天主堂と出津天主堂”