京都市交響楽団 第493回定期演奏会

2006年10月7日(土)18時開演
@京都コンサートホール(大ホール)

◆F.メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲ホ短調 Op.64
(休憩)
◆G.マーラー 交響曲第1番ニ長調

指揮:大友直人
ヴァイオリン:オーギュスタン・デュメイ
コンサートマスター:グレブ・ニキティン

 今日は・・・というか今日も(苦笑)どうにも不安定な天気で、西日が差し込んでるから大丈夫だろうと思って自転車で出発したら、ものの数分でにわか雨が降りだす始末で、仕方無しにバス・地下鉄乗り継ぎで北山の京都コンサートホールまで。あぁ、またムダな交通費が・・・(トホホ)。
 同じ京都でも街中はあまり降ってなくて、嵯峨野や北山周辺のように山に近いところで雨が降ったり止んだり、これもキョウト・ウェザーなんですけどね。紅葉で京都に観光で来られる方は天気予報はアテにしないで折りたたみ傘は必ず持ってきた方がいいですよ(もしくは現地調達でダイソーとかで安いのを買うか)。

 さて、今日のソリストのデュメイさんは初めて聴きます(録音も未聴)。彼のネームバリューのおかげか客席も結構埋まってましたし。
 そしてステージに登場のソリスト・・・かなり背が高い(笑)。オシムジャパンのDFかポスト系FWに欲しいくらい(それは違うやろ>自分)。ですが、奏でる音はとても美しく(特に高音と弱音のところが絶品)、明るめの繊細な響きですし、弾きながら時々指揮者やコンマスに近づいたりバックのオケの方を向いたり、オケと対話してるような積極的にオケをリードするような、そんな感じです。第1楽章の、下手をするとおセンチに流れそうな旋律でも、そういった安っぽい感情に溺れることは一切ないのですが、その代わりテンポ・強弱・音色・表情のつけ方などを少しずつですが頻繁に変化させたり、終楽章ではなんかちょっとした瞬間芸を次々に繰り出しているような弾きっぷりで、たぶん両隣に観客がいなかったら私の顔がついついニヤケていたかも(笑)。とてもすばらしい演奏に聴衆からもオケからもデュメイさんに盛んに暖かい拍手が送られていました。
 あんな面白く聴けたメンコンというのも初めてでした(最も特に好きな曲というわけではないのでCD買ってまで頻繁には聴いてないのですが)。でもどうせコンチェルトで聴くのなら、違う選曲の方がよかったかもしれませんね。機会があったらソロ・リサイタルで聴いてみたいと思いました。

 休憩後はマーラーの1番。さすがにステージ上には人がたくさん(笑)。マーラーに関してはお隣にスペシャリストがいますし(大フィルの大植さんね)、私の経験では5番でしか比較できませんけど、それでも大友さんの方が大植さんよりもずっと淡白な感じで、ややもすると‘ツッコミ不足’とも言われかねないところがあるように思うのですが、こと1番に関してマーラー独特の暗い翳が漂いどこか分裂しているようなイメージが(少なくとも私には)それほど感じられず、颯爽と若々しい印象があるので、同じマーラーでも他のに比べると大友さんに合ってるのかもしれません。
 演奏の方はもう少し完成度を高められそうにも思いましたが、弦・管ともオケがよく鳴ってましたし、ソロもよかったし、生でマーラーを聴く醍醐味を充分味わうことのできた良い演奏だったと思います。視覚効果も含めてマーラーはやっぱり生演奏で聴くのがいいよね、と改めて再確認した夜でした。

 来月には京響の国内ツアー(東京・大阪・札幌・新潟・福山・福岡・佐世保)があり、そこでもメインでマーラーの1番をやりますが、
「わてマーラーにはめっちゃうるさいねん」
という「超」が付くほどのこだわりを持つマーラー狂(笑)でない限りは、充分楽しめる演奏会になるのではと思います。あと、新潟・福山・福岡・佐世保では、前半で狂言とオケのコラボレーションが見られますので、別の意味でも面白いものが見られると思います。もちろん、“京都”ですから(笑)同行する狂言方は、ばぶさんと正邦さん(京都の大蔵流茂山千五郎家、茂山千三郎さんと茂山正邦さん)です。ご存知のように京響は京都市直営のオケで、客の入りが悪いと京都市民としても困るので(爆)、ツアーで訪れる都市の音楽好き・狂言好きの方々、なにとぞご来場のほど宜しくお願いいたします。
 m(_ _)m