FOMCが金利据置き、長期債買い入れの用意あると表明

日本時間で昨夜遅くのFOMC。

すでに下げるほどの金利もなくて声明に何を盛り込むか?でしたが、株式市場の反応を見るかぎり、一応好感されたようですね。

また、日付が変わって・・・というかFOMC発表から実質45分後(笑)のニュージーランドはというと、予想以上に一気に1.5%の利下げ。

また、ボラードRBNZ総裁は声明で追加利下げも示唆したようです。

RBNZ(ニュージーランド準備銀行)声明
NZの輸出セクターの見通しは悪化した
世界的なリセッションがNZ経済を減速させている
貿易相手国の状況は非常に弱い
今後の如何なる追加利下げも、小幅なものとなろう
市場の追加利下げの期待、正しいかもしれない
2009年上半期のNZ経済はリセッションだろう
NZの金融機関は利下げを顧客に転嫁させるべき
通貨安が経済を手助けするだろう
NZには金利を動かす余地まだ多大にある

どこも大変ですね・・・。
来週は豪・英・欧。さてさて・・・?
Continue reading “FOMCが金利据置き、長期債買い入れの用意あると表明”

アジアカップ最終予選:バーレーン 1-0 日本

TV中継なくてよかったですね>協会
放映権料に無駄金使わずにすんでさ(もちろん嫌味)

アジアカップ最終予選:グループA
バーレーン 1-0 日本

Jリーグがプレシーズンのこの時期、欧州でプレーする選手を除けばコンディションに難があるのは仕方ないですが、それにしても・・・チビッ子2トップにいつまで固執するんでしょう?これだけで攻め手が限定されるのはミエミエでしょうに。

昨秋のカタール戦でうまくいったからって、相手も馬鹿じゃないのだし、読まれて当然のワンパターンな上に今回は俊輔もヤットもいない(まさかチビッ子2トップだから勝ったなんて分析してないよな?)。

来月のvs豪州戦がとても不安です。

ホームで叩いておけば後々有利になる状況なのに、大して実りもしなさそうな攻撃パターンに固執しているようでは先が・・・。豪州が何の対策も施さないとは考えないのでしょうか?

豪州に勝ちたいなら特別にヤナギ貸してあげてもいいんだけどなー(棒

捏造報道は自己批判のつもり?・・・ガンダム00 2nd 第16話「悲劇への序章」

アバンでのハーキュリー大佐の演説はガンダムお約束というか。

でも00では最初にイオリア・シュヘンベルクも録画放映という形でやってたので2度目ということになりますね。

ハーキュリー大佐のも落ち着いた口調でしたが内容的には悪くない。
残念ながら理想や思惑のようにはいきそうにないですが・・・。

メメントモリ2号機?を用意していたことや、セルゲイ大佐を密使に行かせるよう仕向けたことなどから、おそらくリボンズ(とごく一部)はこのクーデターを利用して反連邦組織や内部の不穏分子を一掃して自らの独裁体制の基盤固めをしていると思わせるような話の流れ。

なんかキム司令まで・・・。
Continue reading “捏造報道は自己批判のつもり?・・・ガンダム00 2nd 第16話「悲劇への序章」”

ネコバスならぬ‘バスに乗ってお出かけする’猫

ふとしたことから、こんな記事↓を見かけました

バスに乗って魚屋に行く猫
【エキサイトニュース:RocketNews24 2009年1月21日】

Rocketnews24_3753
なんと、バスに乗ってとなり町へ出かける猫がいるという。海外ニュースサイト『NTI』によると、飼い主はおらず、たった一匹でバスに乗り、そして降りるのだ。もちろん無賃乗車だが、満席でなければ座席に座って短い旅を楽しむのだという。

このことについてバスの運転手は、「猫がヒョイと乗ってくるので飼い主がいると思っていたが、何度か乗ってくるようになり、飼い主がいないことがわかった。マカビティは自分の意思で乗り降りしているんです」と語る。そう、この猫は名物となり、マカビティという名前までつけられたのだ。

このマカビティが乗ってくるバスは、イギリスはロンドンを走る、331番のバス。チャーチル通り付近で目撃されることが多いという。話によると、マカビティは住宅街で乗り、となり町の食料店が多い地域で降りるという。魚屋も多いことから、そのあたりでエサを食べているのではないかといわれている。

日本にも駅長になった猫がいるが、人間が作った移動技術を猫が活用する時代が来るとは、なんともオドロキである(撮影:NTI)。

犬ならなんとなく想像できちゃうのですが、猫でか・・・

猫もなかなかやるなぁ~と思った反面、自分の縄張りにはロクな食いもんがないのか・・・と変に同情したり(苦笑)。

無賃乗車もなにも野良猫ではお金を取りようがないし、人間の赤ちゃんよりも小さいから余程のことがなければ邪険に扱う必要もないし、なんとも微笑ましいエピソード。
Continue reading “ネコバスならぬ‘バスに乗ってお出かけする’猫”