W杯9日目:オランダが決勝トーナメント進出一番乗り、カメルーンはグループリーグ敗退第1号

グループEの再弱決定戦はしとらすの予想を覆してカメルーンに(苦笑)。てっきり岡田ジャパンの1弱だと思ってましたが、カメルーンのショボさが予想外でした。

オランダ 1-0 日本

よく1点で済んだというところかもしれませんが、やっぱりスナイデルには決められるのか(苦笑)。それとオランダはロッベンが出てませんでしたね。温存?

本大会に入ってよくやってるとは思いますが、松井の交代が俊輔というのがなんともまぁ・・・正直まるで意味が無い。南アに来てからの布陣を想定して選んだメンバーではないだけに、交代のオプションがほとんどないのが苦しいところですが、別の言い方をすれば監督の行き当たりバッタリがよく表れているいうか・・・(苦笑)。

ガーナ 1-1 オーストラリア

豪州は2試合続けて退場者・・・お気の毒様としか言いようがないですね。それでもよく引き分けで終えたものだとは思いますが。

カメルーン 1-2 デンマーク

エトーのゴールで先制した時は、これでカメルーンが勢いに乗るかと思いましたが・・・。ともかくこれで最終戦(デンマークvs日本)が消化試合でなくガチンコになりますね。金曜日を寝不足で迎える人がどれだけ出ることやらw

祇園祭の話題・・・長刀鉾稚児「結納の儀」、久世駒形稚児が決定

祇園祭に関するニュースがあったので紹介しておきます。

1つは長刀鉾の稚児にまつわる儀式、もう1つは神幸祭と還幸祭で馬に乗って神輿を先導する久世駒形稚児が決まって発表された、というものです。

街では夜にお囃子の音も聴こえてきますし、改めて祭が近いことを感じますね。

Continue reading “祇園祭の話題・・・長刀鉾稚児「結納の儀」、久世駒形稚児が決定”

W杯8日目:レフェリーが試合を打ち壊し

ドイツvsセルビアの主審は誰かと思ったらウンディアーノ・マジェンコって・・・ググればいろいろ出てきますが、リーガ・エスパニョーラでも何かと物議を醸している審判です。なんでこんな人がW杯の舞台で笛を吹いているんだろう?ある意味スペインからの刺客ですかね?(苦笑)

ドイツ 0-1 セルビア

ポドルスキってPKの前にも惜しいシュートを外したりしてたんですよね。なんとなく嫌な予感がしてたら、やっぱり外したし(苦笑)。

それにしてもビディッチはなんであんなところで手を出したんでしょうね?PK入れられたら戦犯扱いになるところでしたでしょうから、ポドルスキに晩飯奢るくらいはしてもいいんじゃないw

スロベニア 2-2 アメリカ

スロベニアはそれなりに守備がしっかりしているという印象を持っていたので、2点先制したにもかかわらず追いつかれたのにはちょっとビックリしました。逆に言えば2点のビハインドを追いついたアメリカの最後まで諦めないスピリットはさすがというところなんでしょうけど。

それと、後半40分の取り消されたゴールは何のファールを取ったんでしょうね?何度もリプレイが流れてましたけど、オフサイドでもなさそうでしたし、あれはちゃんと説明されないと納得いかないでしょう。試合直後のインタビューで判定への質問を冷静に受け流していたドノバンはさすがでしたけど。

イングランド 0-0 アルジェリア

イングランドはやっぱりGK替えてきたのか・・・。テクニックに優れたアルジェリアの攻撃を凌ぎはしたものの、得点もなかなか奪えませんねぇ~。せっかくウィリアム王子とヘンリー王子がスタンドで観戦してたのに、ドローで終わってしまったイングランド。スロベニアも楽な相手じゃないし、大丈夫ですかねぇ・・・?

W杯7日目:イグアインが韓国相手にハットトリック

これでメッシにゴールが生まれれば・・・というところなんでしょうけど、なかなか上手いこといきまへんなぁ(苦笑)。

アルゼンチン 4-1 韓国

朴智星を筆頭に中盤から前は何人かタレントがいても、守備陣はアジアレベル(苦笑)なのが露呈してしまった試合かと。それをある程度戦術で補えればいいんでしょうけど、できないところが許丁茂監督の限界なのでしょうか。

ギリシャ 2-1 ナイジェリア

今大会のナイジェリア、ショボ過ぎ。GKのエニェアマだけじゃない、“スーパーイーグルス”の名に相応しいのは。

フランス 0-2 メキシコ

プレーオフでアイルランドに勝ち上がってほしかったとつくづく思う今日この頃・・・黄昏てるように精彩を欠いた表情でベンチに座っている姿がカメラに抜かれたアンリと、途中から出てきてPKもキッチリ決めたブランコ、2人のベテランの姿がとても好対照で、それぞれのチームの雰囲気を如実に物語っているように思えました。