死闘を制して日本が2大会ぶり4度目のアジア制覇・・・アジアカップ決勝:豪州 0-1 日本

選手とスタッフに対して
「おめでとう!」

「ありがとう!」
以外に言葉が浮かびません・・・(涙)。



アジアカップ カタール2011 決勝

豪州 0ー1 日本

このボレーシュートは何度見ても惚れ惚れするねぇ~。
Scr11013002340010p1
Scr11013002340010p2

これでもかというくらいに不利な状況に直面する中、決勝まで来れただけでも大したものだという印象でしたが、やはりその代償は小さくなかったのか、香川が準決勝直後に離脱しただけでなく、この試合でも全般的に選手たちの動きが鈍かったですね。思った以上にしっかり繋いできていた豪州の中盤に焦れったさを感じ、キューウェルのシュートに何度となく肝を冷やされましたが、それでも無失点に抑えたのは今大会を通じて徳俵への足のかけ方でも会得したからでしょうか?(苦笑)

ロクな準備もさせてもらえず、それでも頭と体をフル回転してできることを精一杯やってきたからこそ、勝利の女神が最後まで微笑み続けてくれたのでしょう。ただ結果が出たというだけではなく、チーム・ザックの頭脳にW杯出場選手たちの経験が上手く化学反応を起こし、日本代表が日に日に成長していく様を目の当たりにできたことが、何より喜ばしかったです。

心理マネジメントの巧みさと日替わりヒーローの出現・・・決して運だけではない必然の結果。優勝が決まった瞬間ピッチに入っていくザックに選手たちが代わる代わる駆け寄って抱きついていく姿がとても印象的でした。

修正すべき反省点も多々残ってますが、流れの中から獲ったゴールの多さが端的に表しているように、方向性は合っていると思われます。歴代最多の4度目となるアジアカップ優勝という結果が嬉しいだけではなく、コパ・アメリカやコンフェデ杯・W杯予選までにザック・ジャパンがどこまで進化するのか期待に胸を膨らませることができるという点でも、意味付けられる大会だったのではないでしょうか。

優勝に浮かれることなくJFAには強化のサポートをしっかりやってもらいたいものですが、同時にミラノやマドリードやロンドンあたりから来そうな魔の手にもしっかり注意を払ってほしいものですね。

オーストラリア戦後 ザッケローニ監督会見
オーストラリア戦後 選手コメント



IS〈インフィニット・ストラトス〉 第2話「クラス代表決定戦!」

う~ん、ちょっとだけ不満あり・・・かな?

一夏vsセシリアをモニターで見てる時、山田先生が何気なく「さすがご姉弟ですね」と言ったのに千冬姉ェが過剰反応してしまい、山田先生にツッコミ入れられてヘッドロックでお返しする件が原作にはあるのですが、アニメではバッサリとカットされてました。千冬姉ェが実はかなりのブラコンじゃないかと思わせる1シーンだったので、できればカットしてほしくなかったかなぁ・・・と。

ファンネルビットをセシリアが操るのをうまく描ければバトルシーンもいっそう引き立ちそうですよね。スタッフさんは大変でしょうけど頑張ってほしいです。人物の方はモブキャラにいたるまで皆かわいらしく描けてるのは好感が持てますし。

セシリアのCVゆかなさんはいいですね。ちょっとタレ目になってるからでしょうか?ツンツンしてる時もあまり棘が感じられなくて可愛らしく見えてしまいます。口紅もいいアクセントになっていますね。そのセシリア、次回からはデレが入ってくるのかしら?ゆかなさんがどんな演技を見せるのか楽しみです。TBS組からは凄い反響のようでしたしね。
20110127_1
20110127_2
20110127_3

814ldsfz4l_aa1500_



川島が「男」を上げた!PK戦までもつれた死闘を制して決勝の舞台へ!!

何度となく絶好のチャンスを潰した時、延長後半のもうあと少しいうところで守備のミスから同点に追いつかれた時、さすがに勝利の女神も逃げていくだろうと覚悟したものでしたが、手を離れかけてもまた手繰り寄せて連れ戻す、そのメンタルの逞しさに痺れた試合でした。

いやぁ~、カタールの試合会場にいる勝利の女神って、地元のアラブ系じゃなくて実はリオ・ロリンズだったりして(笑)。

それにしても、2本立て続けに止めた川島のプレイは圧巻でした。ウナギ上りに男を上げた感のある川島にしても、本田や他の3人も、(ピッチ上にいたかベンチにいたかの違いはあれど)皆パラグアイ戦で悔しい思いを共有した面子ばかり。早速経験が生きたいうことでもあるし、これで少しは溜飲が下がったかしら?


アジアカップ カタール2011:準決勝

日本 2ー2[PK3ー0] 韓国

Scr11012610390084p10
Scr11012610390084p14

試合前日の会見で「やっとフットボールができる」と長谷部が語っていたらしいですが、結局はサウジの主審による低レベルなジャッジに随分と振り回されてしまいました(苦笑)。それでも、試合の流れが自分たちにあった時間帯で好機をものにできなかったことはもちろん、それ以上に試合終了間際で同点に追いつかれた一連の守備の流れは猛反省すべき点でしょうね。

ただ、W杯経験者を中心としたチームワークとメンタルの強さが試合を経る度に増してきているのは、見ていて本当に頼もしくなります。そして試合後に本田が
「監督は僕に自信を与えてくれるので。毎回自信を持って試合に挑めるのは、僕にとって力になっています。」
と語っているように、ザック(+コーチ陣)と選手たちの信頼関係がはっきりと目に見えるように高まっているのも、これまでのザックのチーム作りが上手くいっている証左に思えて好感が持てます。

決勝の相手はウズベクに大勝した豪州。とても手強い相手ですが、せっかくここまで来たら優勝しないと意味がないと思いますので、もうひと踏ん張りしていただきたいと思います。

そういえば、ウズベクが負けたので決勝の主審はイルマトフさんになるのかな?レフェリーに関してだけはあまり心配せずにすむかしら・・・。


GOSICK -ゴシック- 第3話「野兎達は朝陽の下で約束をかわす」

第1話からの事件は今回で解決、同時に事件の背景事情も語られました。

100年前と今とでは人権感覚が異なるとはいえ、ジュリィ(赤いドレスの女性)とリィ(占い師ロクサーヌのメイド)の復讐劇を、いったい誰が責めようか!?・・・いう印象でしたね。彼女たちには刑事罰が科せられても、孤児たちの命を物扱いして占いの道具にした連中はどうなのか・・・?

どうにも血の出るシーンは苦手なのですが、事件自体は史実の欠片をうまく絡めて展開されているように感じられて、謎解き共々面白く見させてもらいました。シリアスな展開の裏で時折見られる、直情的で融通の利かなそうな一弥と大人的な部分と子供的な部分の混ざり具合がアンバランスなヴィクトリカとの、ちぐはぐな漫才チックの掛け合いがいい清涼剤になってるみたいですかね。

それと、最後の方ではヴィクトリカのことについても少し触れられてましたね。性格の大きく異なる2人が(ある意味貴族らしくなのか)理不尽な行動をとることがあっても、どこか憎めない部分を垣間見せてるのは、さすが兄妹といったところでしょうか。あとヴィクトリカの一弥への接し方も意外に甘え上手な側面を(ごくたまにだけど)見せていて、そこが可愛らしくもあります。

退屈すると死んでしまうwらしいヴィクトリカが安楽椅子探偵として活躍するこのアニメは2クールのようですね。次はどんなミステリーが出てくるのか楽しみです。