リスト:巡礼の年/ニコラ・アンゲリッシュ(ピアノ)

今年が生誕200周年というメモリアル・イヤーということで、年初のウィーン・フィルのニューイヤーでも採りあげられるほど何かと演奏機会の多かったリストですが、正直私はあまり好んで聴いてる作曲家ではありません(苦笑)。そんなしとらすがわりによく聴いている数少ないリストのCDがこれ。

 

リスト:巡礼の年(全曲)/ニコラ・アンゲリッシュ【Mirare】

フランツ・リスト
・巡礼の年 第1年「スイス」 S.160
・巡礼の年 第2年「イタリア」 S.161
・巡礼の年 第2年補遺「ヴェネツィアとナポリ」 S.162
・巡礼の年 第3年 S.163

ピアノ:ニコラ・アンゲリッシュ

51ay94v1d5l_ss400_

 

リストの『巡礼の年』は「イタリア」を生で聴いたことがあって、それで気に入った曲なのですが、このCDは当時ピアニストの名前を全然知らずに、Mimareが出す新譜というのでこのレーベルの目利きを信用して購入したものです。結果的には大当たりでホッとしたものです(笑)。

ニコラ・アンゲリッシュ、1970年生まれのフランスのピアニスト。時折来日もしてるそうですが私は聴いたことがありません(このCD買うまで名前知らなかったくらいなので)。リストの曲って私にはどうにも必要以上に大仰に聴こえる印象で、食指が伸びないのもそれが理由なのですが、このアンゲリッシュの演奏は繊細で美しい音色に加え技巧と造形に優れているのはもちろん、スコアが表現せんとする風景と印象の描写に徹しているようなところがあるのが素晴らしいところだと思います。

特に秀逸なのが「イタリア」でしょうか。私自身が好きな曲だからということもあるのですが、己をひけらかすところが全く無い、それでいて深みのある演奏なので、何度聴いても飽きることがありません。

ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノフェスティバル(南フランスはプロヴァンス地方のフロラン城庭園という場所の野外ステージで毎年開催されてるそう)にアンゲリッシュが出演して『巡礼の年』を弾いている映像があります。日付らしい表記からすると今年の夏でしょうか?野外コンサートなので音響云々は期待できませんが、どんなピアニストがどんな演奏をするのか、それを知るには充分すぎる映像だと思います。下記のページで見ることができます(ただし全部フランス語なのであしからず)ので、これを見て購入検討の材料にしてもいいのではないでしょうか。
ARTE Live Web:Les années de pélerinage de Liszt par Nicholas Angelich
http://liveweb.arte.tv/fr/video/Les_annees_de_pelerinage_Liszt_Nicholas_Angelich/

それでは、みなさま、よいお年を。

Mimare[http://www.mirare.fr/]はラ・フォル・ジュルネ音楽祭のアーティスティック・ディレクターであるルネ・マルタンが主宰するフランスのレーベルです。私はフランスのクラヴサン奏者であるピエール・アンタイが録音したゴルトベルク変奏曲やスカルラッティのソナタ集で名前を知ったので、古楽系が多い印象だったのですが、調べてみたらそんなことなかったですね(笑)。あ、でも起用している音楽家はフランス人っぽい名前の人が多いかしら?でも録音良し、実力派揃い良しで信頼できるレーベルだと思います。

P.S. YouTube探したらブラームスの2番コンチェルトのプロモーションビデオもありました。英語ですけどアンゲリッシュだけでなくパーヴォ・ヤルヴィのインタビューもあります。

 



かとうかなこ『Bon appétit!』

先程の記事で『異国迷路のクロワーゼ』を評価する際にギタリストの笹子重治[http://www.sasa-g.com/]さんの名前を出しましたけど、それでふと思い出したアルバムがありましたので、ここでご紹介を。

・・・といっても笹子さん個人やショーロ・クラブ名義のではなく、彼がギタリストとして参加したというだけで採り上げるのですが(すんまへん)。

 

かとうかなこ『Bon appétit!』icon

01. On va sortir en Renault4!! (ルノーで出かけよう!!)
02. Hold up au musette (ミュゼットにお手上げ)
03. La quiche lorraine (ロレーヌ地方のキッシュ)
04. La valse a J.R (J.Rに捧げるワルツ)
05. Shopping valse (ショッピングワルツ)
06. Montparnasse (モンパルナス)
07. AH!! Le petit vin blanc!! (白ワインに乾杯!)
08. Douce joie (甘い喜び)
09. Mirabelle (ミラベル)
10. La valse de plage (渚のワルツ)

アコーディオン:かとうかなこ
ギター:笹子重治
ヴァイオリン、マンドーラ:大森ヒデノリ
パーカッション:田中良太

F4bd3478icon

 

かとうかなこ[http://www.katokanako.com/]さんは大阪出身のアコーディオン奏者で関西をベースに活躍されてるミュージシャンですが、『Bon appétit!』icon(ボナペチ)はフランスメーカー車のルノー・キャトルと
フランスの音楽であるミュゼットのコンセプトアルバムということで企画され、2006年の5月にリリースされたものです。たしか三条寺町のJEUJIAで試聴して一発で気に入った記憶があります。ミュゼットの楽しさ・心地好さを余すところなく伝えていて、別にルノー車でなくとも(笑)日本メーカーの車でドライブしてても、このアルバムをBGMにすることで快適な気分で車を走らせることができるのではと思います。

ちなみに、笹子さんはかとうさんの2ndアルバム『ひだまり』と4thアルバム『NAMIDA ou namida』iconにも参加されています。どうもインディーズ・レーベルから出されているようで、店頭では見かけにくいかも・・・?YouTubeにライヴシーンがいくつか上がってますので、それで気に入った方はぜひご購入いただければと思います。
41bvwf9j2wl_ss500_

 



「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?14」に参加させていただきます

毎度毎度遅くなってすみません m(_ _)m >ピッコロさん

・・・というわけで(え?)、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんから有難くもお誘いを受けましたので、今回も参加させていただきました。


日常

・ストーリー:2
・キャラクター性:3
・画:5・・・さすがは京アニ
・演出:3
・音楽:4
・総合的な評価:3・・・単純に楽しく見れた回もあったけど、無理してアニメ化しなくてもよかったんじゃあ・・・と思わされたことが多々あったのも事実。柳の下に二匹目のドジョウはいなかった、と。

ロウきゅーぶ!

・ストーリー:4
・キャラクター性:5・・・慧心女バス部5人と七夕さんサイコー!(笑)
・画:3・・・project No.9の担当回はよかったけど、Studio Blancの担当回は後半で特に酷かったですね。バスケシーンの作画が大変なのは理解できますが、片方は頑張って片方は拙い仕事を見せてるのでは話にならないでしょう。仮に2期あるとしてもStudio Blancには外れてほしい。
・演出:3・・・ロリを狙いすぎたのがちょっと鼻についたきらいがあったのは残念。原作はスポ根部分だって面白いのに、アニメではバランスが少し偏りすぎて作品の魅力を削いでいたようにも見えました(たかみ裕紀さんのコミカライズはその辺りうまくやってるのにね)。
・音楽:4
・総合的な評価:4・・・原作が完結してないうちから言うのも何ですが、年末の大会が終わる時期まではアニメでも描いてほしいです。やっぱりバスケしてる時の5人が一番魅力的なので。ただ、バスケのプレイを描くなら作画のレベルは上げてほしい。

異国迷路のクロワーゼ

・ストーリー:3
・キャラクター性:2・・・クロードを筆頭にキャラが暗すぎるのが音楽や絵の雰囲気と合ってなくて、違和感が・・・。
・画:4・・・背景の街並みが印象的でした。
・演出:3
・音楽:5・・・コーコーヤって笹子重治さん(ショーロクラブのギタリスト)が中心になってるバンドですし、そりゃあ良いに決まってますって。
・総合的な評価:4・・・OP曲やコーコーヤのBGMの雰囲気からして、そのうちメインキャラが明るく前向きになるのかと思ってたら、結局そうなる前に終わってしまった感がありました。でも原作自体がこれからってところで中断してるっぽいから仕方ないんですかね。出来自体は良いと思うのですが、キャラの陰の部分がどうにも目につきすぎて、繰り返し見る気にはなれませんでした。

ゆるゆり

・ストーリー:5
・キャラクター性:5
・画:5・・・動画工房さんGJ!!
・演出:4・・・ちょっと制作スタッフが \アッカリーン/ で悪乗りしすぎたのでは?(苦笑)
・音楽:5
・総合的な評価:5・・・まずは2期決定おめ!!タイバニもシュタゲも見なかった自分にとっては『ゆるゆり』が今期ベスト。オリジナルが4巻あたりから原作力が一層増してくるので、2期でもその良さを活かして作ってくれるよう願ってます。

猫神やおよろず

・ストーリー:2・・・原作が完結してないのでスサノオ関連をバッサリ削ったのはいい判断だと思いますが、ツクヨミを登場させるのが遅すぎたように思うし、そのおかげで焦点がボヤけた気がしました。
・キャラクター性:3
・画:3
・演出:2
・音楽:3
・総合的な評価:2・・・『GA』の櫻井監督だったので楽しみにしてたのですが、ちょっと期待はずれ。悪くはなかったと思うのですが。

R-15

・ストーリー:1
・キャラクター性:1
・画:3・・・元の藤真さんの絵をうまくアニメに合わせていたとは思うし、女性キャラの絵もそれぞれに皆かわいらしかった。それくらいしか評価する点がない。
・演出:1
・音楽:1
・総合的な評価:1・・・原作のキャラデザが藤真さんじゃなかったら見てなかった。本屋でチラ見した原作も酷かったが、安易にエロで釣ろうとしたアニメもそれに輪をかけて酷かった。

ダンタリアンの書架

・ストーリー:2
・キャラクター性:2
・画:3
・演出:2・・・ダリアンの錠前を開けるシーンはもっとどうにかできなかったのか・・・。
・音楽:3
・総合的な評価:2・・・原作が中途半端に完結してるのでは、浦畑さんや砂山さんの脚本でも如何ともし難いか。シリーズ構成がお粗末だった『GOSICK』とは真逆のケースですね。

 

ベストキャラクター賞:赤座あかり@ゆるゆり・・・ここで報いてあげなきゃ、彼女はいつ報われるのさ?(爆)

ベストOP賞:『世界は踊るよ、君と。』@異国迷路のクロワーゼ・・・「ゆるゆり」や「ロウきゅーぶ!」のでもよかったんですけど、私の音楽の好みに近い方で。

ベストED賞:『Zzz』@日常・・・かわいらしくて癒される雰囲気の良い曲なのに、どうして2クール目で替えるなんてことしたんでしょうね?もったいない。

ベスト声優賞・男性:梶裕貴さん(長谷川昴@ロウきゅーぶ!)・・・だってここですばるんにしておかないと、もっかんの視線が突き刺さってくる気がしたので(え?)

ベスト声優賞・女性:日笠陽子さん(永塚紗季@ロウきゅーぶ!)・・・三上枝織さんと随分迷ったのですが、日笠さんが小学生の役をここまでこなすとは正直思ってなかったし、アニメ本編じゃないけどキャラソンのCDに収録されてたドラマでは彼女のプロ魂を存分に味わうことができましたので。みかしーゴメンナサイ(苦笑)。


 






アニメイトオンラインショップ

NMLで聴けるSACD盤マーラー・ツィクルス(下)/ゲルギエフ&ロンドン響 [Hybrid SACD]

MTTとSFSOのコンビ以外にもNMLで聴くことのできるハイブリッドSACD盤のマーラー・ツィクルスは、今年に完成したばかりのゲルギエフとロンドン響のコンビによるものがあります。こちらもリリース元はロンドン交響楽団の自主制作レーベルであるLSO Live”[http://lso.co.uk/page/801/LSO-Live]となっています。このレーベル、ゲルギエフとのマーラー以外にもハイティンクの指揮でベートーヴェンとブラームスを、サー・コリン・デイヴィスとはエルガーやシベリウスにベルリオーズと、なかなかに強力なツィクルスをラインナップに持っていて、しかもどれもが手軽な値段で買えるのでとても羨ましいかぎりです。唯一残念なのがホールの響きくらいかな、と(バービカンホールって音響がそれほど・・・って感じですね)。

で、ゲルギエフとのマーラーなんですが、もっと脂ギットリしててネチッコイのを想像してたんですが、全然違いましたね。総じてテンポはわりと速め(大抵の場合2枚組になるのを1枚で収められるほどだったり)なのと、野性味が突出するのでなしに知性とのバランスが上手い具合にとれてる印象でした。まだザックリと一通りしただけなので、感想はこの程度にて・・・。

 

★グスタフ・マーラー 交響曲全集【LSO Live】 [Hybrid SACD]
指揮:ヴァレリー・ゲルギエフ
管弦楽:ロンドン交響楽団
録音時期:2007年11月〜2011年3月(ライヴ)
録音場所:ロンドン:バービカンホール、セント・ポール大聖堂(8番のみ)

[※注:下の画像をクリックすると、それぞれAmazonの商品ページにリンクします]

http://ml.naxos.jp/album/LSO0663
交響曲第1番 ニ長調
Lso0663

http://ml.naxos.jp/album/LSO0666
交響曲第2番 ハ短調、交響曲第10番〜アダージョ
 〔S エレーナ・モシュク、Ms ズラータ・ブルィチェワ、cho ロンドン交響合唱団〕
Lso0666

http://ml.naxos.jp/album/LSO0660
交響曲第3番 ニ短調
 〔A アンナ・ラーション、cho ティフィン少年合唱団&ロンドン交響女声合唱団〕
Lso0660

http://ml.naxos.jp/album/LSO0662
交響曲第4番 ト長調 〔S ローラ・クレイクム〕
Lso0662

http://ml.naxos.jp/album/LSO0664
交響曲第5番 嬰ハ短調
61mmxfdqlyl

http://ml.naxos.jp/album/LSO0661
交響曲第6番 イ短調
Lso0661

http://ml.naxos.jp/album/LSO0665
交響曲第7番 ホ短調
Lso0665

http://ml.naxos.jp/album/LSO0669
交響曲第8番 変ホ長調
 〔S ヴィクトリア・ヤストレボーヴァ、アイリッシュ・タイナン、リュドミラ・トゥディーノワ
 Ms リリ・パーシキヴィ、ズラータ・ブルィチェワ
 T セルゲイ・セミシクル、Br アレクセイ・マルコフ、B エフゲニー・ニキティン
 cho エルサム・カレッジ合唱団、ワシントン・コラール・アーツ・ソサエティ、ロンドン交響合唱団〕
Lso0669

http://ml.naxos.jp/album/LSO0668
交響曲第9番 ニ長調
Lso0668