京都市交響楽団 第563回定期演奏会(指揮:高関 健)

今夜は時間に少し遅れてしまったので、入場したのはプレトークで高関さんが河村さんについての紹介をしているあたりから。そのあとで後半のラヴェルの解説になって、「高雅で感傷的なワルツ」で7つ目のワルツの後に終わったと勘違いして拍手する人が必ずいるので(高関さんの過去何度かの体験でエラーの拍手なく無事に終えられたのがたった1回しかなかったとか)、気をつけてくださいね、と重々念を押してお願いされてたのですが、結果は・・・あ〜あ・・・(苦笑)。1階席の中央前目付近のオッさんだったと思うけど・・・誰やねん?!(怒)

そういえばラヴェルの解説の際に、最後に珍しい楽器を紹介しますと言ってチェレスタとジュ・ドゥ・タンブル(グロッケンシュピール)を実際に弾いて下さったのは良かったですね。ああして単体で聴き比べてみると音色が違うのがわかりやすかったです。本番ではオケの大音量に埋もれることが多いですからねぇ・・・。

 

京都市交響楽団 第563回定期演奏会
2012年11月30日(金)19時開演@京都コンサートホール

◆J.ブラームス ピアノ協奏曲第1番ニ短調 Op.15
 (ピアノ・ソロ・アンコール)
 ◇C.ドビュッシー ベルガマスク組曲〜月の光
(休憩)
◆M.ラヴェル 高雅で感傷的なワルツ
◆M.ラヴェル バレエ「ラ・ヴァルス」
◆M.ラヴェル バレエ「ダフニスとクロエ」第2組曲

指揮:高関 健
ピアノ:河村尚子
コンサートマスター:泉原隆志

 

今回は弦の配置が左から第1ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、第2ヴァイオリンで左最後方にコントラバスとやや変則的な対抗配置でした。前半のブラームスもですが後半のラヴェルで中央ではどのように聴こえたのか興味深いところです(私の席はステージ真横なので、こういう時は恩恵に与れないという・・・)。

河村さんはCDにもなっている3年前の527回以来の登場。前回はラフマニノフでしたが、今回はブラームスの1番。とても丁寧で美しく力強さにも欠けるところのないピアノだったと思います。アンコールのドビュッシーは無理してやらなくてもよかったように個人的には思いましたが、アレ客席がワガママで要求しすぎですよね?(苦笑)

オーケストラに関しては前半も後半も及第点の出来。高関さんの計算しつくしたような緻密な音楽作りはよくわかったのですが、前半のブラームスの若書き作品でも後半のラヴェルでも良い方向に作用したかというと、どうかなぁ・・・???・・・いう印象。ブラームスのpコンは私自身が好きじゃないので脇に置くとしても、ラヴェルに関してはもう少し音色にまで気を配ってくれればというか、無味乾燥でモノトーンな感じに聴こえました。ダフニスでの清水さんのフルートのソロが唯一の潤いだったかな、と。あとは真面目にタクトを振りすぎて小節毎に旋律がブツ切りされてるようになってしまってたのも残念だったというか、フランス音楽が得意でない日本人指揮者の悪い点が出てしまってたように思いました。プレトークの際にタングルウッドでバーンスタインから『ラ・ヴァルス』をみっちり仕込まれて今日はその通りにやると仰ってましたけど、教えたのがバーンスタインじゃぁしょーがねーかとは思いますが(苦笑)。ラヴェルは私の大好きな作曲家なのでどうしても厳しい視点になるのはご勘弁くださいね、と。

・・・ついでに言うなら、『ダフニスとクロエ』はやはり全曲版で聴いてみたいですよねぇ・・・(とほほ)。

ところで、一昨日の練習中に広上さんが様子を見に来ていたそうです。突然の訪問に高関さんもびっくりしたとツイートされてましたが、広上さんもこういうところマメだなぁ〜(笑)。

 


 

ラヴェルのオーケストラ作品は、やはりアンドレ・クリュイタンス&パリ音楽院管弦楽団の右に出る演奏はないと思います。色彩感の豊かさもさることながら、精緻であることと同時に内に秘められた狂気というかデモーニッシュな部分も余すところなく表現されている素晴らしい演奏ですね。1960年代のステレオ初期の古い録音ですが、未だ色褪せないところもさすがです。

ボレロ、ラ・ヴァルス、スペイン狂詩曲、他(輸入盤2CD)
41pxp2f9bxl_sl500_

『ダフニスとクロエ』全曲
618brj6b1l

 



中二病でも恋がしたい! Episode 9「混沌の・・・初恋煩(カオス・ハート)」

勇太のベットの下から神出鬼没なのと妙に恥ずかしがり屋なところはさすが姉妹ですかね?(笑)
13541163380944001
1354119264532

恋愛に免疫のない六花に森夏がお節介をやくというか熱心にアシストする展開はちょっと意外でした(影で彼女が残念がる表情がまた面白かったですしw)が、紆余曲折あって最後はこうなりました、っと。でもここで締めというのもどうなんでしょう・・・?なんかまだゴタゴタが控えてるという予感しかしないのですが・・・(苦笑)。
13541174950111001
13541174950351003
13541174950439001
13541174950521004
13541174950587002
13541174950761003
13541174950803001
1354118030829
13541174950950001

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

嘉田由紀子・滋賀県知事が新党「日本未来の党」結成を表明、「国民の生活が第一」と「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」が合流へ

「日本未来の党」
のニュース、またどっかの誤報かと思って何度も確認したくらい私にとっては意外な印象でしたけど、自公民+維新による戦前の大政翼賛会のような(大多数の国民に不自由な隷属と貧困を強いる)右傾化の流れには歯止めをかける必要があり、かと言ってその対極となるグループがバラバラでマスゴミも意図的に存在すら隠している現状には大いに危機感を持っていたところでしたので、ようやく“オリーブの木”のようにまとまってくれたかとホッとしています。

賛同人とかいろいろ見た感じではかなり前から水面下で準備を進めていたようで、イザとなってからの電光石火の動きには小沢さんらしく見事だなと感心させられました。政策要項を見ても「国民の生活が第一」がこれまで煮詰めてきたものが反映されてますし、この新党(+北海道の新党大地)に1人でも多くの有権者が票を投じてくれることを願うばかりです。

〔※元はPDFでネットに流れてたのを画像化しました↓クリックで拡大できます〕
1
2
3

 

滋賀知事、「日本未来の党」結成表明=生活、脱原発が合流へ
【Yahoo!ニュース:時事通信 2012年11月27日】
Stt12112718060008p2

 滋賀県の嘉田由紀子知事は27日午後、大津市内で記者会見し、12月16日投開票の衆院選に向け、新党「日本未来の党」結成を表明した。嘉田氏は「卒原発」「脱増税」など六つの結集軸を掲げ、賛同する勢力と連携する方針を明らかにした。これに対し、国民の生活が第一は解党して合流する方針を決定。「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(略称・脱原発)も合流を決めた。
 既成政党とは一線を画す「第三極」陣営では、共闘を目指す日本維新の会とみんなの党にきしみが生じる一方、嘉田氏を中心に脱原発を旗印とした勢力の結集が急速に進展。「みどりの風」も合流を検討しており、衆院選の構図に大きな影響を与える可能性もある。
 会見で嘉田氏は「国民の信頼を取り戻し、希望を持てる未来への選択肢となる新しい政治軸を立てる」と訴えた。新党の代表には嘉田氏が、代表代行には橋下徹大阪市長(日本維新の会代表代行)のエネルギー政策でのブレーン的な存在だった飯田哲也大阪市特別顧問が就く。嘉田氏は知事を続投し、自らは衆院選には出馬しない。 
 一方、生活は27日、小沢一郎代表も出席して党本部で常任幹事会を開き、嘉田氏の示した「卒原発」などの結集軸について協議。「政策面では全く一緒だ」(幹部)として未来への合流を決めた。
 また、「脱原発」の山田正彦共同代表は生活本部で小沢氏と会談、脱原発も未来に合流することを伝えた。小沢氏はこの後、記者団に「『脱原発』も未来の呼び掛けに応じる」と語り、山田氏は「合流して一緒に頑張ろうということになった」と述べた。
 社民党に離党届を出した阿部知子前衆院議員も神奈川県藤沢市で記者会見し、未来への参加を表明した。