D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第13話「ダ・カーポ」

今回のサブタイの「ダ・カーポ」、大真面目な話をすると da capo (D.C.) はイタリア語由来の演奏記号で、この記号の箇所から曲の冒頭へと戻る指示を意味しますけど、それは置いといて・・・ルル姉アタック久しぶりに見た(笑)。サービスカットも以前みたいにソコソコありましたしね。
13646687710260003
13646687710317003
13646687710317004
13646687710350001

「俺は・・・いつまでもこのままで」
ヘタレ男が5人の美少女に囲まれて迫られても今期の他アニメのように修羅場にならなかったのは清隆の日頃の行いか人格の出来とか・・・なのか?(爆)・・・というか、5人揃ってウェディングドレス姿のアイキャッチはハーレムルートってことかい?!
13646687710704002
13646695480191007
13646695480269001
13646695480390001

それはさておき、指定の時刻に枯れない桜の場所に6人で向かい、彼らの前に現れたのは数年ほど成長した“芳乃さくら”。自分達は別の所でも会っていることと“桜が咲いたら約束のあの場所で”と約束して最後に別れたこと、魔法で手のひらに饅頭を出して見せたことを清隆やルル姉たち5人が驚き、立夏だけは既に見透かした様子。そして
「さて、それでは聞いていただきましょうか。
1人の少女と1本の桜、1つの約束と、ささやかな願い、
そして、何十年・何百年経っても変わらない、大切な想い。
幾度季節をめぐっても、やがて必ず春は訪れて、新しい桜の香りを運んでくる
・・・そんな、まるでダ・カーポのように繰り返す、夢のような夢の、はじまりの物語を。」
とさくらが語ったところでED曲へ。ここまでがいわゆる『初音島編』ということでしょうか。昔話をはじめようとするところで寸止めされて、肝心の・・・は無粋ですかね?(笑) 場面替わってCパートは今までとまるで違う、10話Cパートの回想シーンで描かれていた場所で、桜の枝を持っていた金髪ショートカットの女の子に清隆・立夏と瓜二つのカップルが話しかけるところで引き。ここからがいわゆる『風見鶏編』になるのかしら?この幕引きですとセカンドシーズンはほぼ確定ですかね。何時になるかわかりませんが気長に待つとしますか(ついでに作画レベルもうちょいどうにかしてくれるといいかなぁ・苦笑)。
13646695480438002
13646695480438003
13646695480611001
1364671448298
1364671470061
13646695480858001
13646695480858003
13646695480858005

 





アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

リトルバスターズ! 第25話「最後のひとり」

ついに野球の試合をすることになったリトルバスターズ。恭介が対戦チームを集ってくれたはいいが、自分達は1人足りないまま。それでも彼は意に介さず
「心配しなくていい。最後の1人は時間の問題さ。」
とあっさり言う。一方で弓道の名門に生まれ才にも恵まれながら病気で右目を失明した古式みゆきが武道仲間としての謙吾に悩みを打ち明けるも彼女が望んだ答えはもらえなかった上に周囲からは彼が悪役のような誤解を印象づける状況を招き、自責と絶望のあまり屋上から飛び降り自殺を図ったところを謙吾が助けに入り、彼女は無事だったものの剣道の大会を控えていた彼は左腕を骨折した上に部活動謹慎処分を喰らってしまう。落ち込みは晴れないものの謙吾を巻き込んだ申し訳なさから謝罪するみゆきに対して、彼は
「生き甲斐は他にも見つかるはずだと。もし1つのことに絶望してもな、やれる事は必ず見つかる」
と言葉だけでなく右腕だけの片手打ちをピッチャーの鈴に挑んで最後はヘトヘトになりながらもホームランをかっ飛ばすことで彼女に勇気と希望を与えたという流れ。
13646645410761005
13646645410785003
1364666132432
13646645410964001
13646651790174002
13646651790379002
13646651790437003
13646651790488001
13646651790623001
13646651790670004
13646651790926001
13646651790926002
13646651790926006
13646637200534001
13646637200534002
ホームラン打つ時の演出がワザとかってくらい昭和の昔みたいだったのとか笹瀬川佐々美が見たら何と思うだろうかとか・・・etc.諸々(笑)はひとまず置いといて、結局そのままなし崩し的に謙吾も野球の試合に参加することになってメンバー不足の問題は解決しましたが、予測不可能なはずのことを恭介が予測していたように思えたことに理樹は心の引っ掛かりを感じるも、彼の思考が中断されただけでなく恭介から試合のキャプテンとリトルバスターズ次期リーダー指名を一方的に宣告されて彼が驚愕するカットで今回は引き。次でいよいよ最終回ですね・・・たぶん“1期”の(笑)。

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

桜の花見@蹴上インクライン、岡崎・琵琶湖疏水(2013年3月30日)

先程の続き。哲学の道に行った後は蹴上インクラインの方に行ってみました。
P3300031
P3300032
P3300033

南禅寺の近く、清流亭付近でしょうか。
P3300035
P3300037
P3300038
P3300040
P3300041

慶流橋から疎水沿いに西の方へ↓
P3300045
P3300046
P3300049

夷川発電所の付近まで来ました↓
P3300051
P3300053

 

%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.011977,135.784710+()&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.011977%%135.784710%%15

 


桜の花見@哲学の道(2013年3月30日)

今日は予報通り天気に恵まれましたので、早朝に自転車で洛東の方まで出かけてきました。

まずは哲学の道から↓7分咲き?週明けには満開になりそう。それでも例年より1週間は早い感触ですね。
P3300001
P3300003
P3300004
P3300006
P3300008
P3300010
P3300012
P3300014
P3300017
P3300019
P3300020
P3300021
P3300026

 

哲学の道%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.022556,135.795117+(%E5%93%B2%E5%AD%A6%E3%81%AE%E9%81%93)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.022556%%135.795117%%15