大瀧詠一さんの訃報

思えば私が音楽にのめり込むキッカケになったのが大滝さんの『A LONG VACATION』でした。生まれて初めて乗った飛行機での機内放送で聴いたのがはじまりだったのですが、1曲目の「君は天然色」で文字通りハートをズキューンと射抜かれてしまいまして、自宅に戻ってからLP(30年以上も前なんでレコードですよ、レコード)買って・・・生まれて初めて買った音楽アルバムがこれでしたねぇ・・・、折を見てプロフィールを調べつつ過去の作品だったり“はっぴいえんど”当時にリリースしたものだったりをFMでチェックしたりしましたよ。中学上がる時にちょうど『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』がリリースされたんですが、佐野元春さんと共に参加されてた杉真理さんがパーソナリティを務めていたFM番組で収録曲が流れてたのを聴いたりもしましたっけ。

私の音楽ライフの原点だったんですよ、大滝詠一『A LONG VACATION』がすべてのはじまり。

今はすっかりクラシックの比重が大きくなってますけど、このアルバムに接することがなかったら、そもそも音楽にどっぷり浸かることもなかったと思うんです。クラシックがいいなぁと本格的に聴くようになったのは吹奏楽やってた高校時代に借りもので聴いたアンセルメ盤のラヴェル『ボレロ』でしたけど、そのずっと前にロンバケに出会ってなかったら私の中で音楽の占める比重が大きくなることもなかったし、もちろんそうなると高校で音楽系の部活に入ることもなかったはず。

俗に言う“運命的な出会い”ってのかなぁ・・・うん・・・当時にして既に時代の先駆者だった大滝さんの音楽に偶然触れたのが、私の中で、何もかものはじまりでした。

でも、もうすぐ2013年も終わりという大晦日の日に、なんでこんな悲しいニュースを聞かされるんですかねぇ・・・

・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン

・・・なんかもう、ショックがデカすぎて・・・

昨年末の内田樹さんらとのトーク「大瀧詠一的2012」聴いてもわかるように、まだまだ御大ご健在って感じじゃないですか・・・もう信じられへん・・・

謹んで御冥福をお祈り申し上げます。

12
[↑↑『ラジオデイズ』〜「大滝詠一、内田樹、他:ナイアガラー座談会」より]

 

Z322009693
Img_388089_45293852_0
G20131231007299600_view

 

時代の先駆者だった大滝詠一さん 凝り性な“遅れて来た大物”
【Yahoo!ニュース:スポニチアネックス 2013年12月31日】

 ミュージシャンの大滝詠一(おおたき・えいいち、本名=大瀧 榮一)さんが亡くなったことが31日、分かった。岩手県出身、65歳だった。

 大滝さんはニューミュージックの元祖として知られる。1970年、細野春臣、松本隆とともに結成した「はっぴいえんど」でデビューしたものの、先に売れたのは仲間の細野や後輩の山下達郎だった。レコード制作においての凝り性が災いしたのか、ヒットという点では今一つだった。しかし、アルバム「ロングバケーション」が大ヒット。“遅れて来た大物”と当時のメディアは紹介している。

 しかし、それ以前もそれ以後も、シンガーソングライター、作曲家、アレンジャー、音楽プロデューサー、レコードレーベルのオーナー、DJ、など多くの顔を持ち、音楽業界で幅広く活躍、足跡を残した。

 福生の自宅を改造してスタジオを作ったり、あるいは73年の「アサヒ飲料の三ツ矢サイダー」のCMでは今でこその感はあるが、当時としては初のCMソングのレコード化第1号だった。また、レコードの原盤制作をレコード会社ではなく自信のレーベルで行ったのも大瀧さんが初だった。表舞台にはあまり派手に存在せずとも、裏で貯蔵し続けた大瀧さん。だが、現在の音楽業界をリードしてきた存在だった。

 

細野晴臣、大瀧さんの死に「残念にも程がある」…ソロアルバム製作の構想あった
【Yahoo!ニュース:デイリースポーツ 2013年12月31日】

 伝説的ロックバンド・はっぴいえんどの元メンバーでシンガー・ソングライターの大瀧詠一(本名・大滝栄一)さんが、30日、解離性動脈瘤のため死去したことを受け、31日、バンドメンバーだった細野晴臣(66)が追悼のコメントを発表した。

 細野は「最初は誤報だと思っていましたが、とてもショックです。大事な音楽家を失ってしまった。残念にも程がある、という思いです」と突然の訃報を信じられなかった胸中を明かした。

 また、「彼の中に詰まっていたポップスの宝庫はどこに行くんでしょうか。大瀧君はずっとソロアルバムを作っていなかったのが気になり、11月中旬に『皆で手伝うからソロを作ろう』とメッセージを入れたのが最後です」とアルバムを作れなかった無念さをにじませた。

 細野は大瀧さんらとともに、はっぴいえんどを結成。1970年8月にデビューアルバム(通称・ゆでめん)を発売し、高い評価を得た。

 

佐野元春が哀悼「大きな星を失った。大瀧さんは僕らを照らす」
【Yahoo!ニュース:デイリースポーツ 2013年12月31日】

 歌手の佐野元春が、30日に自宅で急逝した大瀧詠一さんへの惜別コメントを公式サイトに上げた。

 「大瀧詠一さんが亡くなりました。日本の音楽界はひとつの大きな星を失った。でもその星は空に昇って、ちょうど北極星にように僕らを照らす存在となった。大瀧さん、ありがとう。ご冥福をお祈りいたします。佐野元春」

 佐野は、大瀧さんのプロジェクト「ナイアガラ・トライアングル」に参加し、音楽的な影響を受けてきた。

 



 


リトルバスターズ!~Refrain~ 第9話「親友(とも)の涙」―第13話「リトルバスターズ」

時間が取れなかったりなんだりで今月に入ってからずっと感想書けないでいたら、いつの間にか年末で最終回を迎えることになってしまいました(苦笑)。1期からの長い間、スタッフの皆さんは本当にお疲れさまでした。ザックリとですが、これまでの分をまとめて総括ということで・・・

 


 

9話「親友(とも)の涙」 あらすじ

真人の次は謙吾を仲間にする番だった。
だが謙吾は何かを知っている様子で、このまま進むならば、待っているのは暗闇だ、
と言って理樹の仲間集めをやめさせようとする。
リトルバスターズを続けることと、謙吾をつなぎ止めること。
この両方を成立させる方法はないものか……理樹たちは悩んだ。
それでも恭介に負けないリーダーになるという理樹の意志は揺るがず、謙吾を力で倒して仲間にしようと決意。
鈴は「やきゅーで対決だ」と理樹にボールを渡す。

10話「そして俺は繰り返す」 あらすじ

ついに四人になった仲間。
揺るぎない自信を持った理樹は、部屋に閉じこもった恭介を迎えに行く。
幼い頃、理樹は恭介に手を差し伸べられ、救われた。
今度は理樹が恭介に同じことをしようとしているのだ。
一方、恭介は深い闇の中でこれまでのことを思い出していた。
5月13日、学園に戻ってきた時のこと。
野球チームを作った時のこと。理樹が女の子たちを救ってきたこと。
恭介はその時、どんな考えで行動していたのか――。

11話「世界の終わり」 あらすじ

恭介を仲間に入れ、元通りのリトルバスターズを取り戻した理樹は、喜びでいっぱいだった。
早速、仲間たちみんなで野球をしようと張り切っている。
周囲はなぜか奇妙に静かで、はしゃぐ理樹を恭介は切なく見つめていた。
野球をしながら、恭介は仲間たちとの思い出を振り返っていた。
そしてついに恭介から理樹へ、この世界の秘密が語られる。
――終わりの時が、もうすぐそこまで来ていた。

12話「お願いごとひとつ」 あらすじ

「世界の秘密」を知った理樹は、鈴の手を引いてひたすら走った。
もう後戻りはできない。
仲間たちのことを思うと、理樹の心は張り裂けそうだった。
……気が付くと、二人の前には絶望の光景が広がっていた。
理樹は痛む身体を引きずって立ち上がろうとする。
何とかしなければと思っても、どうすることもできない。
もう全ては遅いのだろうか……? 
極限状態の中で、鈴の脳裏に浮かぶのは恭介たちとの思い出。
そして、夕焼けの中で小毬と交わした約束だった。

13話「リトルバスターズ」 あらすじ

深く、どこまでも深く――。
理樹の意識は暗い闇へと沈んでいった。
壮絶な事態が進行する中で、理樹は何もすることができない無力感に苛まれた。
―なぜこんなことになってしまったのだろう―理樹は自問自答し、自分の弱さを乗り越えるために現実に抗うことを決意する。
「この世界の秘密」の真意、願いに応えるために、未来を笑顔に変えるために──。

 


 

原作ゲームを知らないので、これまでの流れで修学旅行のバスが事故って理樹と鈴だけが生存するだろうと予測はできても、そこから先がどうなるか全然わからなかったのですが、結局アニメでは全員生存のハッピーエンドで終わりましたか。原作知ってる人からしたらどういう印象を持つか理解が及びませんけど、ストーリーのルートが一本道なラノベや漫画原作ならともかく、ルートが複数存在するゲームが元なら少々のご都合主義的な結末があったっていいんじゃないと個人的には好意的に捉えてます。今のリアル日本社会が陰鬱な空気に包まれてバッドエンドルートまっしぐらな情勢ですし、フィクションのアニメでまでそんなのは拝みたくないというのが正直なところですしね(苦笑)。脚本に目立った破綻もなく作画も安定を維持してましたし、なにより姉御のピンピンしてる姿を拝めたのが嬉しい(をいwww)。あと、ラストでの恭介の帰還は中の人つながりでヒイロをちょっと思い出してしまいました。
13882516280185001
13882516280185002
13882516280185003
13882516280308001
13882516280308002
13882516280388004
13882516280510004
13882516280599001
13882516280866004
13882524810074001
13882524810118001
13882524810285004
13882524810452001

 




のんのんびより 第12話「また春が来た」

今期アニメではダントツで目一杯楽しませてもらった『のんのんびより』も今回でひとまず終わり・・・冬は前2話でサクッとすっ飛ばして初春の季節まで来てしまいました。丘一面を彩る蓮華草、現実ではまずもうお目にかかることのないであろう光景ですかね。田んぼに咲いてる蓮華草でしたら私の幼少期の頃だけでなく、今の京都でも嵯峨野とか田園地帯になってるところでは見かけますけど。なっつんがらしくない乙女心で作ってあげた花の冠を飾ったれんちょんが可愛らしかったですね。
13881687330256002
13881687330256003
13881687330256004
13881687330256005
13881687330256006
13881687330309001
13881687330346001
13881687330418003
13881687330538001
13881687330538002
0255090841
・・・さて、こんな感じで終わった今回、EDも過去のシーンを振り返る特殊なものになってましたけど、季節が春で終わったからこれでオシマイだとガッカリするのは早合点(笑)。なんせ現在も連載中の原作漫画がサザエさん時空で進んでますから(ムフフ)、兄ちゃんは卒業してないし、ほたるんはランドセル背負った反則JSのままだし、コマちゃんはコマちゃんのままだし(爆)。既刊分でも初詣エピソードとか今期で採り上げられなかったエピソードも少し残ってますので、ある程度ストックが貯まったら2期も充分可能でしょう。ですので、ほたるんとこのみの着物の艶姿をアニメ絵で見たければ、みなさんも私同様に頑張って原作コミックBD買いましょう!(をい)

 

原作最新刊↓あっと『のんのんびより 6』 [Amazon]
Comics06





ワルキューレ ロマンツェ 第12話「夏の終わりに―In The End」

ラストは順当にスィーリアの優勝で締めくくられましたが、ノエルとの準決勝が実質の決勝みたいな感じで大いに盛り上がりましたね。ミレイユが自分の足で立つことができたという粋なはからいが華を添えた好カードでした。

『ワルキューレ ロマンツェ』、ここまで放送前の予想を覆しての、女の子たちによるジョストという競技でのスポ根の物語をメインにノエル家の事情などヒロインたちの群像劇を織り交ぜて、エロゲアニメらしいお色気も随所にありましたし、なかなかいいシナリオで話が進められて、作画もジョストで丁寧な描写が光る、内容の充実したアニメだったと思います。スィーリアの優勝をみんなで祝う大団円の終わり方も好感が持てるような雰囲気でよかったですね。同じ制作会社でもISみたいな安っぽさや手抜きがなくて、しっかり作られていて大いに楽しませてもらいました。中身は断然こちらの方がよかったのに・・・(苦笑)。
13878101140127003
13878101140127004
13878101140190005
13878101140190006
13878101140240001
13878101140269001
13878101140269005
13878101140289001
13878101140289003
13878101140588001
13878101140588004
13878101140719005
13878101140719006
13878101140719007
13878101140719008
13878101140790004
13878101140814001
13878101140814002
13878101140854005
13878101140854006

今回のエンドカードは石田可奈さんでした。来春の『魔法科高校の劣等生』[http://mahouka.jp/]頑張ってください!
1387727853946