2014年6月28日(土)〜6月30日(月)のツイートまとめ

2014年6月28日(土)

W杯ベスト16が出揃ったのを改めて見ると面白い。ブラジルのいる山はチリ・コロンビア・ウルグアイで南米選手権やってるようなもの、オランダのところは欧州vs北中米、独仏のところは独仏vsアフリカ、アルゼンチンのいる山だけが比較的国際的バラエティ。これだけ偏った組合せも珍しいのでは?w
posted at 06:03:34

RT @kagekineko: 無知は学べば有知になる。無恥は人間性に根差してのものだから学んだだけではどうしようもない。自分が無恥だということを常に強く意識して無恥な態度、行動を取らないよう努めてようやく無恥な人間だと非難されなくなる。でも、1回本性を出したら無に帰すから、これは生まれ変わる以上の努力になる。
posted at 06:08:33

複数都議がヤジ 議場の音声分析「自分が産んでから」もt.asahi.com/f4me都議会の記者席で朝日新聞記者が取った録音と、都議会が庁内放送で流した都議会中継の音を朝日新聞とテレビ朝日が分析「ヤジを飛ばした人は複数いる」www.asahi.com/articles/ASG6W…
posted at 06:17:57

人身御供1人では終らない→複数都議がヤジ 議場の音声分析「自分が産んでから」もt.asahi.com/f4me日本音響研究所の鈴木創所長は「口調や声の調子からヤジを飛ばした人は複数いる。たくさんの人が同時に話している」と分析www.asahi.com/articles/ASG6W…
posted at 06:25:10

日本政府もこれくらいやれよってね→中日新聞:独政府、米通信との契約打ち切り 盗聴問題でwww.chunichi.co.jp/s/article/2014…ドイツ政府は27日、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズとの契約を打ち切ると発表した。同社は、ドイツのメルケル首相の携帯電話などを盗聴していた…
posted at 06:28:34

沖縄タイムス社説[集団的自衛権合意]9条の精神が骨抜きにwww.okinawatimes.co.jp/article.php?id…現行憲法の下では集団的自衛権の行使はできない、という憲法解釈を維持している間は、そのことを理由に米軍の要請を断ることができた。だが、いったん行使容認に踏み切れば米軍との一蓮托生の…
posted at 06:31:25

@sasurau_wakoudo あれカフスを探してらっしゃったんですね。席が後ろで視力もよくないから、探し物が何なのか私には「?」だったんですよ。RT @sasurau_wakoudo: シャツの袖のカフスが飛ぶ!指揮台のすぐ足下の見つけやすいところに運良く落ちていて良かった♪
posted at 21:48:38

@moon_travel 京響が古楽系の指揮者と組んだのは今まで殆ど無かったように思います。ハイドンは想定通りでしたが、エロイカで管セクションがああいう音色を出してくれたのは予想以上、短期間でよく順応したものです。聴衆はもちろん団員にとっても新鮮で貴重な体験だった演奏会でしたね。
posted at 22:05:06

RT @083melody: 今日の東京新聞の一面。半田滋編集委員の集団的自衛権まるわかりは必読。要するに、アメリカが戦争をした相手が、日本とは全然仲悪くなくても、日本が攻撃しに行きますよ、というもの。相手は、想像もしていなかった所から攻撃されたのでビックリするから当然日本は、その相手国に報復される。
posted at 22:10:01

RT @snoopylovesbird: 東京新聞6月28日31面 #集団的自衛権 元兵士から 元航空兵の岡野さん87「海外派兵しない憲法の原則を一内閣が変えるのは間違い」 ビルマ戦線・志村さん93「多くの兵士が誰にもみとられることなく死んでいった。他国へ出て戦ってはいけない pic.twitter.com/b01G5t6nut
posted at 22:10:56

家計調査の家計消費水準指数で見る消費動向をこのようにデータで示されると、今春の消費増税がいかに景気を下振れさせてるか、とてもわかりやすい→消費増税後の消費動向 – こら!たまには研究しろ!! (飯田泰之 @iida_yasuyuki) d.hatena.ne.jp/Yasuyuki-Iida/…
posted at 22:28:07

RT @gaitifujiyama: この事件で忘れてはいけないのは報道、捜査陣含め、当初は全く違う人を犯人扱いしていた点だ。今回の刑執行にあたりそのことに触れた報道が皆無だったのが気になった/死刑執行:人権団体が抗議 「袴田」再審決定後では初 -毎日新聞 mainichi.jp/select/news/20…
posted at 22:41:45

RT @gaitifujiyama: 継続して首相動静見ている人なら分かるけど安倍は最近やたらとここの社長と会ってんだよ。この人、増税前は消費増税に慎重論者だったのが掌くるりですよ。こうやって取り込まれていく訳ね/ニトリHDの似鳥社長「増税の反動減からの回復は早い」 www.nikkei.com/article/DGXNMS…
posted at 22:41:50

RT @gaitifujiyama: 昨日のニトリ社長の掌返しの消費増税礼賛会見を見て思ったのは首相と何度か会ってる中で官邸から「お願い」されたら多分断れきれないだろうなという事。流通業界はいろいろと経費で弄くり回せるから合法的に見せ掛けの数字を発表出来るのよ。今の政権はそういう事まで裏で手を回す危険性があるのよ
posted at 22:42:08

勉強せなあかんのは貴殿と首相の方でしょう?高村副総裁sankei.jp.msn.com/politics/news/…「地方議会であっても、日本人であれば慎重に勉強してもらいたい」岐阜県議会と那覇市議会で自民党議員が集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更を批判する意見書を提出、可決されたことを批判
posted at 22:53:19

塩村都議を叩く週刊誌もヤジ議員と同罪か? マスメディアの女性差別を津田大介氏らが厳しく批判|ウートピ wotopi.jp/archives/6512津田大介「マスメディアも男社会…伝えるメディアも女性差別意識が根強く一部にある。そういうメディアが国民の意識を作っている部分が大きい」
posted at 23:19:42

RT @run_bun: 情けない。恥ずかしい。 毎日新聞【死刑:国連決議案、日本は反対票】 国連人権理事会は死刑制度のある国に死刑囚の権利保護を求める決議案を賛成29、反対10、棄権8で採択。日本、中国、インド、パキスタン、サウジアラビアなどが反対。 mainichi.jp/select/news/20…
posted at 23:57:54

 

2014年6月29日(日)

@hiro_mmmm まったくです。子どもの頃に長崎在住の被爆者をリアルで見てきた私からもお願いしたいですね。ついでに連中が普段何を食べてるのかも…RT @hiro_mmmm: 放射脳とかほざく脳死の奴らに、以下の説明をお願いしたい。 pic.twitter.com/qmA5SCEkbH
posted at 00:07:35

早急に要対策→沖縄タイムス社説[国際機関教員調査]多忙化解消の実現図れwww.okinawatimes.co.jp/article.php?id…日本の教員は、書類作成などの一般事務や部活動など課外活動の指導時間に多くの時間を費やして…学級運営や教科指導などで、他の国に比べ指導に自信を持っていない傾向が見られる
posted at 12:24:56

東京新聞:週のはじめに考える ブラジルからの警告www.tokyo-np.co.jp/article/column…宇沢さんは「社会主義の弊害と資本主義の幻想」と助言したそうです。社会主義は独裁を生んだが、資本主義は人間や環境を守りきれているのか。お会いした法王は市場経済制度のあまりに速いペースを心配…
posted at 12:30:08

RT @run_bun: 今朝の驚愕 選挙の度に投票依頼の連絡をしてくる創価学会員の知人が、今日の #杉並区長選 #杉並区議補選 に関しては何も言ってこなかった。 私の方から「集団的自衛権に関してどう思う?」とメールしたら、「今回は自民党や公明党が支援する候補者を薦めません」と返事がきた。
posted at 12:34:49

庶民殺し→消費者金融の規制緩和=「認可業者」に上限金利29.2%-自民党が貸金業法改正案www.jiji.com/jc/zc?k=201406…認可業者に限って利息制限法の適用から外し2010年まで有効だった29.2%に戻す…個人の総借入額を年収の3分の1以内に制限する「総量規制」からも除外
posted at 12:40:55

RT @gaitifujiyama: この問題についていろいろなものを読んだけど素人の私にはこのエントリが一番分かりやすく、また同意する点が多かった/新国立競技場コンペ問題について : akihito aoi’s blog” good read feedly.com/k/1rKl3TS
posted at 12:42:14

RT @knakano1970: 「憲法の文言が気にくわないからといって、不当な解釈で違憲の集団的自衛権を合憲としたのでは、もはや日本は法治国家ではありません。自民党と公明党が合意すれば、 違憲のものも合憲になるというものではありません」新潟県加茂市長小池清彦の意見書www.city.kamo.niigata.jp/section/oshira…
posted at 13:02:10

RT @matsuikei: 今の保守を名乗る人って、実は保守的なものが嫌いだよね。保守てのは急激な変化を嫌う、穏健な思想なのでね。今の右派の行動原理は現状破壊欲求でしょう?ネットの右派なんかはまさにそれで、極左活動に向かっても不思議ではない人達だよね。その辺りは、実に面白い構図だと思いますね。
posted at 13:03:18

RT @IzumidaHirohiko: 【原発】東電株主総会、新潟県知事の理解は「頂けると思っている」と社長 bit.ly/1jSiDNH ← 社長が総会で何を言おうと、メルトダウン隠蔽について虚偽説明し、約束した安全対策を実行しない、事故責任を取らないなど信用できない東電を理解することは困難です。
posted at 13:04:20

RT @IzumidaHirohiko: メルマガ「たがいに・にいがた第365号」を発行しました。bit.ly/1o8N6vr 世界平和のために奔走する鬼丸昌也さんの近著「僕が学んだゼロから始める世界の変え方」のご紹介です。「すべての人に未来をつくる力がある」という言葉が心に響きます。
posted at 13:07:43

自分達の給料もシレッと上げてるし(怒 RT @kasakoworld: 原発止めたせいで電気料金が上がったのではなく、原発が事故を起こしたせいで電気料金が上がっただけの話:福島第一原発の事故対策の費用は、住民などへの賠償のほか、除染や中間貯蔵施設の整備、それに廃炉など…(NHK)
posted at 13:16:48

RT @Delp95: 逢坂誠二「武器輸出、他国との自衛隊軍事活動範囲の拡大、さらにODAによる軍事支援…、安倍総理の軍事傾斜主義は留まるところを知らない。世界の最先端を走っていた日本の平和主義は、憲法の規定があるにも関わらず風前の灯となっている」ohsaka.jp/article-8694.h…
posted at 13:18:19

RT @10_mike: 3年経つけど、も一度これ RT @tetra_: 「地震の後には戦争がやってくる。軍隊を持ちたい政治家がTVででかい事を言い始めている。」という清志郎さんの12年前のメッセージ @yukawareiko pic.twitter.com/D3sQq5xC
posted at 13:58:52

youtu.be/X1KVzZbuDtM本来ならNHKが真っ先に報道すべき RT @astroecology: 外国人記者は直感的にこの焼身自殺は重要ニュースと感じて各国ですでに報道されている。ところが、日本の記者は直感的にこれはタブーだ、出世に関わるから黙っていようとなる。
posted at 21:30:55

RT @bilderberg54: 集団的自衛権の是非云々は別にして、こういう事案を報道しないという公共放送はその時点で価値はないんですよ。テロが起きても情報統制を敷く可能性があるということですから。#NHKの受信料は払ってはいけない
posted at 21:31:58

RT @grossherzigkeit: 新宿で焼身自殺を試みた人物について、特に有名人でもなく、その主張の詳細もよく分からないのに、否定派も肯定派も、狂人視から英雄視まで、とにかく語らずにはいられない。命を投げ出すことの何たるか、ジョン・ブラウンがなぜ南北戦争を起こすことができたのか、何かよくわかる出来事だ。
posted at 21:32:02

RT @kaz99999: @bilderberg54 はっきり言って麻生とか籾井とか筑豊方面の価値観は、同じ福岡県人として受け入れがたいです。筑豊から大分県にかけての代議士や参議院議員はろくな人がいません。防衛族系が多いです。武田とか岩屋とか衛藤とか。
posted at 21:32:10

‘Double standard’という見出しを付けて集団自衛権での安倍政権の対応にも論評している→BBC News – Japanese man sets self on fire over military rule change www.bbc.com/news/world-asi…
posted at 21:46:38

新宿焼身自殺の件、AP通信経由でワシントンポストと米ABCも報道 wapo.st/1jyEbz9 abcn.ws/1maxLvV 他には仏フィガロ紙www.lefigaro.fr/flash-actu/201… アルジャジーラaje.me/1q482Fi
posted at 22:09:34

RT @chidaisan: チベットでは、たびたび起こる抗議のための焼身自殺だが、これがとうとう日本で起きた。海外では集団的自衛権に反対するための抗議による焼身自殺として大々的に報道されているようだが、日本のマスコミは、だんまりを決め込んでいる。最も恐ろしいのは「自主規制」だ。アホのスタッフが一番恐ろしい。
posted at 22:09:49

全身火傷の重傷でも命に別条は無いそうで一安心→中日新聞www.chunichi.co.jp/s/article/2014…男性は鉄枠の上にあぐらをかいて座り「70年間平和だった」「戦争しない」「政教分離」などと話していた。「君死にたもうことなかれ」と、与謝野晶子の詩の一節を口にした後、火を付けたという。
posted at 22:17:51

犬HKが珍しくこんなの流してた→NHK Reading「原発の発電コストは火力上回る」試算nhk.jp/N4E66XXb原子力発電のコストについて…3年前に政府の委員会が試算した液化天然ガスや石炭による火力発電のコストを上回るとする新たな試算を専門家がまとめました。
posted at 22:25:52

RT @bilderberg54: 集団的自衛権がらみと言われている焼身自殺の件、これ背後関係はわからないけど、だからといって日曜日に新宿のど真ん中で焼身自殺があったわけでから、これを報道しないNHKが問題。どうもネット世論は先走りすぎて本質を見失っていると思う。これは情報統制の問題なんです。
posted at 22:26:37

 



京都市交響楽団 室内オーケストラへの招待 Vol.3(指揮:鈴木秀美)

バロック・チェロの世界的プレイヤーとしてソリストとしてもバッハ・コレギウム・ジャパンの首席奏者としても活躍されているだけでなく、2001年にオーケストラ・リベラ・クラシカを創設して指揮活動もされている鈴木秀美さん。チェロ奏者としての演奏はバッハの無伴奏をリサイタルで聴いたことがありましたが、指揮の方は今まで見たことがありませんでした。
今回、京響の室内楽シリーズに客演されるのをチラシで見て、すぐに飛びついたのは言うまでもありません(笑)。

ハイドンの92番『オックスフォード』とベートーヴェンの『英雄』、京響初客演の鈴木さんの指揮が楽しみなのはもちろんですが、これまで古楽系の指揮者との共演自体がほとんどなかった京響がどんなリアクションを見せるのかにも興味がありました。

 

京都市交響楽団 室内オーケストラへの招待 Vol.3
「ウィーン古典主義〜古典派への新しいアプローチを求めて」
2014年6月28日(土)14時開演@京都コンサートホール・アンサンブルホールムラタ

◆F.J.ハイドン 交響曲第92番ト長調『オックスフォード』 Hob.I:92
(休憩)
◆L.v.ベートーヴェン 交響曲第3番変ホ長調『英雄』 Op.55
(アンコール)
◇L.v.ベートーヴェン バレエ『プロメテウスの創造物』 Op.43〜フィナーレ

指揮:鈴木秀美
コンサートマスター:泉原隆志

 

席の埋まり具合は8〜9割ほど?鈴木さんのように古楽が専門の指揮者が京響を振るなんて滅多に無いことなのに・・・あれでも売れた方なのかしら?

閑話休題。

前半、ハイドンの『オックスフォード』。今日はコンマスが泉原さんで隣がアシコンの尾崎さん。弦セクションは第1ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、第2バイオリンの順に対抗配置で、コントラバスは客席から見て左後方、第1ヴァイオリンとヴィオラの後ろ。このコントラバスの配置は初めて見たような気がします。編成は8-8-6-6-4とコンパクト。他に目に付いたのがファゴット、ティンパニ、トランペットの位置。ホルン、フルート(清水さん)、オーボエ(1番は前後半ともシャレールさん)と並べた管楽器の1列後ろにファゴット(1番は前後半とも中野さん)を、ティンパニはオーボエの右隣り、更にその右にトランペット(稲垣さんと西馬さん)という、今まで見たことないような配置。何故このような配置にしたのがマエストロにぜひ尋ねてみたかったのですが、機会がなくて残念(苦笑)。演奏は予想通りのピリオド・アプローチでしたけど、今まで古楽系の指揮者との邂逅がほとんどなかったであろう京響も弦セクションが泉原さんのリードで思ったよりもしっかり対応してきてましたし、管楽器の音色もいつもと違う印象。モダン楽器でできるだけピリオド楽器の音色に近づけようとしていたのでしょうか。ともあれコンパクトな編成でのいつもと違うピリオド奏法により、楽章ごとの彩(カラー)が鮮明に浮かび上がっていて、終楽章での躍動感あるリズムとラストへの怒涛の畳みかけで締めくくられた素晴らしい結果を生み出してました。モダンオケの指揮者が聴かせるハイドンとはやはり一味違いますね。バッハを中心としたバロック音楽のジャンルでのこれまでの蓄積に加えて、オーケストラ・リベラ・クラシカでハイドンを数多くこなされてきた経験を京響にもフィードバックしてきて、オケ側もそれにしっかり応えていたように思いました。

後半のベートーヴェン、弦の人数を増やすかと思ってたら前半と同じ8-8-6-6-4の小編成。管楽器とティンパニは後方2列でホルンが前に2人と後ろに1人、前列は客席から見て左からホルン(1番は垣本さん)、フルート(1番は清水さん)、オーボエ、ティンパニ、トランペット(早坂さん、稲垣さん)。後列はホルン、クラリネット(1番は小谷口さん)、ファゴット。管楽器がピリオド楽器に寄せているという印象はハイドンよりもいっそう鮮明に受けました。管楽器がモダンのものそのままでああいう音色を出すのはかなり難しいように思うのですが、さすが京響の管セクションは優秀ですね(笑)。おかげで私がこれまで実演で聴いた中ではダントツで最も素晴らしい『エロイカ』の演奏を堪能できました。第3楽章と終楽章をほとんどアタッカで演奏したのも高ポイントでしたね。1,2,3+4で時間配分のバランスを上手くとったような形になりましたし、アレグロとアダージョで‘らしさ’を明確に描いていたのと、第2楽章の葬送行進曲でも部分部分を下手に変化付けて強調することなく流れるように進めていたことで、新鮮さが増した感がありました。モダンオケを振る世の大抵の指揮者はロマン派や現代音楽と並行してベートーヴェンを採り上げるので、バッハをメインとしたドイツ・バロック音楽を徹底的にやって、それからハイドンを経てベートーヴェンに至る鈴木さんのような古楽系の指揮者だと視点が違うのでしょうね。そうした部分がよりいっそう実感できた演奏でもありました。

鈴木さんもかなり熱のこもった指揮ぶりで、第1楽章の途中でカフスのボタンが外れて飛んでしまうほど(爆)。幸い指揮台のすぐ足元に落っこちてて見つけやすかったみたいでしたが、私は席が後方だったので、第1楽章が終わった後「何探してはんねん?」と思ったものでしたが。アンコールは初めて聴いた曲でしたが、『エロイカ』終楽章の主題と同じものが使われてるんですね。帰宅して調べてみたら『プロメテウスの創造物』 が先で、これの素材を後に書いた作品にも使ってるのだとか。ともあれ、愉快な音楽で大盛り上がりでした。

当初のアナウンスではアフタートークが予定されてたのですが、私がお手洗いを済ませてる間に半分くらい喋ってて、結局挨拶程度の短いものでした。サイン会もやってたしスケジュールが押してたとか?練習はゲネプロ入れて3日間だったかな、京響とは初めての共演ということで少し緊張もあったそうですが、「今日の演奏でこれっきりにならないように」と自虐ネタで笑いをとってましたけど、そうならないようにアンケート用紙に鈴木秀美さんの再招聘を要望として書いて提出させてもらいました(笑)。今回のピリオド・アプローチでのハイドンとベートーヴェンは聴衆に新鮮な感動を与えていたのはもちろんのこと、京響の団員にとっても新鮮で貴重な体験だったのではないでしょうか。カーテンコールの時に若手ほど熱心に拍手で迎えていたようにも見えました。


 

 



2014年6月25日(水)〜6月27日(金)のツイートまとめ

2014年6月25日(水)

RT @iDulles: Twitterで語られている日本は事実の日本なのか、日本政府がいう日本が事実なのか……。ウヨであろうがサヨであろうがインディーであろうがまったく私たちには分らない。 言っている像が世界にはまったく分らないのです。
posted at 17:17:41

RT @gokokuji3: @iDulles てんでバラバラの社会なのです(それを社会というのなら)。多くの国は、全体としての傾向といいますかおおよその形というものが存在するのですが、今の日本にはそれがない気がします。キメラといいますか。そしてそれぞれが、ノンポリ層によってぼんやりと繋がっております。
posted at 17:17:49

RT @grossherzigkeit: かつて祖父に「戦前と戦後どちらがいい社会か。またその理由は」と聞いたら、しばしの後、「今だね。なぜって自由にものが言えるから」と、金だの飯だのの前に、まずそう言ったよ。江戸→大日本帝国→戦後日本と、確かに自由度だけは増してる。これを後退させるのは、どんな理由があっても許されない。
posted at 17:22:40

RT @kyks: 都議会のヤジ問題、9万人の署名で事態が動いたと報道したメディア。なぜ、集団的自衛権に反対する175万人(個別に提出されたものを含めればさらに多いはず)の署名の意味は問わないんだろう。市民(読者)の側に立てないメディアは国をあやうくすると思う。
posted at 17:26:40

RT @gaitifujiyama: 国連の委員会は来月六年ぶりに日本の人権状況を調査。WWNの報告書は資料となり、委員会が問題と判断すれば政府に是正勧告などを行う/東京新聞:都の臨時雇用「女性差別」 2カ月ごと契約 厚生年金入れず:社会(TOKYO Web) www.tokyo-np.co.jp/article/nation…
posted at 17:33:50

RT @gaitifujiyama: 最近、日本の人権問題が欧米メディアで取り上げられることが結構多くなって来た。こうした流れを過剰な批判だとして欧米におけるオリエンタリズムの復権だと非難している論調を散見したが、今、自分の目の前にある現状の日本を冷静に見たら欧米の批判に対し返す言葉がないのが現実でもある
posted at 17:33:54

RT @gaitifujiyama: 日本の国内総生産に対する税金全体の比率は先進国中で低い。3分の1弱の企業はまったく税金を払っておらず大手複合企業の実効税率はわずか13%。企業は過去の赤字を利用して何年間も納税額を低く抑えている/法人減税、アベノミクスに「逆効果」 | jp.reuters.com/article/jp_col…
posted at 17:34:18

天皇家から安倍政権への意思表示だよね→mainichi.jp/feature/koushi…戦時中に米潜水艦の魚雷で撃沈され、1400人以上が犠牲になった学童疎開船「対馬丸」の遺族や生存者らと懇談する。両陛下は対馬丸の悲劇に心を寄せ続けており、記念館訪問は両陛下の強い思いで実現したという。
posted at 17:42:00

RT @yukawareiko: 昨日アムネスティから、徴兵で兵隊になって、パレスチナの人々を殺すことがどうしても自分には出来ない、と言って、徴兵を拒否。牢獄に入れられたイスラエルの若者たちのために、ぜひ声を挙げてください、と言うお願いが…。きれいな瞳をした男性と女性たちの写真と名前が、胸に刺さって消えません。
posted at 17:42:36

RT @em54672emi: W総理のお陰で市民運動家でなくても保守でも脱原発と公言していい空気が生まれた。そして立派な意見広告が保守的新聞と言われる読売に掲載された。完全に社会的地位の一角を占めた。日の当たる場所にでたんだよ脱原発が 【読売朝刊意見広告】 pic.twitter.com/knzsJ0gVx0
posted at 17:45:40

 

2014年6月26日(木)

就任早々のアジア杯優勝とコンフェデ杯・W杯出場は間違いなくザッケローニの功績。本当にありがとう→時事ドットコム:ザッケローニ監督が退任表明www.jiji.com/jc/zc?k=201406…「今回のメンバーは私が選び、戦術も私が決めた。責任は全て私にある。日本代表を離れなければならない」
posted at 11:01:23

涙々…長谷部、主将は「若い世代に」www.jiji.com/jc/zc?k=201406…長谷部は所属クラブで出番がなかった2012年秋ごろ、ザッケローニ監督に主将交代を訴えたという。すると「今までいろいろなところで監督をしてきたけど、本物のキャプテンはマルディーニとお前だけだ」と言われた。
posted at 11:06:03

RT @gaitifujiyama: 公明党とは何なのかな。解釈改憲を許容し集団的自衛権を認める。都議会では性差別不規則発言の更なる追及を拒否。生活保護改悪は積極的に賛成し残業代ゼロ法案も基本は賛成だ。法人税減税、消費税再増税も予定通りにやれと云う。そのうち従軍慰安婦なんていなかったと言い出すのも時間の問題だろう
posted at 11:09:00

RT @gaitifujiyama: 『リスクが高く生煮えのギャンブルをもって成長戦略だと言い張る姿からは自暴自棄の香りがする』今となってはアベノミクスの海外の評価って概ねこういう感じなんだがな/コラム:法人減税、アベノミクスに「逆効果」 | Reuters jp.reuters.com/article/jp_col…
posted at 11:09:05

RT @gaitifujiyama: 口さがない海外の記者たちはアベノミクスの事を「ブードゥー経済」とかまで言っているわけでしょ、今やさ。日本の株式情報番組見ていると未だに高い評価されている事になっているけど。そりゃあ年金運用まで株式市場でやるとか言い出したカモネギ状態だから海外のファンド連中は喜んでいるだろうがねw
posted at 11:09:08

夕刻の雷雨はこいつが珍しく正論言うたからか→関電、脱原発訴える株主提案否決 橋下市長は経営陣批判t.asahi.com/f43u橋下氏は筆頭株主の立場でマイクを握り「壇上の皆様は経営陣として失格。すぐに交代して下さい」「答弁次第では本日をもって物を言う株主に売り渡す」
posted at 18:42:15

福井地裁の大飯原発再稼働差止判決の意義を再認識→東京新聞:9電力 株主総会 全社で脱原発株主提案www.tokyo-np.co.jp/article/econom…廃炉対策の推進や核燃料サイクルからの撤退を求める提案のほか、原発事故時の住民らの安全な避難に電力会社が責任を負うことを求める提案が目立った。
posted at 18:47:32

 

2014年6月27日(金)

RT @tanakaryusaku: 永田町なう。衆院会館の公明党政務調査会会議室前にいた処、警備員に排除された。警備員は筆者の本人特定がしたいらしく、執拗に聞いてきた。友人のフリー記者は、永田町駅まで警備員から激しく追われた。 もう北朝鮮状態だ。
posted at 16:47:42

明日行くけど今から超楽しみ→RT @sanktflorian: 鈴木秀美と京都市交響楽団が明日の公演に向けてリハーサルを進めています。公演は14時から京都コンサートホール、アンサンブルホールムラタで。当日券は13時15分から販売します pic.twitter.com/tPB1Ss2jsz
posted at 16:54:52

RT @nobptl: 東京の女性都議へのヤジの件、当人のプライベート的な内容が報道されると手のひらを返す人が多いようで驚かされる。まるで「清廉潔白な人でなければ人格を傷つけられても自業自得だ」とでも言わんばかりだ。本人の私生活と議会の野次とは全く別次元の話だ。両者をリンクする事には悪意しか感じない。
posted at 16:56:53

RT @yanesenkumatyan: 橋山禮治郎先生に聞いたんだけど、リニアには経済性も技術的信頼性も環境適応性もまったくなし。目的にも妥当性、必要性、合意性まったくなし。曖昧な目的、甘い事業見通し、分析能力の欠如、技術選択の誤り、民意の軽視、審議会の形骸化の雑炊事業。多分もんじゅの二の舞。
posted at 16:58:54

RT @BB45_Colorado: フランスが原子力依存度を80%から50%に下げる動きを見せているのは、その為なんだよね。 無理な延命はせず、世代交代がうまく行かない分は、化石資源と再生可能資源に分散させようとしている。 まぁ、フランスのテクノクラートは日本のまがい物田舎テクノクラートとは格が違うよ。
posted at 17:02:38

RT @BB45_Colorado: 勿論、フランスが原子力依存度を大きく下げるのは、脱原子力ということではない。エネルギー資源の多角化、分散化という健全な政策といえる。 現在、地中海横断パイプラインが盛んに建設されているが、これは、欧州全体にとってもロシア依存からの脱却という重要な意味を持つ。その鍵をフランスが握る
posted at 17:02:56

RT @BB45_Colorado: フランスにとっては、アフリカ、旧植民地から天然ガスを持ってきて、ガスや電気として欧州に売ることが出来るし、中欧、東欧、ロシアからの資源によってアフリカの権益を温存できる。 非常に優れた立ち位置といえる。 同じ原子力を国策とする国でも格の違いがあまりにも大きい。
posted at 17:03:01

RT @gaitifujiyama: ビデオ屋やってる時に何度か経験したが店舗のある街で性犯罪などがあった場合、警察から会員リストと貸出履歴の提出を求められる事がある。ウチなんかは令状なければ出来ませんって断ってたが果して今はそれが出来るだろうか?TSUTAYA辺りは警察に言われたら率先して渡しそうな気がするんだよな
posted at 17:05:05

RT @gaitifujiyama: 「集団的自衛権が無いから中国が攻めてくる」「中国や韓国が攻めてきても集団的自衛権が無いから反撃出来ない」とかいう理解しかしてない連中に集団的自衛権行使を認めたら何が起きるか分かったもんじゃないわな。個別的自衛権と集団的自衛権の違いを自公の議員に聞いてみたらどんな結果になるんかな
posted at 17:05:10

RT @suzukimasatomo: 一部メディアは、ここに至ってもなお「規制緩和=経済成長」、「Suicaデータ問題=利用者の無知故の不安」って整理からしかビッグデータを語れない。その視野狭窄と法的思考能力の欠如こそが、打ち破るべき岩盤の一つだろう。ろくに取材もせずにアバウトに書くし、またそれを読む負の連鎖。
posted at 17:06:28

そりゃ学問の場だから当然…RT @May_Roma: アメリカの大学もカナダの大学もイギリスの大学も、そこそこ名のしれた学校は勉強大変だから合コンだのサークルだのやってる暇なんて一切ないぞや…ウイークデーの飲み会なんてほぼ不可能。図書館にこもって深夜まで勉強したりラボにこもったり
posted at 18:02:05

冷たい街、大阪…35年音信不通“DV加害者父”の扶養要請された人も 生活保護行政をめぐる大阪市の「暴走」(2)|生活保護のリアル みわよしこdiamond.jp/articles/-/55216国会での厚労大臣答弁でも、「家庭内暴力や20年以上の音信不通なら扶養照会は行わない」とされている
posted at 18:26:03

厚労省の役人と社会保障審議会の連中に真っ先に読ませたい→RT @miwachan_info: 「生活保護の住宅扶助を現状から削減したら何が起こるか」に関するアンサーにもなってます>不動産管理会社の人間だが、おまえらに言いたいことがある anond.hatelabo.jp/20140623213254
posted at 18:40:01

そもそも加害意識や罪悪感を持つ心根あるならちう話…生活保護のリアル みわよしこdiamond.jp/articles/-/55216「DV加害者は、被害者に被害を加えたという意識や罪悪感を全く持っていないことが多いし、被害者に執着を持っていることも多い。このためDV被害者は必死で身を隠す」
posted at 18:48:05

卒論一本で充分“書く”事のシンドさを実感した身からすると、「いいわねえ」という羨望をぶつける人の気が知れない。想像力なさすぎでしょ?そういう人ほど読書せんのやろな…フリーライターは羨ましがられるような職業か? – みわちゃん・いんふぉ blog.livedoor.jp/miwachan_info/…
posted at 19:08:20

RT @nyachieko: ひとり親の貧困率が50%という国は異常な事態なのです。「せめて」それを半分の25%に。児童扶養手当は20歳まで給付し、多子加算を増額へ。親の高卒資格取得支援を 意見送りましょう urx.nu/9ACG #子どもの貧困
posted at 19:09:33

梶村太一郎『明日うらしま』〜シュピーゲル誌がスノーデン資料を大量に公表。日本でのアメリカのスパイ基地名は「レディーラブ」tkajimura.blogspot.jp/2014/06/blog-p……シュピーゲル誌が電子版で公表したPDF資料→spon.de/aef2f※開けたら英語でホッとした
posted at 19:29:26

RT @now_hill: 今日は神奈川県のある自治体で生活保護申請同行。一番驚きだったのは、福祉事務所のカウンターがつぶされて物置にされていたこと。生活保護の業務はやってないと思わせるに十分で、相談者はあきらめて帰ったという。面接記録表にも残らない水際作戦。 pic.twitter.com/hDkcEPxLME
posted at 19:30:13

RT @touyoui: 09年にグリーンピースが発表した日本の遺伝子組み換え商品と企業のワーストランキングだそうです。日本人が好きそうな有名な企業ばかりですね。そして子どもが食べるものが多いのももちろん理由あってのことです。… fb.me/18uYqfAbQ
posted at 19:34:05

RT @FumikoK4321: #毎日 「一内閣が憲法の解釈を変えるのは余りに乱暴。戦後日本で9条が果たしてきた役割を今一度しっかり考えるべき」と高杉徹常総市長が明確な集団的自衛権反対の思いを述べてる。高杉氏が市議だった時、ゴミ焼却施設建設問題を共に取り組んだことがある。市長になっても変わらぬ真摯な姿勢がいい。
posted at 20:03:44

同意→danshi.gundari.info/hakuchi-netouy…竹中みたいな詐欺師を筆頭に、配当を受け取る側が経済や税制の評論をしてるというのが一番大きな原因…利益相反そのものであって、めちゃくちゃなモラルハザード…ネトウヨ脳が蔓延しつつある日本ではそれを指摘する方が少数派…戦後の白痴量産教育
posted at 20:13:32

RT @sweets_street: 「専門家は知識がない」と思ってる人は、一度当該分野のしっかりした論文読んでみたらいいですよ。何書いてんのかさっぱりわかんないから。必要な前提知識が多すぎて多すぎて頭が痛くなりますよ。論文一本を理解するには、膨大な専門書と論文を読んで前提知識を修得する必要があるんです
posted at 20:17:07

書き手が良識派か胡散臭い詐欺師かの見分け方の1つw→RT @UlosNosara: 素人を騙すのが目的の専門家は専門用語を駆使して極力わかりにくく説明し、素人を理解させるのが目的の専門家は専門用語を極力使わずに分り易く説明します。ある分野の専門家の端くれとして言わせて頂きますがw
posted at 20:21:53

GPIFは損切りルール策定を、運用失敗なら年金減額もwww.bloomberg.co.jp/news/123-N7SWL…日本総研・翁百合理事「GPIFは投資を拡大して収益向上を目指すだけでなく、負の面も直視する必要がある」「運用に失敗して損失が膨らんだ場合に備え、損切りルールを策定しておくことも重要だ」
posted at 20:46:01

RT @mouri: W杯。テレビの異常な盛上りの理由の一つは異常に高騰した放映権料。日本全体で400億円。うちNHKが280億円。ちなみにフランスW杯時は6億円。日韓W杯時は65億。全世界の放映権料5分の1を日本が負担しているとされる。テレビは元を取るために自作自演で盛り上げるほかはない。
posted at 21:09:38

RT @nukutti003: 今日のサンリオ株主総会は10才くらいの女の子が質疑応答手を挙げて、優待がタオルばっかりなのでタンスに入りきれなくなりました。私的にはぬいぐるみがいいです!と堂々と社長に訴えみんなから拍手喝采貰ったのがハイライト。社長的には次回はぬいぐるみやりたい、やらせましょうと前向き回答。
posted at 21:10:28

 



アルベルト・ザッケローニ日本代表監督が辞任を表明

決勝トーナメントのブラジルの山が、ブラジルの他にチリ・コロンビア・ウルグアイと見事なまでに南米選手権と化していて(笑)、このトーナメント表を見ながら、日本がコパ・アメリカへの招待出場をまたしても断ったことを思い出してしまい、そのニュースを聴いて非常に残念に感じたのを記憶の中から呼び起こしてしまいましたが、それはさておき、日が改まって、ザッケローニ監督の辞任が正式に表明されました。

多くの日本人に感動と勇気を与え、残念ながらW杯本大会での結果こそ伴わなかったけれど、それでも歴代最強と言える代表チームを作り上げてくれたことには、大いに感謝の意を表したいと思います。

本当にありがとうございました m(_ _)m

 

ザック「感動にあふれる4年間だった」 ブラジルW杯総括会見【スポーツナビ 2014年6月26日】
As20140626000724_comm

 サッカー日本代表は、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会のグループリーグを3戦1分け2敗で終え、グループリーグ敗退となった。コロンビア戦から一夜明けた現地時間25日(以下同)、アルベルト・ザッケローニ監督と大仁邦彌氏(日本サッカー協会 会長)、原博実氏(日本サッカー協会 専務理事兼技術委員長)が大会を総括する会見を行った。

 ザッケローニ監督は本大会を総括して、「結果がついてこなかった。悔しい気持ちが強いと言える」と悔しさをあらわにしつつ、敗戦に対して「(数字では)相手をすべて上回っているのに負けている。何か足りないところがあるのかなと思っている」と冷静に分析。また、「やはり方向性は間違っていなかったと感じているし、今後も日本サッカー界は、4年間やってきた道を継続して進んでいくべきと、個人的には思っている」と、日本サッカーの進むべき指針を改めて示した。また、「私はこの日本代表を去らないといけないときが来た」と辞任も表明した。

 原博実技術委員長は、「コロンビア戦の前半や、ギリシャ戦の退場者が出るまで(のサッカー)をもっとやりたかった。冷静に分析したいです」とコメント。次期代表監督については、「日本に帰って、技術委員会で今後の方向性を検証したうえで決めていくべき。現段階でどうこうとは言えない」と発言するにとどまった。

原博実「(標榜したスタイルは)日本サッカー界で必ず次につながっていく」

登壇者:
アルベルト・ザッケローニ(サッカー日本代表 監督)
大仁邦彌(日本サッカー協会 会長)
原博実(日本サッカー協会 専務理事兼技術委員長)

大仁会長「まず最初にこの4年間、W杯での活躍を期待して応援してくれたサポーター、現地まで来てくれた応援団の熱い応援に心から感謝するとともに、期待に応えられなかったということで、お詫びを申し上げます。日頃から支援して下さっているスポンサーの皆様方にも、感謝とお詫びを申し上げたい。また、現地の領事館が万全の体制を敷いていただき、安全確保をしてくださり、熱い応援もしてくださり、厚く御礼申し上げます。
 今回はグループリーグ敗退ということになりました。私としては前回以上の成績というものを考えていました。ただ、監督・スタッフ・選手はベストを尽くしてくれました。本当に素晴らしいチームでした。これから技術委員会として分析、評価(をしていく)。ひと言で言えば、世界のトップとは差があるということだと思います。サッカーは、ちょっとやればすぐ強くなるというものではない。4年後を目指して今日からスタートしたいと思います」

原委員長「本当にみなさんの期待に応えられず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。僕自身はザック・スタッフと4年間やってきて、彼らと今いる選手たちの力があれば、もっとできるとずっと思ってきました。いろいろな要素があると思いますが、W杯という大きな舞台で実力を出し切る難しさを実感しています。

 いろいろなことを言うつもりはありません。この4年間、多くの選手が海外に出て、Jリーグからもいい選手が出て、日本らしいサッカーということで、アンダーカテゴリーでもボールを速く動かしてピッチを広く使いながら、アグレッシブなサッカー、速い攻めのサッカーをやってきました。それは間違いじゃない。でもW杯でなかなか表現できませんでした。昨日の前半や、ギリシャ戦の退場者が出るまで(のサッカー)。あれをもっとやりたかった。終わってしまったので、冷静に分析したいです。先ほど食事の後に選手・スタッフに最後のあいさつをしたのですが、誰も(結果に)納得していないけれど、今後それぞれの選手(がそういったサッカーを体現していくので)、日本サッカー界で必ず次につながっていくと思います」

ザッケローニ監督「日本人の技術力は世界に通用する」

ザッケローニ監督「私自身も当然、結果に関しては残念で満足はしていない。グループリーグを突破するという強い意気込みでこの大会に臨んでいた。残念な気持ちが強いというのはやはり、もっと前に行こうと、行ってやろうと思っていたから。結果がついてこなかった。悔しい気持ちが強いと言える。

 このザックジャパンが4年前に始動して、当然、現状を見ながら先、将来に目を向けてチーム作りを進めてきた。その日本のサッカー文化や、日本人の選手の特徴を吟味した上で、技術力は世界に通用する(と感じた)。ただフィジカルは足りないところがあるという分析の上で、スピードに乗って、つまりインテンシティー(プレー強度)の強いサッカーをしようとチーム作りを進めてきた。やはり方向性は間違っていなかったと感じているし、今後も日本サッカー界は、4年間やってきた道を継続して進んでいくべきと、個人的には思っている。

 あとは、さらに、格上の相手にも勇気を持って仕掛ける姿勢を、植え付けてきたと思っていた。そこで、格上のチームとやるときにも日本らしいサッカーを前面に出しながら、勇気を持って臨むという姿勢を、4年間植えつけてきた。それに関しては、選手に感謝したいし、私の信念を感じてくれて、実行に移してくれた。少しずつだが、彼らはそういった面でも成長を見せてくれたと思う。

 当然、日本だけではなく、世界の代表チームと同様、常にいい成績が出ていたわけではないが、4年間を通して見てみると、ほとんどいい結果が出ていた、いい戦いができていたのではないかと思う。4年間の総括はそういったところだ」

ザッケローニ監督「スタートでつまずき思うような戦いができなかった」

ザッケローニ監督「W杯に臨むにあたって、できる限り先に進みたいという強い思いはあった。そういった意味で、自分たちの中で自信もあったし、やってやるぞという気持ちもあった。ただ、短期間の大会で、1〜3戦、10日間。凝縮した戦いの中でスタートでつまずいたところで、思うような戦いができなかったと感じている。

 これまでもそうしてきたように、今回のメンバーは私が選び、戦い方も戦術も私が決めたうえでの結果なので、この責任はすべて私にあると思う。責任をきちっと取りたいと感じている。

 ランチの時間に全員が集まったので、選手たち・スタッフ・協会の方々に感謝の意を述べて、4年間の仕事ぶりにありがとうと伝えた。彼らに、もう一度メンバーが選べるとしても、スタッフが選べるとしても、同じメンバーを選ぶという話をしたし、そのチョイスに関しては今でも自信を持っている。この10日間、いろいろな理由があって、いい状況に運ばなかった。好転しなかったが、もう一度やらせてもらえたとしても、同じチョイスをしたと、彼らには伝えた。

 彼らには、このメンバー・スタッフの監督であって、『非常にうれしかった』『誇りに思っている』と伝えたし、日本代表という素晴らしいチームの監督というポジションにいることができて、誇りに思っていると伝えた。この4年間、全身全霊をかけて、成長させるために、自身はやってきたつもり。当然、課題や足りないところはあって、W杯ではいい結果が出なかった。足りないところは当然あると思っていて、昨日も内容を見ていたら、支配率やシュート、攻撃の回数、CK・FKの回数、成功率、相手をすべて上回っているのに1−4で負けている。何か足りないところがあるのかなと思っている。すべての面で上回っているのに1−4で負けてしまう、何かがこのチームには足りないと思っていて、これを踏まえて今朝、協会の方々と話をした。ランチには選手と話した。

 私はこの日本代表を去らないといけないときが来たのかなと思う。新しい監督が新しい文化を持ってきて、組み合わせてくれる。そういうことが必要な時がきたのかなと。そういう意味では協会の方々をはじめ、スタッフ・メディカルもトレーナーも広報も、シェフ・総務・スポンサーの方々もそうだし、サポーターにもありがとうと言いたいし、日本全体にこの素晴らしい4年間をありがとうと伝えたい。

 この4年間、何不自由なく仕事に集中させていただいた。濃密な時間を過ごすことができて、非常に充実感と、感動にあふれる4年間だったと感じている。

 4年前、ほとんど日本のことを知らなかったが、温かく受け入れてくれて、私の近くにいた日本人に感謝したいし、強く自身の心の中に残ると思っている」

ザッケローニ監督「遺産を残せたという自負はある」

――率直に日本を離れる心境と、日本に与えられなかったものは何か?

ザッケローニ監督「チーム作りをしていくうえで、それ相応の時間が必要。持っている哲学を伝えようとした。世界の格上に勇気を持って主導権を持つサッカーをやっていこうとした。そういう意味では、この作ってきた道を継続してくれればいいと思うし、次の4年間で新しい監督がこの4年間で与えられなかったモノを、加味してくれればいいかなと思う。

 例えば昨日のゲームでは、すべての数値で下回っても勝ちきると。そういうのを加えてくれればいいのかなと思う。勇気を持ち続けてやっていくことが必要だし、ネガティブなパフォーマンスをできる限り少なくする作業が必要。波がないチームはないが、その中で回数を増やしていくことが大切だ。

 だからといって、このチームの波が激しかったわけではない。55試合戦って、そこまでネガティブな出来ではないと感じている。4年前に就任会見で言ったこと。4年後に日本サッカー界、日本代表に何かを残したい、遺産を置いていきたいと4年間言った。そういう意味で、何かを残せたという自負はある」

――攻撃的なサッカーを目指したが、今大会では必ずしも思った通りに選手が動かなかったのでは?

ザッケローニ監督「それが代表とクラブの違うところと感じている。手元に置ける期間が短いから、普段のプレー、やり慣れているプレーを出そうとするわけだが、代表で修正するということがあって、それをしてしまうと、同時にその選手の感覚や本能を削るリスクがある。アドバンテージ(メリット)とディスアドバンテージ(デメリット)を天秤にかけて、本能を削るのはよくないという結論に至って、クラブであれば修正できるポイントが、修正できないということはあった。

 ただ、その(ピッチの)中に入ってくるのか、外に行くのかが問題ではなくて、連続したインテンシティーが出てくるのか、バランスを保ちながらチームが出せるのかが問題。パスコースを作ってあげることができれば、そこまで問題は発生しない。

 見るべきポイントとして、例えば昼のゲーム(コロンビア戦)に関しては、当然相手が格上の中で、シュートを放っていった。が、2戦目、初戦に関してはそこが足りなかった。昨日、チームの多くの選手たちがシュートまで行けたのは、偶然の産物ではないと思っている」

――昨日、心の準備が足りなかったと言っていたが、あと足りないというのは具体的には?

ザッケローニ監督「ゲームへのアプローチ。いち監督として調整するのが一番難しいところ。ピッチでは見えないものがあるし、心はたくさんの要素で作用される。いち監督が入り込めないところ。バランスを取ってあげられない部分が出てきてしまう。それは日本代表だけが例外ではなくて、この大会では多くのチーム、実力のあると言われているチームが苦戦したり、ゲームの入りでうまく入れずに修正できないという状況がある。

 W杯は、38試合から構成されるリーグ戦でも、たくさんの試合があるW杯予選でもない。短期決戦なので、最初のゲームでミスすると修正するのはなかなか難しい。そういう意味ではやはり、この日本代表に足りないところ、伸びなければいけないところは、普段のプレーをこのタイミングで出すように、意図的にやっていかなければいけない。スピードにあふれる、フィジカルコンタクトを交わしていくサッカーを、ここで思い通りに出せるようにすることを、意図的に探していかなくてはいけないということが言えると思う。

 ただ、昨日のゲームを見ていても、対戦相手のアクセルを踏んで前に出てくる馬力やパワー、フィジカル、身体能力は褒めたたえなければいけないものだ。単純に(相手の方が)走るスピードが上回っていたらどうするのか? そういう時には、単純に同じスピードで走るのではなく、パススピードを高めて、コンビネーションを高めて対抗しなければならないと思っている」

――イタリアなど、欧州勢が苦戦し、アジア勢も苦戦している。南米、中米が活躍している理由はあるか?

ザッケローニ監督「明確な理由は見当たらないが、中南米のサポーターの後押しの力、気候条件も近いと感じて、結果がついてきているのでは。

 相対的に言えることは、フィジカルでサッカーをする、押し込もうというチームは今大会はいい結果を出しているということ。ただ、明確な理由というものは正直、見当たらないし、言えることは、それぞれの代表チームがそれぞれの特徴を生かすべき。ストロングポイントを前面に押し出すサッカーをすべきと感じている」

原博実「次期監督については現段階でどうこうとは言えない」

――協会の責任は?

大仁会長「負けたことについては申し訳なく思っています。今、監督から話があったように、これまでの4年間の代表チームの方向性は間違っていないと思っている。今大会でも、日本のチームは進化していると、前回大会より進化していると思っています。

 結果はグループリーグ敗退でしたが、成果は出ていると思う。さらに、レベルアップすると思っているが、責任というのは……。負けたことの責任は、先ほど申したように、あそこで勝てる力は足りないということです」

原委員長「監督選手だけの責任とは思っていません。これが短期決戦における日本代表の総合力であると冷静に判断しなければいけない。だからといってこの4年間をすべて否定するのは間違っているし、短期の大きな舞台で、そこにすべてを合わせて、力を出し切る難しさは感じます。監督スタッフ選手とも、誰が悪かったというより、なぜ力を出せなかったのか? ということを冷静に判断しなければいけない。ザッケローニ監督がやってきたこういう戦い方を、五輪であり、U−20、U−17でも取り入れてやっている方向、目指している方向性は、結果どうこうで変えるものではないと、個人的には思います」

――強化策で見直すところは? 新監督に望まれるところは?

原委員長「マッチメークとか、キャンプ地とか。いろいろなことが1つの理由ではない。いくつかの要素が重なってきていると思います。我々、Jリーグ、関係者、見ている人もいる。我々が思っていることはあります。監督が思っていることも聞いています。総合的に考えて判断しなければいけないし、結果がこうだとすべてが否定されてしまうが、イトゥは素晴らしかったと思う。でも、移動や気候、いろいろな意見が出てきて当然だが、今ここでどうだとは言えない。

 次の監督は、今のところ、今日こういう事になったので、これから日本に帰って臨時の技術委員会を開いて、技術委員会で今後の方向性、どうしたらいいのかと検証したうえで決めていくべき。現段階でどうこうとは言えないです」

ザッケローニ監督「今の話につけ足すと、私個人的な意見はイトゥは最高のベースキャンプ地だったと考えている。ここ以上の環境は得られなかったと思っているし、今もその考えは変わらない」

――前回は高地トレーニングがうまくいった。今回のコンディショニングはどうだったか?

原委員長「前回でいうと、高地のスタジアムが多かったので、高地トレーニングをした。今回は、予選の試合会場が暑いということがあったので“暑さ対策”“暑熱対策”を第一にやろうとフロリダでキャンプをしました。動けていないわけではなかったが、一番いいパフォーマンスだったかというと、ピークの持って行き方を検証しないといけない。客観的なデータを集めなければいけないのかなと思います」

ザッケローニ監督「継続してこの道を進んでいけばいい」

――日本サッカーについて、もっとこうした方がいいのでは? というものはあるか?

ザッケローニ監督「日本サッカー全体という話になると管轄と外れるので代表チームに絞ると、アイデンティティーができて、それを持ち続けなければいけない。(それを)継続しなければいけないと考えている。格上のチームに勇気を持って戦いを仕掛ける。それが2日でできるようになるわけではない。相応の時間をかけて醸成していかないといけない。継続することで世界とのギャップを埋められると信じている。これまでやってきたことを継続して信じていくことが大切だ。

 このチームのことを話していくと、本音だが、W杯に臨むにあたって、監督をはじめ、全員が1人欠けることなくいい結果が出ると信じていたし、確信を持って挑んできた。それが本当に真実だと考えている。

 ただ、1試合目でゲームへのアプローチ、思ったような試合ができなかった。修正するのに時間がかかってしまった、というのが現実なのかなと思う。ゲームの中で起こりうる、不利に働くようなエピソード、ジャッジが、自分たちの戦いに左右されずに、継続してプレーを出していかなくてはいけない。そういうことをやっていかなくてはいけないと思っている。

 自分はこのチームを離れるが、このチームの一員だという自負があるから、そういう話し方をしている。成功体験は自分たちの自信をより深めるし、やっていることを後押ししてくれる。もし結果が出たなら、より成長のスピードが早まったと感じている」

――アジアと世界の違いは?

ザッケローニ監督「個人的にも世界仕様、世界と戦うために4年間を費やしてきた。就任時点でアジアで1番の実力があったと思うし、世界と戦ううえで、仕事を進めてきたことは、国際レベルでパーソナルレベルの実力を出すこと、格上とやるときでも勇気を持ったサッカーを展開することだった。

 大会が始まる前に、本当に全員が自信を持って大会に臨んだし、周りに聞いても、日本はそういったレベルに来ていると、脅威になっていると話していた。世界の目もそういうふうに日本を捉えていたのではないか。

 アドバイスをするとすれば、継続してこの道を進んでいけばいいのではないかと言いたいし、このチームに関してはまだ若い。チームを大きく変える必要もなく、多少の入れ替え、調整はあると思うが、ちょっといじるだけでいいのではないかと思っている。しっかりこの道を進んでいただきたい。

 最後になるが、本当に4年間、温かく迎え入れていただいてありがとうございました。ここにいらっしゃるみなさんに伝えたいし、本当に素晴らしい4年間を過ごすことができた。強く心の中に記憶しておきたい」