棚から牡丹餅?瓢箪から駒?・・・ヴァヒド・ハリルホジッチ前アルジェリア代表監督が新しく日本代表監督に!

今回のアギーレ解任→ハリルホジッチ招聘を 「棚から牡丹餅」 と言うべきなのか 「瓢箪から駒」 と言う表現が適切なのか・・・う〜ん、日本語って難しいですね(をい) ともあれ、しとらす的には日本代表監督にはラテンアメリカ系よ

「神様、仏様、ドログバ様」痛恨の逆転負けで初戦を落とす・・・2014年W杯・グループC:コートジボワール 2−1 日本

「神様、仏様、ドログバ様」 ・・・と書いてはみたものの、よくよく思い起こせば前回大会で相手様の大事なレジェンドに直前の強化試合で大怪我負わせてしまったのは元日本代表の誰かさんだったりしてたわけで、4年越しで因果応報が回っ

U-17女子W杯、決勝で日本がスペインを下して“リトルなでしこ”世界の頂点に!

グループリーグから決勝まで6戦全勝、23得点1失点。そしてスペイン相手に2-0のスコアで2戦2勝というオマケ付き。ここまできたらもうパーフェクトでしょう。優勝おめでとう!   FIFA U-17女子ワールドカッ

強豪オランダ相手に2点のビハインドから追いつく好ゲーム・・・国際親善試合:オランダ 2-2 日本

スタメンに香川・遠藤・川島の名前がなく代わりに大迫・山口蛍・西川が入るという、ここ数試合では珍しく思い切ったメンバーチェンジをしてきたザッケローニ。 ・・・しかしボールロストのミスから先制されて2点リードされた時はさすが

柿谷の見事な先制弾と逆転弾で日本がアウェーで韓国に勝利し大会初優勝!・・・東アジアカップ2013:韓国 1-2 日本

しとらす的には来年のW杯本番に向けた新戦力が出てくれば儲けもん(なので柴崎の離脱は残念だった)で結果はどうでもいいやと端からタカを括って高見の見物状態だったのですが、負ければ負けたで不必要に騒ぎ立てる連中がまたぞろ湧いて

W杯予選最終戦を勝利で終えて、いざブラジル、コンフェデ杯へ・・・2014W杯アジア最終予選:イラク 0-1 日本

勝てば予選突破の可能性が首の皮1枚で残るホーム(と言っても政治・軍事的事情でイラク本国でなくカタールのドーハで試合する羽目になったけど)のイラクが死に物狂いでこの1戦に臨んでくるのは明白だったので、既に予選グループ1位通

日本が5大会連続でW杯出場決定!!!!! 世界最速&ホームで初・・・2014年W杯アジア最終予選:日本 1-1 豪州

チャンスは作れるものの何度も決定機をシュワルツァーに阻まれ、そして後半も残り10分を切った時間帯にアンラッキーなゴールで先制された時には今回も勝利の女神に嫌われたのかと覚悟してましたが・・・よくぞ本田が決めてくれました。

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし・・・ロンドン五輪・準決勝:U-23メキシコ 3-1 U-23日本

広めたのはノムさんでも言い出しっぺは平戸藩の第9代藩主だった松浦静山(剣術書『剣談』より)だそうですが、ともあれ前後半通じて個でも組織でもメキシコの方が上回ってたのは明らかだったにせよ、(いくら手持ちのカード自体がとても

巴里の仇を倫敦で討ち果たし、決勝は再び日米決戦へ・・・ロンドン五輪・準決勝:フランス女子 1−2 日本女子

後半途中からかなりヒヤヒヤしながら見てましたが(苦笑)、内容はどうであれ勝ててよかったです。江戸の仇を長崎で・・・じゃない、大会前の親善試合のリベンジもできましたし、ただただ、おめでとうとお疲れ様、と。 ロンドン五輪 女

巴里の仇は倫敦ウェンブリーで!なでしこジャパン準決勝へ、相手はフランス・・・ロンドン五輪・準々決勝:ブラジル女子 0−2 日本女子

先日の南ア戦の後、案の定とやかく言う意見も散見されましたが、それをネジ伏せるには充分な結果を出してきましたね。さすがです。万全とは言えない勝利でしたけど、守備の組織力と意識の高さが明暗を分けたように見えました。 ロンドン

グループリーグ首位通過でオールド・トラッフォードへ!・・・・・・ロンドン五輪・1次リーグ:U-23日本 0−0 U-23ホンジュラス

どうせ準々決勝行くなら(C組1位の)ブラジルとの対戦は避けたいし、移動もコヴェントリーからマンチェスター→ロンドンと比較的楽になるので、主力をできるだけ休ませつつ敗戦だけは絶対に避けなければいけない・・・そう容易いタスク

金メダルのための“大人の決断”・・・ロンドン五輪・1次リーグ:日本女子 0−0 南アフリカ女子

なにも試合後の会見でネタバラシしなくてもいいのに・・・という気もしましたが、知らんふりして放置したらしたで何かの拍子に選手たちに批判の目がいくのは絶対に避けなければいけないことなので(特に日本の阿呆マスゴミどもは何を言い