ロッベンの1ゴール1アシストでバイエルン・ミュンヘンが12年ぶり5度目のチャンピオンズリーグ優勝

ブンデスリーガでは2戦とも 1-1 のドロー、DFB杯では準々決勝でバイエルンが 1-0 でドルトムントに勝利・・・というのが今シーズンの両チームの対戦。さて、今回、チャンピオンズリーグ決勝、舞台はウェンブリー。

 

UEFAチャンピオンズリーグ:決勝

ボルシア・ドルトムント 1−2 バイエルン・ミュンヘン

 

たらればを言い出せばキリがないですが、勝敗の分かれ目は月次な言い方ですけど、監督とピッチ上の選手たちそれぞれの経験値の差なのかな?と思いました。昨年あれだけ苦汁を舐めさせられたロッベンのここという時の奮闘がその象徴なのでしょうね。

惜しくも負けはしましたが、ゲッツェを欠いた中でドルトムントはベストを尽くしたと思います。前半で先制ゴールが取れていればとかクロップ監督が延長を意識し過ぎたのか交代カードを切るのが遅きに失したとか・・・まぁいいじゃないですか。戦力差も経験値の差もあったのに拮抗した見応えある試合になったのは、間違いなくドルトムントのおかげなのですし。

ところで、しとらす的には、試合後のセレモニーでシルバーメダリストのドルトムントのメンバーから先に表彰を受けた際に、UEFA会長のプラティニの側にいたドイツのメルケル首相が、それぞれに負けた悔しさを胸に秘めているであろう選手と監督に、まるで母親が息子を慰めるかのように1人1人に固い握手を交わし何か熱心かつ丁寧に言葉をかけていたのが、とても印象に残りました(逆に勝者のバイエルンにはややサラッとした対応)。彼女の本職たる政治における実績や思想・手腕等々は別にして、こうした行為が果たして日本の今の首相・前首相・前々首相に自然とできるのだろうか・・・と、なんか同じ先進国の首相でも人間の器の差の違いを魅せつけられた思いでした。

1957042_w2

 

バイエルンがドルトムントを下してCL制覇【Goal.com 2013年5月26日】
283235hp2

25日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝がロンドンのウェンブリーで行われ、バイエルン・ミュンヘンが2ー1でボルシア・ドルトムントに勝利した。バイエルンのCL優勝は、12年ぶり5度目となる。

ドイツ勢同士のCL決勝。ドルトムントは事前に発表があったとおり、ゲッツェの回復が間に合わなかったが、フンメルスは先発で登場。一方のバイエルンは、ウォーミングアップ中にシュバインシュタイガーがトラブルを抱えたため急きょメンバー変更かとの情報もあったが、こちらもスターティングメンバーでピッチに入る。クロースを除けば、ほぼベストメンバーでキックオフを迎えた。

ブンデスリーガではバイエルンが圧倒的な差で優勝を果たしたが、一発勝負の決勝戦ではドルトムントが見事なスタートを切る。キックオフと同時にアクセル全開で出たドルトムントは、主導権を握った。

最初の決定機は14分。右からのグラウンダーのクロスにブワシュチコフスキが右足で合わせたが、相手GKノイアーに止められた。20分にはカウンターでロイスが抜け出すも、こちらもノイアーに阻まれる。

ドルトムントのハイプレスがおさまり、バイエルンは次第にボールを持てるようになった。すると26分、左からのクロスボールにファーサイドのマンジュキッチが頭で合わせる。しかし、ドルトムントもGKが好守。ヴァイデンフェラーに指先で弾かれ、得点にはならない。

それでも、ドルトムントの良い流れが途切れたわけではなく、鋭いカウンターがバイエルンを苦しめた。29分にはロイスのスピードに乗ったカウンターが飛び出すと、バイエルンはダンテがファウルで止めるしかなく、この試合初のイエローカード。35分には、レヴァンドフスキがペナルティーエリア右に抜けてシュートを放ったが、GKノイアーにコースを消されて先制点を奪えない。

バイエルンの前半の攻撃では、ロッベンに何度かチャンスがあった。30分、ペナルティーエリア右でフリーのロッベンが抜け出したが、左足で打つには窮屈なファーストタッチとなり、GKに止められる。37分にもペナルティーエリア右に侵入したが、左足では蹴らせてもらえない。43分には、フンメルスのミスもあってロングボールがロッベンに届いたが、左足のボレーはヴァイデンフェラーの顔面を直撃した。

後半に入ると、バイエルンはサイドからの攻撃が増えて、ピッチをより大きく使えるようになる。アラバが高い位置で勝負する場面も見られるようになり、攻撃が分厚くなった。

待望の先制点は60分。バイエルンは左サイドからリベリが仕掛けて相手を3人引きつけると、その間を通してロッベンにパスが出た。縦に持ちだしてヴァイデンフェラーを引きつけて折り返すと、中央でマンジュキッチが押し込み、ゴールネットが揺れる。

先制点の後はバイエルンのリズムがさらに良くなったように思われたが、ドルトムントがすぐに追いついた。ロイスの突破をダンテがファウルで止めてドルトムントにPKが与えられると、ギュンドアンがノイアーの逆をついて、冷静に決めた。

その後は互いに譲らない。72分には、バイエルンが決定機を迎えるが、ミュラーがGKを置き去りにして上げた中央へのボールは、ロッベンの前でスボティッチがクリア。バイエルンは何度か決定機をつくるも、ドルトムントが間一髪の対応でゴールを許さない。

ドルトムントは序盤のハイペースが響いたのか、バイエルンに押し込まれる時間が続くも、ヴァイデンフェラーを中心に何とか耐え続ける。

しかし、89分にバイエルンの猛攻が実った。中央からのロングボールをリベリがコントロールしてキープすると、後方にボールを落とした。ここにトップスピードのロッベンが走り込んでGKと1対1になると、ついにヴァイデンフェラーを攻略。土壇場でバイエルンが勝ち越した。

ブンデスリーガに続いてCLを制したバイエルンは、これで2冠を達成。6月1日に3冠を懸けて、DFBポカール決勝のシュトゥットガルト戦に臨む。

 

ロッベン:「敗者のままでいたくはなかった」【Goal.com 2013年5月26日】
283234hp2

25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝でバイエルン・ミュンヘンの優勝の立役者となったFWアリエン・ロッベンは、試合後にその強い喜びの思いを語った。

ボルシア・ドルトムントとのドイツ勢対決となった決勝で、ロッベンはFWマリオ・マンジュキッチの先制点のアシストに加え、終了間際には2-1の決勝ゴールを記録。決勝のマンオブザマッチに選出された。試合後のインタビューで、ロッベンは次のように話している。

「信じられないほど幸せだ。今の気持ちをすべて言い表すのは不可能だと思うけど、このチームの一員であることを本当に誇りに思う。ついにCLで優勝することができたのは、夢が現実になったということだ」

「あまりにも多くの感情が頭の中にあって、言葉では表せない。負けるというのがどういうことなのか知っているからなおさらだ。タイトルを獲得した時にはその分さらに喜びが大きくなるものだと思う」

バイエルンは過去3年で2度CLに進みながらも敗戦。ロッベンは昨年のチェルシーとの決勝でPKを失敗したこともあり、今回はその汚名返上を果たすことができたという思いが強いことだろう。

「サッカーはチームスポーツだけど、一人のサッカー選手にとっては、最大のことを成し遂げた瞬間というものがある。バイエルンの多くの選手たちにとって、CL優勝は人生に欠けていた唯一のものだったと思う」

「去年と2010年に落胆を味わって、僕はワールドカップ決勝でも敗れた。その3つの決勝があったから、敗者の烙印を押されたままでいたくはなかった。今日はついにやり遂げて、他のことは忘れることができる。『ようやく』という思いだ」

今季ブンデスリーガ優勝とCL優勝で2冠を達成したバイエルンは、6月1日に行われるシュトゥットガルトとのDFBポカール決勝で3冠達成に挑む。

「完璧なシーズンだ。来週にはその仕上げをすることができる。カップ決勝でも勝つことができれば3冠だ。それが僕らの目標だと思う。でも今は、今夜の勝利を喜ぶのが何よりも大事なことだ」

 

マンチェスター・ユナイテッドがドルトムント・香川真司の移籍でクラブ間の合意に達したと発表

メディカルチェックと労働ビザ取得がまだ済ませてなくて、香川本人もサインしてないと火消し発言してはいるようですが、獲得する側のマンチェスター・ユナイテッドがオフィシャル[http://www.manutd.com/]で載せているだけでなく、イギリス高級紙のガーディアンやインディペンデントがスペースを割いて詳細な記事を掲載しているくらいですから、余程のことがないかぎり移籍で間違いなく決まりでしょう。世界屈指の名門ビッグクラブへの移籍はとても名誉なことですし、移籍合意のニュースでこれだけ注目されるなんて素晴らしいの一言ですよね。

あとは今月の代表戦を無事に過ごしてメディカルチェックに引っかからないことを祈るばかりです(労働ビザの方はドルトムントでの実績があるのでユナイテッドレベルの政治力なら容易でしょうし)。来シーズンのプレミアリーグを見る楽しみがまた1つ増えましたし、彼にはぜひとも活躍してクラブに貢献してほしいところですね。

 

Shinji Kagawa to join Manchester United after Dortmund agree fee
【The Guardian:Andy Hunter, Tuesday 5 June 2012】

● Dortmund midfielder may cost as much as £17m with add-ons
● Deal for Japan international to be completed at end of June

Shinjikagawa008
Shinji Kagawa is on international duty with Japan and will complete the transfer at the end of June. Photograph: Maxppp/Sportsphoto/Sportsphoto Ltd./Allstar

 

Manchester United have responded to missing out on Eden Hazard by announcing that Shinji Kagawa has agreed to become their first signing of the summer. The transfer of the Japan international from Borussia Dortmund, in a deal expected to reach £17m, is due to be completed at the end of the month.

United have been in negotiations with the German champions for several weeks as they seek to improve their midfield options for next season. Hazard had been a leading target for Sir Alex Ferguson but elected to join what he described as a “better project” at Chelsea in a £32m transfer last week.

Kagawa will initially cost United £20m less than the Champions League winners paid for Hazard but the 23-year-old would have been out of contract at Dortmund next summer and, as such, the German double winners were not in a strong negotiating position. The £12m transfer, however, could rise by an extra £5m during the course of Kagawa’s contract at Old Trafford.

A club statement confirmed on Tuesday morning: “Manchester United is delighted to announce that it has agreed terms with both Borussia Dortmund and Shinji Kagawa for his transfer to the club. The deal is subject only to the player medical and obtaining a UK work permit. These conditions are anticipated to be completed by the end of June. Further details will be announced in due course.” The midfielder is currently on international duty with Japan and played in a 3-0 win over Oman in a World Cup qualifier at the weekend.

Dortmund paid only £280,000 to sign Kagawa from Cerezo Osaka in 2010 and, despite suffering a metatarsal injury at the Asian Cup, he was named in the Bundesliga team of the season following a debut campaign of eight goals in 18 appearances. His influence grew last season and his 16 goals were instrumental in Jürgen Klopp’s team winning the league and cup double. Ferguson and his assistant manager, Mike Phelan, attended the German Cup final last month when Kagawa scored one and created one in the 5-2 victory over Bayern Munich.

United have been trying to add creativity and goals to their midfield for several seasons and the signing of Kagawa is unlikely to end that search. Ferguson has tied Paul Scholes to a new one-year contract and continues to be linked with Luka Modric at Tottenham Hotspur. He is also keen on the Everton left-back Leighton Baines although no offer has yet been made for the England international.

 

Manchester United to sign Shinji Kagawa
【The Independent:Simon Stone, Tuesday 05 June 2012】

Kagawa

Manchester United have made their first signing of the summer after confirming they have “reached agreement” to buy Shinji Kagawa from Borussia Dortmund.

Negotiations have been on-going with the Japan international for a number of weeks.

The deal is subject to a medical and work permit, although this is thought to be a formality.

It is not anticipated the deal will be completed until the end of the month as Kagawa is currently on international duty and played in Japan’s 3-0 World Cup qualifying round victory over Oman at the weekend.

“Manchester United is delighted to announce that it has agreed terms with both Borussia Dortmund and Shinji Kagawa for his transfer to the club,” said a United statement.

“The deal is subject only to the player medical and obtaining a UK work permit. These conditions are anticipated to be completed by the end of June.

“Further details will be announced in due course.”

Although the deal – which is expected to cost around £12million – has been anticipated for some time, it is good news for United.

Yesterday, Eden Hazard explained why he thought Chelsea had “a better project” than the Red Devils, who lost their Premier League crown to Manchester City in agonising fashion last month.

Many United fans are privately concerned about the funds being made available to Sir Alex Ferguson and felt strengthening the midfield area was an absolute imperative.

Kagawa has already done enough in his two seasons in Germany to avoid the fate of Park Ji-sung, who was initially condemned as a “trophy” signing following his arrival from PSV Eindhoven in 2005, designed purely to sell shirts in the lucrative Far East market.

He was named in the Bundesliga’s team of the season for 2010-11 despite being absent through injury for half the campaign.

Kagawa then went on to score 16 goals last term, when Dortmund completed the domestic league and cup double.

Ferguson and assistant Mike Phelan made a personal check on the 23-year-old the day before United’s final match at Sunderland, when they saw Kagawa grab one goal and create another in Dortmund’s 5-2 German Cup triumph over Bayern Munich.

Defender Rio Ferdinand was quick to offer his best wishes on Twitter.

“Welcome to Shinji Kagawa for his transfer to Man Utd,” he said. “Here’s to a succesful (sic) time here bro!”

Kagawa factfile:

1989: Born March 17 in Kobe, Japan.

2006: Joins first professional team, Cerezo Osaka, aged 17 and is selected for Japan Under-17s.

2007: Represents Japan at the Fifa Under-20s World Cup in Canada after an impressive season in which he plays 35 games in J.League Division 2.

2008: Handed his Japan debut in a Kirin Cup match against Ivory Coast. Also represents his country in the Beijing Olympics.

2009: Breaks several records in the league, including becoming the highest goalscorer in J.League Division 2, as Osaka are promoted to the top flight.

2010: Scores seven goals in 11 appearances in the J.League, leading Borussia Dortmund to pay 350,000 (£283,371) for his services, but misses out on a place in Japan’s World Cup squad.

2011: Helps Japan win the Asian Cup, although does not play in the final as a superb tournament is ended by a metatarsal injury in the semis. Ends the 2010/11 season with an eight-goal haul for Dortmund, who win their first Bundesliga title in nine years.

2012: Helps Dortmund to a domestic league and cup double.

June 5 – Manchester United announce they have reached agreement with Dortmund to sign Kagawa.

 

チェルシーがPK戦を制してチャンピオンズリーグ初優勝

決めるべき時に決めておかないと・・・というのはどんなハイレベルの試合だって同じだ、という事を改めて見せつけられた印象でした。バイエルン外しすぎ(苦笑)。

チェルシーはドログバ執念のヘディングも見事ながら、チェフを中心とした守備陣がよかったですね。先月のカンプ・ノウでの経験が伏線になっていたのでしょうか。

UEFAチャンピオンズリーグ:決勝

バイエルン・ミュンヘン 1−1 [PK3−4] チェルシー

1799694_w2

 

しとらす的にはCL決勝はリーガ勢同士で見たかったし(んでバルサが優勝)、ELもビエルサのビルバオに獲ってほしかったんですけど・・・そうは問屋が卸さなかった、いうことで(苦笑)。

UEFAヨーロッパリーグ:決勝

アトレティコ・マドリード 3−0 アスレティック・ビルバオ

1795315_w2

 



チェルシー、バイエルンの夢を打ち砕き悲願の初優勝=CL
【スポーツナビ 2012年5月20日】

 19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝は、チェルシーがバイエルン・ミュンヘンを、1-1からのPK戦4-3で破り、悲願の大会初制覇を達成した。この結果、チェルシーはFA(イングランドサッカー協会)カップとの2冠を達成したのに対し、本拠地アリアンツ・アレーナでのメモリアル優勝の夢が破れたバイエルンは今季無冠に終わった。

 試合は前半、ホームの観客の大声援を受けたバイエルンが次々と相手ゴールに迫る。だが、準決勝ではバルセロナの猛攻を耐え切ったチェルシーは、相手の攻撃をことごとく跳ね返す。バイエルンは21分にようやく決定機を迎えるものの、ロッベンがリベリーとのコンビネーションから放ったシュートは、GKチェフの反応に遭い、ポストをたたく。また、コンテントの左クロスをとらえたミュラーのボレーシュートも枠を外れる。一方、ほとんどチャンスを作れないチェルシーは37分、カウンターからドログバのポストプレーを起点にカルーがシュートを放つが、GKノイアーにセーブされる。

 両チーム無得点で迎えた後半も、バイエルンの攻勢をチェルシーがしのぐ展開が続く。バイエルンが時間とともに攻撃の手を強めると、引き過ぎとなってしまったチェルシーはセカンドボールが拾えなくなり、カウンターにすら移れなくなる。すると83分、クロースのクロスをミュラーが頭で力いっぱいたたきつけ、バイエルンがついに試合の均衡を破る。後がなくなったチェルシーは、カルーを下げてトーレスを送り込むが、バイエルンはミュラーに代えてファン・ブイテンを投入し逃げ切りを図る。ところが88分、マタの左CKをドログバがヘディングでたたき込み、チェルシーは起死回生のゴールで試合を延長戦に持ち込む。

 同点に追い付いて勢いづくチェルシーだが、延長戦開始直後の93分、そのドログバが後方からリベリーを倒してしまい、PKを取られる。しかし、ロッベンのPKはチェフに止められ、バイエルンは絶好の勝ち越しチャンスを逃す。さらに、PKを獲得したプレーで足を痛めたリベリーがプレーを続けられず、ピッチを退く。バイエルンはオリッチを投入したものの、攻撃力の低下は明らかで、ラームの積極的なオーバーラップも実らない。結局、延長戦でも決着はつかず、勝負はPK戦に持ち込まれる。

 世界屈指の守護神を誇る両チームによるPK戦は、バイエルンのGKノイアーが1人目のマタのPKを止めれば、チェルシーもGKチェフが4人目のオリッチのPKを防ぎ、勝負は5人目に持ち込まれる。そして、バイエルンのシュバインシュタイガーのPKが右ポストをたたいたのに対し、チェルシーはこの日の主役となったドログバが落ち着いて決め、死闘にピリオドを打った。

(C)MARCA.COM

2012052000000002spnavi0001view
〔※写真:チェルシーがPK戦を制し、チャンピオンズリーグ初優勝を果たした【Getty Images】〕

ドログバ、悲願のUCL初制覇に感無量【UEFA.com 2012年5月20日】

チェルシーFCのUEFAチャンピオンズリーグ初優勝を決めるPKを沈め、決勝のマン・オブ・ザ・マッチに輝いたディディエ・ドログバは、現在の心境を言葉では説明できないと語った。

ミュンヘンでチェルシーFCの勝利に貢献し、悲願のUEFAチャンピオンズリーグ優勝杯を手にしたディディエ・ドログバは、現在の心境を言葉にすることができなかった。

4年前の決勝では終盤に退場処分となり、チームがPK戦で敗れる姿を見守ることしかできなかったドログバ。この日も83分にトーマス・ミュラーのヘディングシュートで先制された瞬間には、さらなる悪夢を覚悟していたに違いない。しかし、その5分後に自身のヘディングで追いつくと、今度は幸運を味方に付ける。ドログバは延長戦3分に自陣ペナルティーエリア内でフランク・リベリを倒し、FCバイエルン・ミュンヘンにPKを献上してしまったが、GKペトル・チェフがアリエン・ロッベンのシュートを阻止した。

チェフがイビツァ・オリッチのPKを止め、バスティアン・シュバインシュタイガーのシュートをポストにそらしたあと、ドログバはスタンフォード・ブリッジ(チェルシーの本拠地)に初めてUCL優勝杯を持ち帰るチャンスを迎えた。この好機を確実に仕留めた34歳のストライカーは、UEFAテクニカル・スタディー・グループにより決勝のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。気持ちを整理できていないドログバは、「”本当に嬉しい。今の心境を言葉ではうまく説明することができないよ”。今日は笑顔でいられるけど、(4年前の)モスクワでは選手、クラブ、ファンの誰もが心を痛め、それができなかった。でも今日は、自分たちの力で違う結果を得たんだ」と語った。

「今回もまた、驚くべき展開の熱狂的な試合だった。試合終了まで数分というところで先制されたが、土壇場で追いついた。我々は全力を尽くして戦った。これからパーティーを楽しむ力が残っているかどうか分からないが、なんとか楽しむつもりさ」

このコートジボワール代表FWは2月、ザンビアに敗れたアフリカ・ネーションズカップ決勝でPKを失敗しており、この日もフスバル・アレナ・ミュンヘンのセンターサークルからペナルティースポットへ向かうまでの間に、その忌まわしい記憶が脳裏をよぎったと言う。「自信はあったけど、ネーションズカップ決勝のことが頭から離れなかった。チームを勝利に導くチャンスを逃しただけに、あれは本当に辛かったんだ。ペトル・チェフは世界屈指のGKで、何度となく素晴らしいセーブを披露してくれた。だからこそ、私は彼やみんなのためにPKを成功させ、すべての人を笑顔にしたかった。その願いがかなえられたよ」

ドログバは今夏限りでチェルシーとの契約が切れるため、優勝を決めたPKがブルーズ(チェルシーの愛称)でのラストプレーになるかもしれない。それでもドログバは、自身の去就ではなく、クラブが達成した偉業のことだけを考えていた。「私はここで8年間を過ごしてきた。すべてが近くて遠い感じだね。今日はトロフィーをスタンフォード・ブリッジに持ち帰ることができたので、これまでになく最高の気分さ。今はとにかく喜び、みんなと楽しく騒ぎたい」

「一番大切なことは、私の将来ではなく、我々が今日手にした成果だ。チームの誰もがタイトルのために戦ったし、失点後もサポーターが僕らを支え続けてくれた。今季のチャンピオンズリーグにおける戦いぶりと、いくつもの逆境を乗り越えてきた姿、そして(SSC)ナポリや(FC)バルセロナを苦しめたことを考えても、我々は優勝に値する。このチームこそ偉大なチャンピオンだ」

©UEFA.com 1998-2012. All rights reserved.

 

ファルカオ2発、アトレティコがUEL制覇【UEFA.com 2012年5月10日】

昨季の決勝で唯一のゴールを決めたファルカオが、ブカレストで行われた今季のファイナルでも活躍。鮮やかなフィニッシュで前半のうちに2得点を挙げ、今度はアトレティコを優勝に導いた。

ファルカオがまたしてもUEFAヨーロッパリーグとの相性の良さを見せ、ブカレストでの決勝でアスレティック・クラブから2ゴールを奪取。クラブ・アトレティコ・マドリーを3-0の勝利に導き、チームはこの3年で2度目の優勝を果たした。

昨季決勝で試合唯一のゴールを決め、FCポルトを頂点に導いてから357日、ファルカオは再び優勝メダルを手にすることに。26歳のストライカーは、7分の鮮やかな先制ゴールに続いて、前半のうちに2点目もマーク。今季UELでの得点数を29試合で29得点とした。アトレティコは85分にジエゴがダメ押しの3点目を決め、勝負を決定づけた。

アトレティコには大舞台での緊張も、旧知の相手に対する慣れ合いもなく、勢いよく試合をスタート。ピッチの至る所で気迫を見せ、相手に果敢に挑んでいった。その先頭に立ったのがファルカオで、最初の40秒で2本のクリアボールをブロック。この積極的なプレーはすぐに奏功することになる。

ペナルティーエリアでジエゴのパスを受けた時点では、DFフェルナンド・アモレビエタが立ちはだかっていたため、危険はないように見えた。しかし、ファルカオがボールをまたいでフェイントをかけると、アモレビエタが足を滑らせる。この隙を突いたファルカオがカーブをかけた鮮やかな一撃を放ち、ボールはゴール前に戻ろうとしたジョン・アウルテネチェをかわしてファーポスト内側に収まった。

28年ぶりのイバイサバル河での優勝クルーズを夢見ていたアスレティックだが、これでいきなり出鼻をくじかれた。最年少の19歳のイケル・ムニアインが果敢なプレーを披露したものの、34分、平均年齢24歳のチームは自らのミスで2失点目を招いてしまう。

アモレビエタがペナルティーエリア端でもたつき、ミランダにボールを奪われる。ミランダからパスを受けたアルダ・トゥランがセンタリングを入れると、これをファルカオがシュートを打つ振りをしてボールを引き、アウルテネチェを欺いてネット天井に蹴り込んだ。

これであとがなくなったアスレティックのマルセロ・ビエルサ監督は、中盤の強化と攻撃の活性化を図るべく後半開始からメンバーを入れ替える。しかし中盤で存在感を示すマリオ・スアレスに加え、ジエゴ、アドリアン・ロペス、そしてアルダが最終ラインの前で統率のとれた守備を見せ、アトレティコのリードが揺らぐ瞬間はなかった。

反対側のゴール前では、ファルカオがハットトリックに迫ったが、シュートは途中で方向が変わってポストに阻まれる。しかしカウンターからジエゴが3点目をマーク。アモレビエタをかわすとゴール下隅に蹴り込んだ。アスレティックは終盤になってイバイ・ゴメスがクロスバーをたたく惜しいシーンをつくったがあえなく完敗。トロフィー獲得の夢は、5月25日に控えるFCバルセロナとのスペイン国王杯決勝へと持ち越しになった。一方のアトレティコとファルカオは、またしてもゴールラッシュを披露し、見事に栄冠を手にした。

©UEFA.com 1998-2011. All rights reserved.

 

松田直樹選手が逝去

最初に入院の報を聞いた時は、下手したら引退なんかなぁ・・・せっかく現役にこだわってJFLの松本山雅に移籍したのに気の毒すぎるやんなぁ・・・くらいにしか思ってませんでした。

そう、程度の差はあれど、いずれ回復して退院するのが当たり前だという意識だったのです、私の中では。

まさかそのまま天に召されることになるなんて、思わないじゃないですか・・・。

AEDの有無が一部で取り沙汰されているようですが、彼が倒れた時の状況を詳しく知り得る立場にないので何とも言えず、仮にAEDがすぐ使えても難しい状況だった(機能を発揮できるケースとそうでないケースとあるようで必ずしも万能ではない)というのもネットでチラホラ目にしましたし、それ以前にクラブも自分とこの至宝に対してできる限りのことはしたでしょうから、それでもこういった非常に残念な結末には、サッカーに一途だったからで神に愛されすぎたんだと思うしかないのでしょうか・・・フォエやプエルタらのケースが日本でも起きてしまったいうことで、せめて医療方面に関して何かしら再考のきっかけになることを願ってやみません。。

・・・というか、未だに訃報が信じられなくて、あっちでもレッドカード喰らっちゃった、とか言って姿をひょっこり見せるんじゃないかと現実逃避しかけている自分がいます。マリサポじゃない私でもこうなんですから、マリサポや山雅サポの心中は察して余りあります・・・。

心より謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

Matsuda

松本山雅の松田直樹選手が死去 元日本代表
【2011年8月4日 信濃毎日新聞】

 練習中の2日に急性心筋梗塞で倒れ、松本市の信大病院に入院していたサッカーの元日本代表DFで日本フットボールリーグ(JFL)、松本山雅FCの松田直樹選手が4日午後1時6分、同病院で死去した。34歳。

 松本山雅の大月弘士社長や加藤善之監督によると、松田選手は同市梓川の梓川ふるさと公園多目的グラウンドで2日午前9時半ごろ始まった練習で、最初のメニューの15分間ペース走を終えて体調不良を訴えた。脈拍を測りながらストレッチをしている時に、同10時前に寝転がるように倒れ込んだという。

 そのまま意識を失ったため、チームスタッフが119番通報。チームトレーナーらが人工呼吸や心臓マッサージの応急処置をした後、救急隊員が電気ショックなどで心肺蘇生を試みた。その後、救急搬送された同病院で治療を受けていた。

 松田選手は群馬県出身。前橋育英高からJリーグの横浜マリノス(現横浜Fマリノス)に加入し、昨季までの16年間でリーグ戦通算385試合に出場。日本代表にも選出され、2002年日韓ワールドカップ(W杯)にも主力として出場し、初の16強進出に貢献した。

 昨季限りで横浜を戦力外となり、今季から松本山雅に加入。Jリーグ2部(J2)昇格を目指すチームの主柱として大きな存在感を発揮し、リーグ戦は4月の開幕から7月23日まで15試合に先発フル出場した。

小嶺元監督、早世を悔やむ…松田さん死去
【2011年8月4日 スポーツ報知】

 元日本代表DFの松田直樹さんが4日午後1時6分、長野県松本市の信州大病院で死去した。34歳だった。

 高校サッカーの強豪、国見で長く監督を務め、U―17(17歳以下)日本代表監督としても松田さんを指導した小嶺忠敏・長崎総合科学大教授は「指導者としても日本を担う人材を失ってしまった」と悼んだ。

 小嶺氏は松田さんの資質を見抜き、FWからDFにコンバート。長身と身体能力に加え「意外と素直なところがあり、DFに大事な周囲との信頼関係を築ける選手だったこと」が理由だった。

 松田さんはその後「日本最高のDF」と呼ばれるまでに成長し、02年W杯日韓大会などで活躍。今季からは日本フットボールリーグ(JFL)の松本山雅で再出発したが「そこまで活躍した選手がJFLでやるのは勇気がいる。その経験は指導者になって生きるはずだった」と悔やんだ。

 最後に会ったのは「2年前くらいに横浜でやったU―17代表の同窓会」という。7月には小嶺氏が1月まで社長を務めたJFL、V・ファーレン長崎が、本拠地で松本山雅と対戦。松田さんは「あいさつがしたい」と恩師の姿を探していたというが、小嶺氏は海外に出かけていて会えなかったという。

松田選手の死、「とにかく悔しい」=クラブの加藤監督らが会見―サッカー
【2011年8月4日 スポーツナビ:時事通信】

 「とにかく、非常に残念というか、悔しい」―。サッカー元日本代表DFで日本フットボールリーグ(JFL)松本山雅FC所属の松田直樹選手が死去したのを受けて、クラブの大月弘士社長、加藤善之監督と信州大学医学部付属病院(長野県松本市)の岡元和文医師らが4日午後、記者会見を開いた。冒頭にそう語った加藤監督は終始、うつむき加減で、厳しい表情だった。
 松田選手が倒れた際、グラウンドなどに自動体外式除細動器(AED)の準備がなかった。急性心筋梗塞を発症した際のAEDの有効性について記者から質問された岡元医師が、「われわれには常識になっている」と答えると、加藤監督は口をきつく結び、涙をこらえるように表情をこわばらせた。同監督は「今でも選手の、仲間のところに戻ってほしい。それだけです」と言い残し、涙を拭きながら会見場を後にした。
 一方、大月社長は、最期をみとった松田選手の兄から「直樹がお世話になりました。直樹の夢は本当にJリーグに上がることだった。途中でこういう形になって申し訳ないが、夢をみなさんに託したんで頑張ってほしい」と伝えられたことを明かした。また、ファンから届いたお守りを松田選手の胸に置くと、脈が安定したと話していたという。大月社長は「約束は必ず果たさなければいけない。改めて決意を誓った」と語った。