ルーキー染谷の初ゴールで京都勝利・・・J1第15節

先週から再開したJ1ですが、サンガはというとアウェーで大宮相手に敗戦で李正秀レッドというオマケ付き。今節は夜までずーっと情報を遮断してKBS京都での録画放送すら見なかったのですが、なんでそんな時に限って染谷君の初ゴールで先制という展開で勝ったりするかな・・・。勝ったのはとても喜ばしいことなのですが、ファンとしてはちょっと複雑な心境です(苦笑)。

2009 J1 第15節

京都 2-0 広島
磐田 2-3 柏
浦和 2-0 神戸
千葉 0-2 大宮
FC東京 2-1 清水
山形 0-1 川崎
横浜FM 1-2 G大阪
新潟 2-1 名古屋
大分 1-2 鹿島

試合内容はパッとしなかったみたいなのですが、前節まで嫌な流れだったので勝利という結果が欲しいところでしたし、夏の西京極で内容を求めるのがどだい間違いなわけで(サンガでも監督のコメントでは豊田がバテ気味らしいし・・・東北の夏とはぜんぜん違うもんね)。

なによりルーキー染谷君の初ゴールは嬉しいし、今季のJで屈指の攻撃力を誇る広島を無失点で抑えたのもいいですね。なにしろ李正秀がいなかったのだから。今試合のように夏が終わるまではしぶとい戦い方で勝利を拾っていけばいいと思います。

さて、他会場ですが、大分はせっかく先制していたのにとても残念でしたね。昨年の躍進からすると12連敗なんて信じられませんが、怪我人の多さや内容は悪くないのに勝てないとか、歯車が噛み合ってない時は得てしてこういうものなのでしょうか・・・。ここで短気をおこしてシャムスカさんを切ってしまっては他クラブを喜ばせるだけでなく大分と日本サッカーにとっても不幸なことだと思うので、仮に今後も結果が伴わない事態になってもシャムスカ体制は維持してほしいと願ってます。

・・・つーか、どうしても大分さんがシャムスカ監督を手放したいのなら、彼にはぜひ京都にお越しいただきたいものですが(をい)。

ルーキー染谷の初ゴールで京都勝利・・・J1第15節」への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。