長友がインテル移籍後初ゴール!

セリエA初ゴール、おめでとう!>長友

セリエA 第28節

インテル・ミラノ 5−2 ジェノア

ほぼ大勢が決してからとはいえ、ハルジャからのパスにDFを背負いながら巧く体を使って反転してのシュート。いや、見事でした。なにより、初ゴールがホームのサン・シーロでというのがまたいいですね。チームメイトやレオナルド監督がとても喜んでくれていたのにもジーンときました。

それと、サネッティとのおじぎパフォーマンス、すっかり定着したようですねw

この調子でチームに一層馴染んで勝利に貢献してほしいと思います。

長友ジェノア戦、一問一答【Goal.com 2011年3月7日】
125652

インテルDF長友佑都は6日、セリエA第28節のジェノア戦で後半途中から出場し、チーム5点目となるゴールを記録した。イタリアでの初得点を挙げた長友は、試合後のミックスゾーンで喜びを表している。

-セリエA初ゴール、いかがでしたか?
「このサン・シーロで、ホームのスタジアムでゴールを決められて、こんなに気持ち良いことはなかったですね」

-(ゴール前が)混戦のようになって、決められる予感はしましたか?
「敵の動きもちょっと見えていたんで、重心を逆に取ればシュートを打てるなと。自分の前にボールを運ぶんじゃなくて、後ろに反転しながら…というイメージどおりにできたんじゃないかと思います」

-レオナルド監督に抱きついていましたが。
「監督に感謝の気持ちがあるんでね。プレーで恩返ししたいという気持ちが強かったんで、良かったと思います」

-このゴールは誰に捧げたいですか?
「(誰か)一人というのはないですね。チームメート、あとはスタッフやサポーターの皆さんです」

-入る前に監督には何を言われましたか?
「しっかり守備をやって、それから自分の特長である攻撃に出ていけと」

-一番喜んでくれたチームメートは?
「誰だろう…(ハビエル・)サネッティだったり、(ヴェスレイ・)スナイデルも結構喜んでくれた」

-サネッティはいつも“先輩”ですよね。面倒を見ているという感じがします。
「そうそう。すごい面倒見てくれているし、普段の練習からああいうお辞儀を毎日やっているので」

-「ゴール決めたからスシおごれ」とか言われませんでした?
「それは決める前から言われているので。レストランに早く行くぞ、って」

-ゴールを決めたときは何を思いましたか?
「どうだろう…興奮して頭が真っ白でした。何かパフォーマンスしようかと思ったんですけど」

-前半のインテルは力が出せずに押されていましたが、ベンチから見ていてどうでしたか?
「アグレッシブさが欠けていたかなと思いましたね。それはレオナルドもハーフタイムに言っていたし、もう少し守備のときにもアタックするとか、ボールを奪いに行くことにこだわってやれば良いんじゃないかなと思いましたし、監督もそう言っていました」

-ミランとの勝ち点差は5ポイントです。逆転スクデットの可能性はどれくらいあると思いますか?
「どのくらい…僕は高いと思っています。ミラノダービーがあるので、そこで勝てばまだまだ(優勝が)見えてくると思うし、しっかり自分たちのサッカーをやれば、絶対にやれると思っているので、自信を持って、皆を信じて進んでいきたいです」

-長友選手もゴールを決め、勢いがつく良い勝ち方でしたが、チームの調子もどんどん上向いていく感じがありますか?
「雰囲気もすごく良いしね。どんどん良くなっていくと思うし、そう信じています」

-点を取ろうと(前線へ)上がっていたんですか?
「取りにいってましたね(笑) 速攻でシュートを打ちましたし。取りたくてしょうがなかったです。とりあえず、(決められて)良かったです」

-(ピッチに入って)最初にシュートを打ったときに、スナイデルが拍手していました。
「普段から仲が良いんでね。ゴールを取れって言われていたし、今日もボールを出してくれた。感謝したいですね」

-だいぶパスが出てくるようになりました。
「皆が本当に僕の特長を分かってくれ始めたので。逆に僕も、チームの戦術や仲間の動きが分かってきたし、やりながら良くなってきたと思います」

-かみ合っているという感じがしますか?
「徐々にね。練習から大きいゲームをやるわけじゃないし、試合の中でどれだけ皆と合わせられるか、ぶっつけ本番みたいな感じなので」

-今はちょうど試合間隔が空いて、練習の時間が持てますよね。連係が高められるということや、インテルで練習して学べたことがあるのでは?
「学べることが多すぎて…。一人ひとりの技術もそうだし、サッカーの考え方とか判断とか、僕としてはすべてにおいてが『学び』です。できるだけすべてを吸収しようと日々やっています。成長しているかなと思います」

-今夜は何かお祝いか何かするんですか?
「まったくないです、一人なんで(笑)。寂しく一人でお風呂に入ってストレッチします」

-大事なダービーの前に日本代表に呼ばれるかもしれませんが…
「もちろん(招集に応じる)。代表はやっぱり誇りなので。代表が育ててくれたというのもあるし、日本サッカー協会、サッカー界に恩返ししたいという気持ちが強いんでね。呼ばれるのは光栄なので、行きたいです」