キリン杯&W杯予選メンバー:山田直輝と槙野智章が初選出

まずは・・・

山田君、槙野君、
代表初選出おめでとう!

キリン杯とアジア最終予選6月シリーズ(?)が1週間しか開いてないので・・・というかそういう日程を組んだんでしょうかね・・・まとめてというところなんでしょうけど、う~ん・・・。

予選はあと1つ勝てばOK、最悪2分けでも・・・という状況ですし、岡田監督に本選は全く期待していないので、もう好きにしたらぁ~~~、というのがしとらすの思いですが(苦笑)、レッズの山田は興味深い選出。A代表の中でどんなプレーを見せてくれるか楽しみやし、1回でも出してもらえたらいいですね。

しとらす的には、蘭2部リーグMVPを引っさげて帰ってくる圭佑に一番期待したいです。

FWはたいていの人がケチつけそうですね(苦笑)。上海でのACLで傷害罪の被害にあった興梠のケガの具合が心配なのはもちろんですが、ブンデスで試合に出ていない嘉人とケガ明けでピクシーですら起用に慎重な玉田を無理に呼ぶのなら、いい機会だから渡邉千真や長谷川悠を呼んでみたらよかったのにさ。

ヤナギや森本にもシカトしてるし、この人のFW選びの基準がわかりません。
まぁ、この2名+寿人も使いこなせない人ではあるんだが・・・。

キリンカップサッカー2009 ALL FOR 2010!
2010FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選
日本代表メンバー

GK
楢崎 正剛(名古屋)
都築龍太(浦和)
川島永嗣(川崎)

DF
中澤佑二(横浜FM)
山口智(G大阪)
闘莉王(浦和)
駒野友一(磐田)
今野泰幸(東京)
長友佑都(東京)
槙野智章(広島)
内田篤人(鹿島)

MF
中村俊輔(セルティック)
橋本英郎(G大阪)
遠藤保仁(G大阪)
中村憲剛(川崎)
松井大輔(サンテティエンヌ)
阿部勇樹(浦和)
長谷部誠(ヴォルフスブルグ)
本田圭佑(VVV)
香川真司 (C大阪)
山田直輝(浦和)

FW
玉田圭司(名古屋)
大久保嘉人(ヴォルフスブルグ)
矢野貴章(新潟)
岡崎慎司(清水)
興梠慎三(鹿島)



日本代表メンバー発表 岡田監督会見/キリンカップ2009、W杯・アジア最終予選
【スポーツナビ 2009年5月21日】

登壇者:
原博実(日本サッカー協会技術委員長)
岡田武史(日本代表監督)

<キリンカップ2009、W杯・アジア最終予選 招集メンバー>

GK:楢崎正剛(名古屋)、都築龍太(浦和)、川島永嗣(川崎)

DF:中澤佑二(横浜FM)、山口智(G大阪)、田中マルクス闘莉王(浦和)、駒野友一(磐田)、今野泰幸(FC東京)、長友佑都(FC東京)、槙野智章(広島)、内田篤人(鹿島)

MF:中村俊輔(セルティック/スコットランド)、橋本英郎(G大阪)、遠藤保仁(G大阪)、中村憲剛(川崎)、松井大輔(サンテティエンヌ/フランス)、阿部勇樹(浦和)、長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)、本田圭佑(VVV/オランダ)、香川真司(C大阪)、山田直輝(浦和)

FW:玉田圭司(名古屋)、大久保嘉人(ボルフスブルク/ドイツ)、矢野貴章(新潟)、岡崎慎司(清水)、興梠慎三(鹿島)

■5試合を通して戦うメンバーとして26名を選んだ

 1978年から始まったキリンカップ、当初はジャパンカップといいましたが、今年で30年になります。わたしや隣にいる岡田監督も何度か出場しましたけれど、当時はワールドカップ(W杯)に出るのが夢のような話であった時代の中、キリンさんには本当に長い間サポートしていただきました。お陰で日本代表が何度かW杯に出場できるようになったことは本当にありがたく、心から感謝しております。

 今年のキリンカップは、強豪のチリとベルギーが来ます。その2試合のあとに、われわれにとって本当に大事なアジアの(W杯)最終予選が待っています。ここに向けて、全員で力を合わせて、いい結果にしたい2試合でありますし、皆さんの温かい声援をお願いします。いろんな状況ではありますが、ぜひ会場に来ていただき、また会場に来られない方は、テレビの前で応援していただきたいと思います。

岡田 今回、技術委員長からありましたように、キリンカップ2試合、W杯予選3試合、トータル5試合を通して戦うメンバーとして26名を選びました。このメンバーに関しては、現状、Jリーグなどを含めて、まあJリーグでは日によって出来、不出来もありますが、ある程度われわれが力をつかんでいる選手、それとともに、新たな刺激を与えてくれる選手、両方を考えてバランスのよい選定をしたつもりです。ともかく、まずはウズベキスタン、カタール、オーストラリアとのW杯予選に勝つために、このメンバーを選びました。26名という数は少し多いと感じられる方もいるかもしれませんが、これに関してはわれわれは5試合をこのメンバーで戦っていく、それとともに、その間にいろんな経験やコミュニケーションをとってもらいたい、という思いも込めて26名を選んでいます。

――3週間にわたる招集になるが、この間にどうやって選手をリフレッシュさせるのか。それから、ウズベキスタン戦以降が消化試合になってしまった場合、どうやって選手のモチベーションを維持させるのか?

岡田 正直、ちょっとタイトなスケジュールになってしまうので、キリンカップに関しては、ウズベキスタン戦でベストのコンディションに持っていけるように考えた上での戦い方になると思います。そういう意味でスタメン、途中で出るメンバーの(出場)時間(を考慮し)、それから第1戦の翌日は完全フリーにします。第2戦の翌日もフリーにして、そしてウズベキスタン戦に集中していけるようにします。ウズベキスタン、カタールとやったあとに、またフリーの時間を与えようかと思っています。ここは本当に最終予選の大事なところだと選手も分かっていますので、リフレッシュはそれほど必要ないと思いますけど、このところゴールデンウイークを含めて連戦していますので、ちょっと気をつけていきたいと思います。

 もし早めに出場権が取れたら――これに関しては、あまり心配しておりません。われわれの目標というのは出場権を取ることではなくて、あくまでW杯ベスト4を目指して本気でチャレンジしていくということですので、出場権を取ったことでモチベーションが落ちるようでは話にならないと思っています。

■山田はみんなにスイッチを入れるプレーヤー

――山口、槙野、山田の3選手を選んだ理由は?

岡田 山口に関しては、当初は寺田(周平=川崎)を考えていたんですが、けがで無理だということで、ここはある意味バックアップになってくると。とすると、経験があって、チームにプラスのメンタリティー、そしていざというときにはボールをつないだり、ディフェンスを統括できるような選手、ということで山口を選びました。

 槙野に関しては、サンフレッチェでは3バックのストッパーなんですけど、4バックではほぼ左のサイドバック、この前のナビスコカップでは右になっていましたけど。彼に関しては非常に未知数ですが、攻守でポテンシャルを感じるところがあって、一度呼んでみたいと思っていました。

 それから山田。彼はまだ18歳ということで、ともかく目の前のことを必死でやっている状態だろうと。こういう時に代表に呼ぶのはどうだろうかと、非常に考えました。彼の性格とか、こういうことで勘違いしたり、または臆病になったりする選手ではないという情報を得ています。今、レッズにおいてもそうですが、田中達也のように、まず彼が動き出すことで次の選手が動き出す、みんなにスイッチを入れるようなプレーヤーということで、今回、達也がいない中、そういうスイッチを入れる選手――すぐに試合に出られるかどうかは別ですけど、呼んでみたいということで招集しました。

――次のウズベキスタンに勝利すれば4大会連続でW杯出場が決まるが、今の心境は?

岡田 客観的に見て、あと勝ち点3で(出場権が)取れると。あと一歩のところまで来たと思われるのは当然だと思います。ただ、わたしはたくさんの経験をしてきましたし、いろんなものも見てきました。勝負の世界で「もう大丈夫だ」と言われて、そこから覆ったことを何回も見てきました。その時、周りの人は何と言うかというと「まさかそんなことが起こるとは」――それで済みます。しかしわれわれは、それでは済みません。その意味でわれわれは、まだ何も手にしていない。(目標に)近づいたかもしれないけど、何も手にしていない。

 選手によく話すんですが、わたしの北海道での友人である解体屋の社長さんが話してくれたんですけど、100メートル以上の煙突を解体する前にてっぺんから(下を)見ると怖くて仕方がない。ところが20メートルから15メートルくらいまで下りてくると、もう飛び降りても大丈夫なように感じる。もちろん、飛び降りたら死んでしまうわけです。事故が起こるのは、ほとんどそこから下だと。結局、われわれは15メートルくらいのところまで来たのかもしれないけれど、今できることは一歩ずつ、はしごを使って下りていく以外にないんです。そういう意味でわたしは、次のウズベキスタン戦に勝つためにベストを尽くすと。ただそれに集中するだけ、という気持ちです。

■本田には得点を期待している

――海外組の合流予定は? また、本田に期待することは? それと興梠のけがの状態について教えてほしい

岡田 まず海外組についてですが、本田はすでに帰国しているので合宿初日から参加できます。長谷部と大久保に関しては、チームの優勝が懸かった試合が23日にあります。24日の便に乗れば25日の練習に間に合います。ただ、その日に飛行機に乗ってもらえるかどうかはボルフスブルクの監督次第なのでまだ未定です。中村俊に関しては、以前から言われているように、26日に帰国する予定です。松井は(6月2日に)ウズベキスタンで合流することになっています。彼らに期待することはいつも通りで、やることも分かっていると思います。

 本田に関しては、2部ながら36試合で16得点という成績を残しました。おそらくJリーグの日本人で出場試合の半数近くゴールを決めたのは、高原(直泰)と中山(雅史)くらいだと思います。レベルがどうかは別にして、それだけ得点を取ったということで、得点に期待しています。それ以外の選手はいつも通りです。興梠は今日(20日)の午前中にCT検査をして「異常はない」ということでした。ただ、痛みがまだ残っているので、チリ戦に間に合うかどうかは未定です。そういう報告を受けてます。

――この期間でチームをどう強化するつもりか?

岡田 そういうことを考えていないわけではないですが、今は選手をウズベキスタンに勝つことに集中させたいので、現時点ではわたしの口からどうこう言うことはありません。選手たちの集中力をウズベキスタン戦に最大限に持っていきたいと思っています。

――ウズベキスタンについてはどう分析しているのか?

岡田 前回戦った時から新しい選手が何人か入っているようですが、戦い方自体は大きな変化はないのではないかと思います。急きょ、(ウズベキスタンが)親善試合をやることになったという情報が入っているので、それをコーチに見てもらって、それから判断したいと思っています。

■玉田や大久保らFW陣は心配していない

――田中達がけがで招集できず、玉田は負傷明け。大久保はあまり試合に出ていない。FW陣は少し心配な状況だが、監督はどう考えているのか?

岡田 ほかの選手が過密日程で疲れている中で、元気なんじゃないかと期待しているんですけど。けがをしてプレーしていないといっても、1カ月、2カ月も休んでいるわけではないですし、けがに関しては心配していません。大久保についても、コーチにドイツに行って練習を見てもらいましたが、あのチーム(ボルフスブルク)は練習のほとんどが紅白戦で、それも1時間近くやっています。(試合は)紅白戦と違うとも言われますが、ゲーム感覚に関しては心配する必要はないんじゃないかと思っています。それ以外の選手もいますし、十分戦えると思います。

――原・技術委員長に聞きたい。スコットランドで実際に中村俊を見て、彼のコンディションはどうなのか? 故障の心配はあるのか?

 わたしが行った時はレンジャーズとの大一番だったんですが、前の日の練習と試合を見させてもらって、彼とも話しました。足のこと、けがのことを心配したら、それは「もう大丈夫だ」と言っていましたし、試合は激しい雨の中だったんですけど、足のことはあまり気にならなかったですね。トレーナー同士で連絡も取っているし、彼ならいいコンディションで調整してきてくれると思います。

――26人全員をウズベキスタンに連れて行くのか? メンバーの絞り込みの可能性は? また、ウズベキスタン戦で予選突破が決まった場合、選手を入れ替えるのか?

岡田 ウズベキスタンには全員連れて行きます。けが人が出て、どうしても穴が埋まらない場合は(入れ替えの)可能性がありますが、基本的に5試合戦うのに必要なメンバーだと思っています。(出場が)決まったか決まらないかで追加することは考えていません。

――新型インフルエンザへの対策については?

岡田 まず、この記者会見でマスクをしようかと思っていましたが、たぶん記者の方がやってくれるだろうなと思っていました。そうしたら1人しかいませんでした(笑)。

 万が一、選手が1人でも発病した場合に全員拘束になってウズベキスタンに行けないということがあるのか、それとも個人拘束になるのか、そういう場合を考えてフロアを半分に分けるのかなど、その判断については医療サイドと協会に任せています。インフルエンザに関しては、季節性インフルエンザがはやっている時もわれわれはキャンプをしています。その時に注意することとして当然、手洗い、うがい、湿気を保つということは続けていきますが、特にホテルで全員にマスクをさせるといったことは考えていません。集まってどこかに行く時はドクターから指示があるかもしれないですが、こればかりは打つ手はないのかなと思っています。

<了>

キリン杯&W杯予選メンバー:山田直輝と槙野智章が初選出」への3件のフィードバック

コメントは受け付けていません。