日本 4-0 チリ・・・本田&長谷部の凱旋帰国と山田直輝の鮮烈デビューを飾る大勝

キリンカップサッカー2009

日本 4-0 チリ

今回来日したチリ代表は国内リーグ所属の若手主体によるメンバーのようでしたが、序盤での前線からの激しいプレスはさすがビエルサのチームだと思わせたものの、なんとか凌げそうだという予感が漂いはじめた頃に本田の強烈なミドルシュート、GKが弾いたところを岡崎がキッチリつめていて先制ゴール。フィジカルの強さにゴールへの積極性、本田がこの1年でどこがどれほど成長したのかを、オランダの事情を知らない人たちにも充分アピールできたのではないでしょうか。最後に代表初ゴールも決めることができてよかったです。

2点目は・・・なんだ、その・・・中澤じゃないみたい(笑)見事なトラップとパスでしたね。落ち着いて決定機をモノにした岡崎もきょうはとてもよかったですし。

それぞれリーグ優勝を手土産に引っ提げて帰国した本田と長谷部が、自分たちの勲章に相応しいプレーを随所に見せていましたが、玉田の負傷で予想外に早く出番が回ってきた山田直輝も、代表デビューながら(若干のミスもあったものの)安定して質の高いプレーをしていたように思いました。ボールコントロールが正確なだけじゃなくて、豊富な運動量をベースに良いポジショニングとオフ・ザ・ボールの動きに視野の広さなど、フィンケ監督が注目するその才能を随所に見せて今日の勝利に大きく貢献したように思います(マスゴミとのび太監督に潰されないことをひたすら願います)。

チリに粗さが目立ったので割り引いて見ないといけないでしょうけど、今日の後半開始のメンバーでウズベク戦のスタメン組んでもいいくらいかな?


あぁ、あと、試合後にピッチ上で本田と山田を捕まえる小倉は、はっきり言ってウザかった(苦笑)。現役引退してから何覚えたんだか・・・。

4点目のみ↓山田直輝→本田圭佑 代表初アシスト&初ゴール

00046880b
00046882b
00046893b
00046899b

日本 4-0 チリ・・・本田&長谷部の凱旋帰国と山田直輝の鮮烈デビューを飾る大勝」への13件のフィードバック

コメントは受け付けていません。