コートジボワール 2-0 日本・・・代えて、あのセンターバック

投稿者:

闘莉王の顔なんざ正直2度と見たくないですね。オウンゴールは「またか」と嘲笑ですませられるけど、その後ドログバになんてことしやがるんだ!(怒)

国際親善試合@シオン(スイス)

コートジボワール 0-2 日本


TV局の一方的な都合で日本のゴールデンタイムに合わせて真昼間の暑い最中に試合させられた両チームの選手達は本当にお気の毒さまでした。もっとも、まさかTBSも民主党の代表選とバッティングするなんて想定してなかったでしょうけど・・・ざまーみろw

試合は完全に大人と子供。個人も組織もペース配分その他諸々もコートジボワールの方が完全に数回り上でしたね。ドログバの交代で入ったドゥンビアもいいプレーしてましたし。コンディションの関係で内容を要求するのは酷だったでしょうけど、コートジボワールの良い所ばかりが目立ったように思いました。

それにしても、闘莉王のドログバへのあのファール、オウンゴール後から冷静さを欠いてたのはありありでしたが、それでもセンターサークル付近でCBがやるようなプレーかね?(ブラジルのためにやった言うならそれはそれで見事なものですが・・・軽蔑の対象にはなるけど)

そういえば昔Jリーグの試合中に
「代えて!あのFW!」
とのたまった日系ブラジル人選手がいましたっけねぇ・・・。因果応報、そうしたことは自分に跳ね返ってくるもので(苦笑)。年齢を重ねてもラフプレーがとやかく言われる選手ですが、今回のプレーで悪評が広がってライバルチームや審判団にマークされることは必定でしょうし、そもそもメンタル的に使い物にならないような気がします。この場に及んでも岩政に替える度胸は岡田監督には無いでしょうけど。

※後述:ドログバ、右腕骨折で手術ですか・・・orz
なんとか本番に間に合ってくれるといいですが、ともかくこれでオランダ・デンマーク・カメルーンを全力で応援する理由がまた1つ増えました。

10件のコメント

  1. ピンバック: zara's voice recorder
  2. ピンバック: Sky7FC 1982
  3. ピンバック: スポーツ瓦版
  4. ピンバック: merseysideに佇んで
  5. ピンバック: ASAのBlog体験版
  6. ピンバック: 宴の痕

ただいまコメントは受け付けていません。