2011FIFAバロンドールにリオネル・メッシと澤穂希が受賞

投稿者:

2010年度から欧州のバロンドールとFIFA最優秀選手賞が合わさったのは知ってましたが、日本人選手にはまだあまり縁がないもんだし、今年もどうせメッシだろうなぁ・・・なんて思ってたら・・・そうか、女子部門もあったんですね。選手として澤さんが、監督として佐々木監督が受賞されたそうです。御二方とも、おめでとうございます!

※FIFAバロンドール:公式サイト
http://www.fifa.com/ballondor/

それにしても・・・いや、快挙だと一言で片付けるのが勿体ないというか・・・男女を通じてアジア人では史上初とかいうお題目以前に、メッシの隣に堂々と並んでトロフィー持って写ってるいうのんがまず凄い(そこですか?!)。しかも和服というのがまたポイント高いですね。
Apx201201100002
なんにしろW杯優勝を筆頭とした彼女の実績が正当に評価されたのはとても喜ばしいかぎりです。今回の受賞がロンドン五輪に向けての景気付けになるといいですね。

 

沢がサッカー世界最優秀選手 アジア人男女通じ初
【朝日新聞 2012年1月10日】

 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、スイスのチューリヒで2011年の年間表彰式を行い、昨年の女子ワールドカップ(W杯)で日本女子代表(なでしこジャパン)の主将として初優勝に貢献し、MVPと得点王を獲得したMF沢穂希(ほまれ、33)=INAC神戸=が女子世界最優秀選手に選ばれた。なでしこジャパンの佐々木則夫監督(53)も女子の世界最優秀監督に選出された。ともに男女を通じてアジア初の快挙。男子世界最優秀選手はスペイン1部リーグ、バルセロナのFWメッシ(アルゼンチン)が3年連続で受賞した。

 沢は表彰式に水色の着物で登壇し、「この賞を糧に日々精進していきたいと思います」と語った。

 FIFA加盟の代表チームの監督、選手と選ばれた記者の投票で選出された。

 

7件のコメント

  1. ピンバック: りゅうちゃん別館
  2. ピンバック: 宴の痕

ただいまコメントは受け付けていません。