マイクロソフト、Windows 7 RC版を一般公開

日本語版は今日7日の予定とされてましたが、昨日あたりからダウンロードできてたみたいですね。もっとも、連休中よりも平日の方が空いているだろうと思って、GW明けまで待ってダウンロードしましたが・・・。

β版ではビルド番号が7000だったのですが、RC版では7100になってました。

それと、β版→RC版にする場合は、アップグレードではなくクリーンインストールを、のようです(β→RCへのアップグレードは非推奨)。ドライブにセットした時に選択画面が出てくるので、注意しないといけませんね。

マイクロソフト:「Windows 7 にようこそ」
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/

窓の杜より↓
Windows7rcup_1r

Windows7 RC版での推奨ハードウェアの最小要件は次の通り。

・1GHz 32ビットまたは 64ビットのプロセッサー
・1GB 以上のシステム メモリー
・16GB の空きハード ディスク領域
・128MB のメモリーを搭載した DirectX 9 をサポートするグラフィックス (Aeroテーマを有効にする場合に必要)
・DVD-R/W ドライブ
・インターネット アクセス (Windows 7 RC版のダウンロードと更新プログラムの入手に必要)

尚、Windows7をダウンロードするにはWindows Live IDで登録する必要があります。また、RC版は6月中は提供される予定で、ダウンロードやプロダクトキーの数の制限もないそうです。

RC版の使用期限は2010年5月31日、さらに、2010年3月1日から警告とともに、2時間ごとにPCがシャットダウンされるとか。来年2月までは使い倒せるということですね(笑)。

β版でもさほど不自由なく使えてましたが、RC版もかなり安定してるようです。しばらくXPとのデュアルブートを維持したまま使っていこうと思います(ただし、このデュアルブートの状態からWindows7をアンインストールするにはちょっと工夫が必要なようですが・・・)。