Googleが独自OS開発、「Google Chrome OS」発表

投稿者:

ブラウザChromeに続いてOSにまで手を伸ばしてきましたか。Linuxベースのオープンソースでかなりシンプルなものになるそうですが、実際どんなのになるんでしょうね?

しとらすはネットブック持ってないし、自分のPCにはChromeをインストールしていませんが、Chrome OS は対象がネットブックからフルサイズのデスクトップPCまでだそうで、リリースされたら1度は試してみてもいいかもしれないかな。Windowsみたいな閉鎖的なのなら絶対に使わないけど(苦笑・・・単にマイクロソフトがグーグルに置き換わるだけで意味が無い)。

ただ、これってネットブックの登場がここまでの事態を引き起こしたことになるんでしょうか?いずれにしろ、こうした“小さいもの”がソフト的にもハード(スペック)的にもマンモス化したマイクロソフトの牙城を崩すことになれば、かなり痛快ではありますが。


グーグル、「Google Chrome OS」を発表――来年には搭載ネットブックがお目見え
 ~Linuxベースのネットブック向け軽量OS、Webアプリの利用に最適化

【Computerworld.jp 2009年7月8日】

 米国Googleは7月7日夜(米国時間)、同社の公式ブログへの投稿で「Google Chrome OS」プロジェクトを発表した。今年後半にソースコードを公開、2010年後半に一般向けリリースを行い、各社からChrome OSを搭載したネットブックも発売される予定だという。

 公式ブログへの投稿によると、Chrome OSは軽量なOSで、ネットブックを主なターゲットにしているという。対応アーキテクチャは「x86およびARM」で、2010年には同OSを搭載した複数モデルのネットブックが各OEMから発売されるとされている。

 Chrome OSは「起動後、数秒でWebアクセスが可能」であり、Webアプリケーション中心の利用が想定されているようだ。ユーザー・インタフェースはそうした利用法に合わせた「ミニマム」なもので、「スピード、シンプルさ、そしてセキュリティがChrome OSの特徴」(ブログ投稿より)と紹介されている。

 また、アプリケーション開発者に対して「Chrome OSの開発プラットフォームはWebである」と説明していることから、同社のWebブラウザ「Google Chrome」のみが起動するシンプルなOSであるとも考えられる。公式ブログでは「『Linux カーネル上で動作する新しいウィンドウシステム内で動作する Google Chrome』というシンプルな」アーキテクチャであると説明されている。

 発表によると、開発プロジェクトについてはすでに複数のパートナーと議論を進めており、オープンソース・コミュニティとの作業も近いうちに開始できる見込みだという。

 なお、Chrome OSプロジェクトは、同社のスマートフォン/MID向けOS「Android」プロジェクトとは独立したものだと説明されている。Androidは携帯電話、セットトップ・ボックス、そしてネットブックといった幅広い領域をターゲットにしているが、Chrome OSはネットブックから一般的なデスクトップPCまでの、処理能力の高いコンピュータ群をターゲットにしている。

 Chrome OSは、最近注目を集めている「スマートブック」(ARMアーキテクチャ・ベースのネットブック)に対する最適解になる可能性がある。今年6月の「COMPUTEX Taipei 2009」ではAndroidを搭載したスマートブックのプロトタイプが披露されたが、英国ARMの幹部を始め、業界関係者からは「Androidをネットブックに対応させるには多くの作業が必要」 との指摘がなされていた。一方、米国Microsoftはスマートブックには参入しない方針を示している。

グーグルの「Chrome OS」開発にHPやエイサーが参加
 ~クアルコムやアドビ、ASUS、レノボなども名を連ねる

【Computerworld.jp 2009年7月9日】

 米国Googleが7月7日に発表した「Google Chrome OS」の開発プロジェクトに、Hewlett-Packard(HP)やAcerなどがパートナーとして参加していることが明らかになった。
7月8日付けのGoogle Chrome公式ブログ

 Googleは8日付けのChrome公式ブログで、Chrome OSに関するQ&Aを掲載した。その中で、同OSの開発に協力している企業として、Acer、Adobe Systems、ASUSTeK Computer、Freescale Semiconductor、HP、Lenovo、Qualcomm、Texas Instruments(TI)を挙げている。

 興味深いのは、HPと並ぶ世界的PCベンダーであるDellの名前がなかったことだ。また、Qualcommなどが名を連ねる一方で、Intelは含まれていない。

 Googleは同ブログで、「Chrome OSチームは現在、優れたユーザー・エクスペリエンスを提供するべく、これらの企業と共同で開発に取り組んでいる」と述べている。

 Chrome OSの開発パートナーとして名前が挙がっているHPに対し、この件でコメントを求めたが、現時点で返事は得られていない。

 Chrome OSは、“Webセントリック”を目指したネットブック向けの軽量OSで、x86とARMアーキテクチャに対応する。一般リリースは来年後半の予定で、Windows 7の有力な対抗馬になると見られている。