Appleが新型「iPhone 4S」をリリース・・・そしてApple創業者のスティーブ・ジョブズ前CEOが逝去

投稿者:

デュアルコア搭載の新型iPhoneがアップルから発表されました。ハードだけでなくソフト面でも新たな機能が搭載されたり、日本でソフトバンクの独占が崩れauからもリリースされることが正式に公表されるなど、早くも話題が尽きない状況ですが、しとらす的にはモデルナンバーが「5」でなく「4S」というのが引っかかります。CPU「A5」がデュアルコア化されただけではなくGPUもデュアルコアだそうで、これだけでも大きな確信につながると想像できますが、そこを敢えて「5」と銘打たなかった理由を知りたいものですね。

もっとも、私は昨年 iPhone 4 を購入した時から次の次のiPhoneもしくはAndroid狙いなので、iOSのバージョンアップ以外は気にもとめてませんが・・・。

それから「iPhone 4S」発表の翌日にスティーブ・ジョブズ氏の訃報が飛び込んできました。思えば8月にCEOの座をティム・クック氏に委譲した時点で此方の予想以上に体調が思わしくなかったんでしょうね。長く院政体制でも敷くのかとすら思ってましたが正反対でした。まぁ公表のタイミングが・・・(ry

ともあれ時代の歯車を大きく動かした1人である氏に謹んでご冥福をお祈りします。

20111006_jpreuterscom

 

iPhone 4S発表――日本では10月14日にソフトバンクに加えてauからも販売。iOS5,iCloud搭載
【技術評論社:馮富久 2011年10月5日】
001

米国時間2011年10月4日,Appleは同社のスマートフォンの最新版「iPhone 4S」を発表した。

iOS5を搭載,クラウドソリューション「iCloud」の利用も可能に

今回,iPhone 4のバージョンアップという位置付けだが,OSのアップデートの他,各種ハードウェアの刷新,ソフトウェアの標準インストールなど,メジャーバージョンアップに相当する部分が多々あった。

「通知センター」や「iMessage」。Twitterがネイティブアプリに

中でも,大きなバージョンアップとなるのが「iOS5」。すべてのお知らせを一元管理する「通知センター」やiOS5端末同士によるメッセージング機能「iMessage」,各種ニュースフィードをカスタマイズして購読できる「Newsstand」,利便性が向上したToDo機能「リマインダー」など,約200の機能が追加された。また,iOS5より,マイクロブログツールTwitterが,OSネイティブのアプリケーションとして動作するようになった。 iOS5の正式リリースは2011年10月12日となっている。

パーソナルクラウドソリューション「iCloud」

Appleが発表した個人向けクラウドソリューション「iCloud」も利用できるようになる。iCloudは,オンラインストレージとして,ユーザ自身が所有する音楽や写真,各種ファイルを管理・保存し,ユーザのデバイスにプッシュすることができる。

デュアルコアチップA5,カメラは800万画素に

ハードウェアの刷新も行われた。チップはデュアルコアA5チップとなり,これまでに比べて処理速度が大幅に向上する。さらに,1080pのHDビデオが搭載できるカスタムレンズを搭載した8メガピクセル(800万画素)のカメラが搭載され,撮影関連の各種機能が向上した。

各種モデルの用意,旧型の価格改定

発表時点での米国の販売価格は,199USドル(16Gバイト),299USドル(32Gバイト),399USドル(64Gバイト)。これに伴い,iPhone 4(8Gバイト)が99USドル,iPhone 4(16Gバイト)が199USドル,iPhone 3GS(8Gバイト)が無料となった。

日本ではソフトバンクに加えてauからも発売。発売日は10月14日

これまで日本におけるiPhoneのキャリアは,これまでのソフトバンクに加えて,auから発売されることになった。10月7日から予約開始,発売日は10月14日。

米アップルのジョブズ前CEO死去、類まれな才能で業界を革新
【ロイター 2011年10月6日】

[サンフランシスコ 5日 ロイター] 米アップルは5日、スティーブ・ジョブズ取締役会会長が同日死去したと発表した。56歳だった。病気療養中だったジョブズ氏は今年8月に、最高経営責任者(CEO)の職をティム・クック氏に委譲していた。 

 アップルの取締役会はジョブズ氏の死去について声明を発表し、「スティーブの才能、熱意、エネルギーは、すべての人々の生活を豊かにし、改善するための数限りないイノベーションの源泉となってきた。スティーブのおかけで、世界は計り知れないほど豊かになった」述べ、ジョブズ氏の功績を称えた。

 さらに「彼の最大の愛は奥さんと家族に向けられている。われわれの心は、彼らや、ジョブズ氏の類まれな才能に魅せられたすべての人々とともにある」と述べた。 

 ジョブズ氏はアップルの共同創設者で長年CEOを務め、「iPod(アイポッド」や「iPhone(アイフォーン)」などを世に送り出してきた。 

 しかし、ジョブズ氏はすい臓がんやそれに伴うさまざまな症状に苦しめられ、彼の健康状態はアップルのファンや投資家、取締役会にとって大きな懸念の的となってきた。 

 投資家はジョブズ氏が療養中も事実上アップルの経営を担ってきたクックCEOを信頼しているが、ジョブズ氏の死去により、同社がクリエイティブな能力を維持できるかどうか、不安視する見方もある。 

 ジョブズ氏死去のニュースを受け、さまざまな著名人から追悼の言葉が寄せられている。マイクロソフトのビル・ゲイツ共同創設者は、「ジョブズ氏と一緒に働くことができて非常に光栄だった。スティーブのような多大な影響力を持った人は世界でもまれだ。とても寂しくなる」と述べた。 

 養父母に育てられたジョブズ氏は、大学を中退し、1970年代終盤に友人のスティーブ・ウォズニアック氏と共に「アップル・コンピューター」社を設立。すぐに「アップル1」コンピューターを発売した。 

 アップルを成功に導いたのは「アップル II 」で、同社は生まれたばかりのパソコン業界で急成長。1980年には新規株式公開(IPO)を果たした。

 ジョブス氏はIPOを通じて巨額の富を手にした後も「マッキントッシュ」で大成功を収めたが、やがて自身が創設したアップルの経営陣や取締役会との関係が悪化。権限の大半を奪われ、1985年には解任された。 

 アップルの業績はその後下降線をたどったが、ジョブズ氏がアップル退社後に設立した「NeXT」社をアップルが1997年に買収したことを受け、アップルに復帰。ジョブズ氏は同年にアップルの暫定CEOに就任し、2000年には肩書から「暫定」が外され、名実ともにアップルのトップとなった。 

 ジョブズ氏は同時に、自ら買収した「Pixar」社を通じてコンピューターアニメーション分野に革命をもたらしたが、現代のテクノロジー世界を劇的に変えたのは2007年に発表した「iPhone」だった。

 「iPhone」がインターネットへのアクセスや利用方法を大きく変える2年前の2005年、ジョブズ氏は、「自分の命が限られれていることがビジョンを生む原動力になっている」と述べていた。

 「自分が近く死ぬだろうという意識が、人生における大きな選択を促す最も重要な要因となっている。外部のあらゆる見方、あらゆるプライド、あらゆる恐怖や困惑もしくは失敗など、ほとんどすべてのことが死の前では消え失せ、真に大切なものだけが残ることになる。やがて死ぬと考えることが、自分が何かを失うという考えにとらわれるのを避ける最善の方法だ。自分の心に従わない理由はない」。

 アップルはホームページ(Apple.com)にジョブズ氏の白黒写真を全面に掲げ、追悼の意を表している。

11件のコメント

  1. ピンバック: 物欲煩悩妄想日記
  2. ピンバック: erabu
  3. ピンバック: つらつら日暮らし
  4. ピンバック: 仙丈亭日乘
  5. ピンバック: 虎哲徒然日記
  6. ピンバック: いい加減社長の日記
  7. ピンバック: りゅうちゃん別館

ただいまコメントは受け付けていません。