嘉田由紀子・滋賀県知事が新党「日本未来の党」結成を表明、「国民の生活が第一」と「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」が合流へ

投稿者:

「日本未来の党」
のニュース、またどっかの誤報かと思って何度も確認したくらい私にとっては意外な印象でしたけど、自公民+維新による戦前の大政翼賛会のような(大多数の国民に不自由な隷属と貧困を強いる)右傾化の流れには歯止めをかける必要があり、かと言ってその対極となるグループがバラバラでマスゴミも意図的に存在すら隠している現状には大いに危機感を持っていたところでしたので、ようやく“オリーブの木”のようにまとまってくれたかとホッとしています。

賛同人とかいろいろ見た感じではかなり前から水面下で準備を進めていたようで、イザとなってからの電光石火の動きには小沢さんらしく見事だなと感心させられました。政策要項を見ても「国民の生活が第一」がこれまで煮詰めてきたものが反映されてますし、この新党(+北海道の新党大地)に1人でも多くの有権者が票を投じてくれることを願うばかりです。

〔※元はPDFでネットに流れてたのを画像化しました↓クリックで拡大できます〕
1
2
3

 

滋賀知事、「日本未来の党」結成表明=生活、脱原発が合流へ
【Yahoo!ニュース:時事通信 2012年11月27日】
Stt12112718060008p2

 滋賀県の嘉田由紀子知事は27日午後、大津市内で記者会見し、12月16日投開票の衆院選に向け、新党「日本未来の党」結成を表明した。嘉田氏は「卒原発」「脱増税」など六つの結集軸を掲げ、賛同する勢力と連携する方針を明らかにした。これに対し、国民の生活が第一は解党して合流する方針を決定。「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(略称・脱原発)も合流を決めた。
 既成政党とは一線を画す「第三極」陣営では、共闘を目指す日本維新の会とみんなの党にきしみが生じる一方、嘉田氏を中心に脱原発を旗印とした勢力の結集が急速に進展。「みどりの風」も合流を検討しており、衆院選の構図に大きな影響を与える可能性もある。
 会見で嘉田氏は「国民の信頼を取り戻し、希望を持てる未来への選択肢となる新しい政治軸を立てる」と訴えた。新党の代表には嘉田氏が、代表代行には橋下徹大阪市長(日本維新の会代表代行)のエネルギー政策でのブレーン的な存在だった飯田哲也大阪市特別顧問が就く。嘉田氏は知事を続投し、自らは衆院選には出馬しない。 
 一方、生活は27日、小沢一郎代表も出席して党本部で常任幹事会を開き、嘉田氏の示した「卒原発」などの結集軸について協議。「政策面では全く一緒だ」(幹部)として未来への合流を決めた。
 また、「脱原発」の山田正彦共同代表は生活本部で小沢氏と会談、脱原発も未来に合流することを伝えた。小沢氏はこの後、記者団に「『脱原発』も未来の呼び掛けに応じる」と語り、山田氏は「合流して一緒に頑張ろうということになった」と述べた。
 社民党に離党届を出した阿部知子前衆院議員も神奈川県藤沢市で記者会見し、未来への参加を表明した。

7件のコメント

  1. ピンバック: zara's voice recorder
  2. ピンバック: 王様の耳はロバの耳
  3. ピンバック: 虎哲徒然日記
  4. ピンバック: 日本がアブナイ!

ただいまコメントは受け付けていません。