ウィンブルドン決勝、フェデラーが激闘を制して2年ぶり6度目の優勝、4大大会最多の15勝目

投稿者:

しとらすはテニスにはあいにくほとんど興味がありません。今回の男子シングルスの決勝を見たのもまったくの偶然で、なにげに番組表を眺めてたらNHKで「ローカル列車の旅(中部・関西)」というのを見つけて、これを目当てにTVをつけたらテニスの試合をまだやってて、しかもしとらすが見始めてからも30分以上続くし、その死闘ぶりについつい見入ってしまいました。

2009070600000006jijpspoview000
2009070600000007jijpspoview000
2009070600000009jijpspoview000
Oth0907060810004p1

77ゲーム、4時間18分。
第5セットだけで30ゲーム、1時間35分!?

プロだから両者優勝なんてないんですよね。両者が平等に極限状態で頑張ってても、残酷なことに勝者と敗者に別けられていく。でも、観てる側の気持ちとしては、表彰式でロディックへの拍手が鳴り止まなかったというのが象徴してるのではないでしょうか。フェデラーには優勝おめでとうと奥様の無事の出産を願ってますと言いたいし、ロディックにはフェデラーがインタビューで「去年の激闘では敗れた自分がここにいることを考えて・・・」とエールを送ったように来年また戻ってきてほしいですね。

サンプラスの姿が何度もTVカメラに抜かれていて、試合後もロディックが「ごめんよ、ピート」って言ってましたね(笑)。覚えてないけど、その後フェデラーもサンプラスの名前を出してたようですし、4大大会優勝回数こそフェデラーに抜かれたけれど、決勝を戦った2人に敬意を表されるほど偉大な先輩ということ。そのサンプラスもフェデラーを称賛して、まだ記録は伸ばせるみたいなことをインタビューで語ってましたね。

TVカメラに抜かれてたといえば、会場にファギー(マンチェスター・ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督)の姿が映ってビックリしました。あと俳優のラッセル・クロウとか・・・キッシンジャー氏も観戦していたらしいのですが、確かにそれっぽい姿がいたようないなかったような・・・?う~ん、さすがはウィンブルドン・・・。

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。