落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) episode 3「落第騎士 III」

発売されたばかりの原作8巻について少しだけ。

七星剣武祭の決勝戦が一輝vsステラになるのは既定路線として、じゃあ準決勝の2試合をどのように見せるか?ステラのパワーアップはあるのか?更には前巻のラストであんなことになっていた珠雫の件の顛末回収から一輝vs天音にどう繋げていくのか?あたりが注目点だったと思うのですが、ステラの方は単純な火力アップじゃなくて真の能力は別の系統のものでしたという覚醒パターン。一方の一輝はというと、そりゃ“比翼”エーデルワイスが一輝の前に立ちふさがるのは天音で想像を絶する苛酷さを伴うと予想したっていう伏線があったとはいえ、2度も瀕死の状態に追い込まれるってのは容赦ないったらありゃしない(苦笑)。予想以上に読み応えある2試合でしたし、決勝を目前に大いに舞台を盛り上げる流れで次巻へ。

というわけで・・・
9巻マダー?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

閑話休題

大一番の前に少しお披露目をって感じの今話の暴動鎮圧エピソードでしたけど、原作にある
「色はいらない」
っていうキーフレーズ、――色彩認識のリソースを必要な情報のに振り分ける――と一部改変された内心の台詞を続けて、この場面で使ってきたか!なんて良い意味で予想を外されましたね。今のところまではアニメスタッフがちゃんと原作を理解して脚本構成諸々制作しているという印象を受けました。珠雫とアリスの能力の描写、これが初お披露目かな?それもグッドでしたけど、一輝が一刀修羅を発動してから“第七秘剣――雷光”でビショウを仕留めるまでの一連の流れの作画がとても良かったし、動きの見せ方やBGMなどの演出も効果的でした。このレベルで本命の試合も描写してくれると良策として挙げられるんだけどなぁ・・・期待値を上げてもいいのかしら?
14452642300747002
14452642300747005
14452657880399003
14452657880399004
14452657880399005
14452657880428001
14452657880428004
14452657880428005
14452657880428006
14452657880428007
14452657880428008
14452657880459001
14452657880459003
14452657880459007
14452657880459008
14452657880503002
14452657880503003
14452657880503005
14452657880503007
14452657880503008
14452657880503009
14452657880578002
14452657880578003
14452657880578004
14452657880578006
14452657880578008
14452657880583009

AT-X限定エンドカード、第3話はごばん[http://minyonnu.blog18.fc2.com/]さんでした↓
Cd32f5e93934b55db10313d

 

10月15日発売の原作最新刊↓海空りく『落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) 8』
71q0o9e5cyl




落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) episode 3「落第騎士 III」」への5件のフィードバック

コメントは受け付けていません。