TYPE-MOON10周年記念アニメーション『カーニバル・ファンタズム』~3rd Season

『カーニバル・ファンタズム』の最後を飾る 3rd Season が入手できましたので、簡単に感想を。

まずは収納ボックスが付いていたのがよかったです。武梨えりさんの描き下ろしというイラストもグッドですし、ちゃんと各巻がピッタリ収まるので整理しやすいですしね。ゲームに関してはノーコメントで(だってウチWindowsじゃなくてUbuntuだし)。

・第9話「SEIHAI GRANDPRIX」
レースクイーンな桜とバゼットが見れただけでも100点満点(をい)。
Shot0001
ポールポジションは凛のチームか・・・ランサーがストレートで一気に最後尾からトップに躍り出たはいいけど、やっぱりあのマシンではコーナーが・・・w ギルガメッシュが途中乱入とはいえ真面目にレースしてたのがちょっと意外でしたけど、走りっぷりはなかなかカッコよかった。それとアサシンのトラックに流れてた演歌は実際に岸監督が歌ったものとかなんとかいう話を目にしましたが・・・歌手転向っすか?(え?) レースが楽しく見れたので個人的にはこの回が一番面白く感じましたけど、士郎のアレはズルだよねぇ・・・でも今後の食事が全部お茶漬けだと言われて涙目で咆えたセイバーがかわいかったので許す(をい)。

・第10話「洗脳探偵ロリ返り」
視聴者が言いたくても黙っていたことを口走ってしまった志貴は(ry

・第11話「FINAL DEAD LANCER」
いや、死んでなんかない、あのラストシーンだってきっと彼は生きているぞ!・・・だと思いたい(苦笑)。ネタが少々アレでしたが、ランサーの回があってとりあえずよかったでし。

・第12話「ドキドキデート大作戦 解答編」
“メインヒロインとデート”を選択してたらどうなったかな?と思わくもなかったですが、どうせアルクとセイバーの怒りに触れることをやらかしてバッドエンドなんだろうな、と。まぁいずれにしても予想通りの結末でした。

そんなこんなで、これまで3回に分けてリリースされた10周年企画アニメ、TYPE-MOON世界に縁の薄い私でもとても楽しませてもらいました。『魔法使いの夜』もようやく正式リリースの運びになったようで、15周年か20周年の時にでも今回未登場作品のキャラを混ぜてお祭り企画やってほしいと思いますが・・・でもえらくカオスになりそうやなw あと、『Girls’Work』の方はどうなってるのかしら・・・?

★TYPE MOON~「カーニバル・ファンタズム」
 http://www.typemoon.com/products/cp/

51jrnthhwl
Img_08_03



51hcgqp0s2l
Img_08_02

51bta7fchul
B0057m06g4_01



アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

TYPE-MOON10周年記念アニメーション『カーニバル・ファンタズム』~2nd Season

『カーニバル・ファンタズム』待望の 2nd Season がリリースされましたので、簡単に感想を。

・第5話「バーサーカー はじめてのおつかい」
案の定おつかいそっちのけでバーサーカー無双(爆)。逆にランサーはカワイソス(苦笑)。

・第6話「型月連続テレビ小説 さくら」
やっと桜の出番が・・・だったのですが、私、NHKの朝の連続ドラマって大嫌いなんですよ(苦笑)。しかもここの桜がちょっとナルシズム入っててなんかシュールすぎる・・・(あとライダーの苦労人ぶりが・・・って、え?)。
これの前にあった「ファンタズムーン」で凛とカレンの魔法少女姿が見られるとは思いませんでしたし、こっちの方が得だったかも?

・第7話「通な贈り物」
かわいい人妻キャスター、実は重度のセイバーオタク(笑)。あまりのマニアっぷりに前半で見たアルクェイドの白ビキニをすっかり忘れさせるほどでした。アサシン見るかぎり年齢についてはタブーのようですが(苦笑)、あれだけ葛木との相思相愛を描かれてるのなら、今巻である意味最も恵まれていたのはキャスターだったかもしれませんね(逆に最も不遇だったのはダントツで・・・)。

・第8話「働くセイバー」
全世界が待ち望んだ(え?)メイド服セイバー!
前話でのキャスターの願望が意外なところで叶いました(そうなのか?)が、アホ毛抜いてセイバーオルタ化したらメイド服まで自動的に黒になるんですね。ギルガメッシュみたく潜在的Mっ気がない人にとってはちょっと・・・って、うわ?なに?!ちょっとま・・・くぁwせdrftgyふじこlp・・・それにしてもあの賄いの食べっぷり、さしもの腹ペコ王も士郎の前では一応自制してたんかしら(苦笑)。
ところで、5話でバーサーカーに捕まってボロボロにされたランサーがセイバーライオンの餌にされてましたけど・・・いくらなんでもあんまりだぁ〜(苦笑)。毎話出るたびに痛い目に遭ってた不遇なランサー、次巻で1つくらいカッコイイ見せ場ないですかねぇ・・・まぁ出番があるだけ赤セイバーに比べたらマシですかね。あちらは最後の次回予告にチョロッと出ただけで次巻についても「余は出ないが、な(キリッ)」と明言させられてましたから・・・。

しとらす的には 2nd Season の中で8話が一番楽しく見れました。今巻では路地裏同盟の話が無くなった分、メルブラ勢の出番がゴッソリ削られてたのはちょっと残念でしたが、4話とも小ネタ満載でカラッと明るい雰囲気で面白かったです。

★TYPE MOON~「カーニバル・ファンタズム」
 http://www.typemoon.com/products/cp/

51hcgqp0s2l
Img_08_02



51bta7fchul
B0057m06g4_01

TYPE-MOON10周年記念アニメーション『カーニバル・ファンタズム』~1st Season

以前買ったTYPE-MOON エース Vol.6や今夏YouTubeで公開されたPVを見て楽しみにはしていたのですが、初回盤を入手した人から幸いにもDVDの方をお借りすることができましたので、簡単に感想でも(キズつけるわけにはいかなくてプレーヤーには1回しかかけてませんし)。

ゲームはやったことなくて、『月姫』と『Fate/stay night』、『MELTY BLOOD』のコミカライズを読んだことがある程度の(しかもアンソロジーの『TAKE MOON』は読んだことなかった)しとらすでも充分楽しむことができました。どんな賑やかなアニメになるのか期待していたのですが、TYPE-MOON作品の内輪ネタ満載で予想以上に面白かったです(でも知らない人にとっては「?」となるエピソードばかりなので良くも悪くもファンディスクならではとは思います)。各キャラの個性や設定を充分活かした上でのギャグなのがいいですね。土台がしっかり作り込まれているからこそできることなのでしょう。1話1話の時間がちょっと短かすぎるのがやや難かな?とは思いましたが、その辺も個人的には『森田さんは無口。』で慣れちゃってましたし。

では、各論。

まずOP、3+3で6人のメインヒロインたちによる最初のダンスでいきなりノックアウトw特にセイバーと凛がギャップ萌えの一言ではすまないくらいかわいい!中でも凛!! オーディオコメンタリーでミニスカは正義だとか言ってたように思うけど、確かにそうやわぁ・・・というか、桜もセイバーも、そしてアルクェイドもミニスカに(以下略

・・・月姫+Fateでメルブラが弾かれてしまったのは仕方ないですが、秋葉の代わりにシオンを出してほしかったなぁ・・・とはちょっとだけ思いましたけど。

曲もアップテンポで明るく楽しい雰囲気がいいですね。「すーぱー☆あふぇくしょん」、1人で歌ってるわけじゃなさそうだな、と思って聴いてると、栗林みな実さんとか橋本みゆきさんとか美郷あきさんとか・・・ってをいをいをい・・・CD出たらフルでぜひ聴いてみたいですね。

第1話「第5次魔術師大激突チキチキ聖杯戦争」
・あのスコート姿の若奥様は誰?って本気で考えてしまった・・・OPにも出てたのにね(苦笑)。
・いつの間にか黒ひげにされてたランサーが不憫すぎて・・・彼には悪いがちょっと笑ったw
・お祭りコメディなのにゲート・オブ・バビロンがやけに気合入りまくり
・桜の出番は・・・?
・ファンタズムーンの衣装にブラボー!ちょっとエロかわいいところがGJ
・ついでに秋葉が徹底して邪悪な悪者扱いとかw
・そういやアルクは柚木さんなんだ・・・植田さんもいるからあとは清水さんと真田さんと一条さんと(をい)
・最後のタイガー道場、なんで金額がリアルなんですか?w

第2話「ドキッ☆メルティブラッド」
・アルクとシオンのナイスバディなビキニ姿が拝めただけで満足です!(爆)
・シオンの台詞がほぼ全部「計算通り」みたいのばっかりなのはなぁなぁ・・・さすがにちょっと残念
・というか・・・なんで路地裏同盟が出てんのさ?!w

第3話「どこでもヒナタノユメ」
・アルクの制服姿が拝めただけで満足・・・じゃない、もっと見せろぉー!
・駄々こねてるアルクがホントかわいらしいです。柚木さん、ナイス!
・イリヤと凛、次女と三女のケンカにしか見えない
・悪魔のシッポ出してるイリヤを見ていたら『王様の仕立て屋』の“オカッパ”ベアトリーチェを思い出してしまったのは私だけでしょうか?
・路地裏同盟、滑り芸がデフォなんか?
・ん?・・・ランサーが車に轢かれてなかった!?

第4話「ドキドキデート大作戦」
・アバンでニュースになってたの・・・ランサー?え、事故死?!うわぁ~またなんで彼ばっかり(苦笑)
・アーネンエルベでの会話がAパートの「魔法使いはメカが嫌い」に繋がっているあたりは巧いなという印象
・1st Season 全部を通じてこの録画回が個人的には一番出来がよかったと思う
・焦ったり身悶たり八つ当たりしたりする凛がとにかくかわいい!
・ツンデレな凛も凛だが、凛をそうし向けてニヤニヤしながら生温かく見守るアーチャーもなかなか
・OPでレコーダーを壊すカットもそうだけど、凛がアーチャーを足蹴にするカットも・・・もう絶対領域スゴいというか
・ルート選択、どちらもバッドエンドしか思いつかないんですが(苦笑)・・・特に月姫サイド
・日程考えたら両ルートとも既に出来上がってるように思うのですが、両方見たいといったらダメなんでしょうか?
・志貴の選択にシオンが入ってなかったのが個人的にはちょっとショック
・てめぇー桜になんてことしやがるんだ!>士郎
・ランサー、とうとう犬の餌にされてしまったのか・・・なんという不遇っぷりw
・ファンタズムーンでの秋葉はとことん鬼畜サイドなのな(爆)
・そういえばファンタズムーンの話数、あの数字に意味はあるのだろうか?

・・・といったところです。DVD版でこういうのもなんですが、OPとかゲート・オブ・バビロンとかを見ても作画はとてもよかったように感じました。武内さんの絵から少し角を取ったようなキャラデザも、元に忠実でありながら作品のコミカルな雰囲気に上手く合わせている感じで好印象です。監督の岸誠二さんは回を追うごとに尻上がりに調子を上げてくるタイプの方のようなので、次回・次々回のリリースが楽しみになってきますね。

ところで、初回限定版はDVD以外にも記念画集とか付いていて、私も武内さんの絵はとても好きなので、実物を見ると尚のこと欲しくなってきました(笑)。今月は懐具合にあまり余裕がないのですが、しばらくは大丈夫ですかねぇ?・・・(あぁ~、来月もVividとForceの4巻とかあるのか・・・う~ん・・・)
51bta7fchul
B0057m06g4_01

★TYPE MOON~「カーニバル・ファンタズム」
 http://www.typemoon.com/products/cp/

51hcgqp0s2l



アニメイトオンラインショップ