TYPE-MOON10周年記念アニメーション『カーニバル・ファンタズム』~2nd Season

『カーニバル・ファンタズム』待望の 2nd Season がリリースされましたので、簡単に感想を。

・第5話「バーサーカー はじめてのおつかい」
案の定おつかいそっちのけでバーサーカー無双(爆)。逆にランサーはカワイソス(苦笑)。

・第6話「型月連続テレビ小説 さくら」
やっと桜の出番が・・・だったのですが、私、NHKの朝の連続ドラマって大嫌いなんですよ(苦笑)。しかもここの桜がちょっとナルシズム入っててなんかシュールすぎる・・・(あとライダーの苦労人ぶりが・・・って、え?)。
これの前にあった「ファンタズムーン」で凛とカレンの魔法少女姿が見られるとは思いませんでしたし、こっちの方が得だったかも?

・第7話「通な贈り物」
かわいい人妻キャスター、実は重度のセイバーオタク(笑)。あまりのマニアっぷりに前半で見たアルクェイドの白ビキニをすっかり忘れさせるほどでした。アサシン見るかぎり年齢についてはタブーのようですが(苦笑)、あれだけ葛木との相思相愛を描かれてるのなら、今巻である意味最も恵まれていたのはキャスターだったかもしれませんね(逆に最も不遇だったのはダントツで・・・)。

・第8話「働くセイバー」
全世界が待ち望んだ(え?)メイド服セイバー!
前話でのキャスターの願望が意外なところで叶いました(そうなのか?)が、アホ毛抜いてセイバーオルタ化したらメイド服まで自動的に黒になるんですね。ギルガメッシュみたく潜在的Mっ気がない人にとってはちょっと・・・って、うわ?なに?!ちょっとま・・・くぁwせdrftgyふじこlp・・・それにしてもあの賄いの食べっぷり、さしもの腹ペコ王も士郎の前では一応自制してたんかしら(苦笑)。
ところで、5話でバーサーカーに捕まってボロボロにされたランサーがセイバーライオンの餌にされてましたけど・・・いくらなんでもあんまりだぁ〜(苦笑)。毎話出るたびに痛い目に遭ってた不遇なランサー、次巻で1つくらいカッコイイ見せ場ないですかねぇ・・・まぁ出番があるだけ赤セイバーに比べたらマシですかね。あちらは最後の次回予告にチョロッと出ただけで次巻についても「余は出ないが、な(キリッ)」と明言させられてましたから・・・。

しとらす的には 2nd Season の中で8話が一番楽しく見れました。今巻では路地裏同盟の話が無くなった分、メルブラ勢の出番がゴッソリ削られてたのはちょっと残念でしたが、4話とも小ネタ満載でカラッと明るい雰囲気で面白かったです。

★TYPE MOON~「カーニバル・ファンタズム」
 http://www.typemoon.com/products/cp/

51hcgqp0s2l
Img_08_02



51bta7fchul
B0057m06g4_01

One Reply to “TYPE-MOON10周年記念アニメーション『カーニバル・ファンタズム』~2nd Season”

  1. ピンバック: ヲタブロ

Comments are closed.