デート・ア・ライブ 第3話「空分かつ剣(つるぎ)」

投稿者:

致命傷を負っても炎とともに蘇生できるのと、(ある程度まで親密度が高まれば)キスによって精霊の力を封印して無力化する、この2つの能力があるから士道でなくてはダメだったのね、とようやく明らかにされた今話。琴里がなぜそれを知っていたかは追々出てくるのでしょうけど、今回ははじめの3分の2くらいまでは(十香の食べっぷりがどこかのセイバーさんとタメをはるレベルだというのがわかった以外は)正直ちょっとダレました(苦笑)。夕焼けを背景に士道が十香を説得するシーンからようやくイイ感じになったかな、いうところでしたね。でも彼女の明→暗→明と変化する心理描写は中の人が上手いことやっていたように思いますので、それでトントン・・・かな?無邪気に遊んでいるところなんかは可愛かったし。
13665360230791005
13665360230806001
13665584970311003
13665584970373001
13665584970484002
13665584970484003
13665584970522002
13665584970562006
13665584970621001
13665584970621004
1366566714675
13665584970639001
1366566746497
1366566757898
13665584970716002
13665584970746002
13665584970905001
13665584970905003
13665584970905004
13665584970935002
13665584970935004
13665584970935006
・・・そういえば、琴里が
「今の狙撃でお姫様がやられていたら、目も当てられてなかったわ」
と呟いてたけど、あれは逆だったら十香の暴走一直線コースかつ士道の能力を活かす状況が作れずに止める術がなかった、ということか・・・司令官モードの時はホンマにドライというかなんというか・・・。

 

原作最新刊↓橘公司『デート・ア・ライブ 7 美九トゥルース』
51qmv7utxel_sl500_aa500_




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

5件のコメント

  1. ピンバック: NEO煩悩-アニメ本店-
  2. ピンバック: ぬる~くまったりと
  3. ピンバック: Little Colors
  4. ピンバック: 空 と 夏 の 間 ...
  5. ピンバック: 桜詩〜SAKURAUTA〜

ただいまコメントは受け付けていません。