デート・ア・ライブ 第6話「恋する温泉」

今話はオリジナル回なんでしたっけ?中間管理職の悲哀は理解できますが、正直Aパートの始めの方とCパートだけでよかったと思えるほど尺の無駄遣いというかギャグにしても酷い脚本と演出というか・・・温泉シーンもパッとしなかったし。予告では次回から時崎狂三が登場するようですし、オリ回やらずにさっさと次に進めてた方がよかったように思いました。
13683457880916003
13683457880916004
13683457880923002
0153320142
1368221325156
13683732630541007
13683732630561001

 

原作最新刊↓橘公司『デート・ア・ライブ 7 美九トゥルース』
51qmv7utxel_sl500_aa500_




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

6 Replies to “デート・ア・ライブ 第6話「恋する温泉」”

  1. ピンバック: ぬる~くまったりと
  2. ピンバック: Little Colors
  3. ピンバック: 桜詩〜SAKURAUTA〜
  4. ピンバック: 空 と 夏 の 間 ...

Comments are closed.