刹那が金目&1期キャラ在庫一掃セール・・・ガンダム00 2nd 第21話「革新の扉」

投稿者:

ん~・・・

・・・・・・

なんというか・・・

・・・・・・

アバンでいきなりこれ↓がきたんで「え゛~?!」なんですが(苦笑)
0021_6

あとCパートでのグラハムとの邂逅でもきましたね。
0021_53

ただ、イノベイター化したのかというと、ちょっと違う気もします。

リボンズがヴェーダとアクセスしたり、イノベイター同士で脳量子波通信する時とは金目のデザインを変えてある
みたいですし(作画が書き分けているのかは次回以降をチェックしないと何とも言えませんが)、しとらす的にはWでのゼロシステムを使いこなしてやたら勘働きが鋭くなったヒイロに、ちょっぴりNTテイストを混ぜたくらいに考えているのですが・・・。

リボンズたちが言う「革新」というか人間の内面の変化をわかりやすくするための金目なんでしょうけど、ひょっとしたらヴェーダとアクセスできる・・・というかヴェーダからアクセスが入ったりするとか?ティエリアいるんだし、そこまで主人公最強にしなくてもいいような気もしますが・・・。それでなくても、ダブルオーライザーが現状ではほぼ無敵と化してますから。

[ちなみに、下の2枚の画像は前々回のアニューとリボンズのもの。比較のために置きましたが、金のラインが刹那のと違ってIC回路を思わせるような線で描かれてます。ルイスのもあればよかったんですが、わかりやすく拡大したのが手元に無くて・・・すみません]
Img1234686115347
Img1234686209931

今回の戦闘シーン、

ルイスvsネーナ
刹那vsブシドーもといグラハム

はどちらも見応えあったように思います。
まず、ルイスvsネーナですが、ここに至るまでに

留美←ネーナ←ルイス

と次々と“咎”という名のブーメランが返って来るような展開でしたし、戦闘シーンでの叫び合い(罵り合い?)は釘宮さんと千和さんの演技が光って迫力がありましたね。
Img1235895686286
Img1235895692356
Img1235895701513

そして復讐を果たした反動でカミーユ化というか幼児退行したルイスの姿にはグッと来るものがありました。

ここに至るまでに一千万単位で多くの無関係の命が失われて同じ境遇の人々をムダに数多く作り出してしまったわけですから、その報いはキッチリ受けてもらう、ということなのでしょう。

目の前で一部始終を見ていた沙慈がどういったリアクションをするのか・・・?
それ以前に、ネーナたちを生み出したのがリボンズだとルイスが知ったら、精神崩壊に拍車がかかって死に至るかも?どのみち最終回までは生き長らえそうにないですが、彼女の最期をどう描くんでしょうかね。
Img1235895729318

そしてもう一方の戦闘ですが、前にブシドーが「こちらにも考えがある」みたいなことをのたまった時にはイヤ~な予感がしたのですが、さすがに女子どもを人質に取るような下衆な真似はしませんでしたね。マリナが人質にされたらどうしよう?!とか余計なことを疑ってしまい、腹を切って彼に詫びなければ・・・(をい)。

果し合いの口上もよかったし、こんなかっこいいブシドーもといグラハムは2期では初めてではないでしょうか?
21021305204352
21022025205202

でも・・・でも・・・

・・・なにもこの2人まで裸空間にするこたァないでしょうに・・・。

精神邂逅させるだけなら別に服着せたってできるのに、なんで種や種死と同じことするかなぁ~。男振りが却って台無しやん。正直シラけるだけなんで裸のオンパレードは勘弁してほしいです。

そのうち刹マリでもやるんだろうなぁ・・・
・・・いや、そっちは見たい気もするけど(をい)。
21033469214346
0021_44
0021_48

今回で1期からの名有りキャラ3人があぼんしたわけですが、ルイスの仇になるネーナはまだしも、留美と紅龍に関しては、はたして今回まで生き延びさせた必要性があったのか、疑問が残るばかりでした。別に変革を求めた理由が普通の女の子になりたかった程度のものだったからグチるんじゃなくて、留美とトレミー組とは早い段階からコンタクトが切れてたし、メメントモリ建設費は連邦大統領から搾り取ればいいわけで、ヴェーダの位置を知らせるとかはリジェネをもっと動かせばよかったし、では留美は何のために存続させてたのか・・・と。

1期1話からのキャラをなんかホントに在庫一掃セールみたいな死なせ方にして、もったいないというかアホみたいというか。ライアニュの悲恋エピソードといい、どうにもストーリーの迷走ぶりが強く感じられる印象です。

そのくせ大雑把なところはあまりに大雑把というか、紫ハロをリボンズが操っているシーンとかもなんですが、マリナたちの歌がラジオでかかっている件でのクラウスの台詞にしても、戦闘状態・貧困状態が2期でこれまで描かれているのは中東だけで、他の大部分の地域は(完全情報統制下で偽りながらも)平和を謳歌しているようにしか見えない。中東以外でも紛争が頻発してたり、カタロン関係者以外でアフリカタワーの件を疑問に思う人々が立ち上がろうとしてたり、とか、そういった描写が一切無くて、それで「平和を求める・・・」とか言わせても、全然説得力がない。

マリナたちの歌を広げる必然性が全く感じられないわけです。

「歌」をキーにするならそこに至るまでのプロセスをもっと丁寧に描いていかないと、ポッと出しても単なるご都合主義にしか見られないと思うのですが、ヴェーダをめぐるイノベイターたちとトレミー組の争い、イオリアの目的・理想、そして00最大のテーマ「再生」への道筋も含めて、枝葉なエピソードに尺を費やしすぎて肝心な所をあまりにも素っ飛ばしてる気がします。

2期の始めの3話くらいまではこんな状況になるとは思ってもみなかったのに、どこでどう脚本や演出の歯車が狂ったのやら・・・?

とりあえず、次回の楽しみは、ご都合主義で強引に宇宙に上げられてしまった(苦笑)マリナと・・・
10ko11617
10ko11618

刹那と対話の場をもったグラハムがどういったアクションを起こすのか・・・?(予告シーンでこんな表情↓で血を吐いているのって正直心配なんですよね)
Img1235896061441

32件のコメント

  1. ピンバック: 日々“是”精進!
  2. ピンバック: おぼろ二次元日記
  3. ピンバック: Brilliant Corners
  4. ピンバック: あすなろ日記
  5. ピンバック: 生方書房ホビー館
  6. ピンバック: MAGI☆の日記
  7. ピンバック: Little Colors
  8. ピンバック: 獄ツナBlog5927
  9. ピンバック: 天青石 ~Celestine~
  10. ピンバック: アミューズエイド
  11. ピンバック: 無限回廊幻想記譚
  12. ピンバック: White wing
  13. ピンバック: 更級の絵巻日記
  14. ピンバック: へたれ日報

ただいまコメントは受け付けていません。