KIDDY GiRL-AND #18「シスター・プリンセス」

Aパート後半とBパート途中までは全然要らなかったような(苦笑)。

今回の本筋はというと、まずドゥルダム姉弟とアンオウ・エイオウに惑星連合政府から転属命令。イヴェール・ゾマと共に一応はGTOに留め置かれたアスクール、ク・フィーユを助けようとはやる心を2人に宥められますが、そんな彼らのいるGTO本部に敵襲。やって来たのはトーチ、シェイドと・・・クフィーユ!?というところで終わり。

洗脳された以上こうなることは予想のつく展開なんですが、真ん中あたりのオチャラケタイム、アスクールの軽すぎる思考・行動とあわせると、せっかく話が面白くなりそうな流れを壊してしまってる印象です。かといってギャグアニメとして見てもスベることが多いしなぁ・・・どこで道を間違えたんだろう・・・?



KIDDY GiRL-AND #18「シスター・プリンセス」」への8件のフィードバック

コメントは受け付けていません。