• ボヘミアンな京都住まい~案内

  • TorGuard.net - Anonymous VPN Service - Torrent Proxy and VPN Service

氷菓

氷菓 第22話「遠まわりする雛」

2012年9月18日
氷菓

こちらの期待以上の、良い最終回でした。制作に関わった全ての方々は本当にお疲れさまでした。今回、まずは十二単に桜という組合せの絵で雅な雰囲気が表現できていたのは、さすが京都の会社といったところでしょうか。 原作になかったア …続きを読む

氷菓 第21話「手作りチョコレート事件」

2012年9月11日
氷菓

先に原作で読んでいて結末の後味の苦さを知ってる身としてはアニメで見るのが実は少し怖かったりしたのですが、チョコを盗んだのは里志で摩耶花もそれを知っていたということ、正確には手作りのチョコの受け渡し方に関しては里志と摩耶花 …続きを読む

氷菓 第20話「あきましておめでとう」

2012年9月4日
氷菓

しとらす的には、ケータイを持たないカップル2人が納屋に閉じ込められるハメになったのは、御籤の「凶」のせいではなく、初詣にえるの隣で 「エネルギー消費の穏やかな一年を送れますように」 なんてことを神様にお祈りした罰だと思う …続きを読む

氷菓 第19話「心あたりのある者は」

2012年8月28日
氷菓

「昨日のゲームのきっかけは確か・・・瓢箪から・・・駒?」 いやそれ違うでしょ?(笑) でも100%夫婦‘漫才’な演出を予想していたので、(ある意味大真面目に)えると奉太郎の間の恋愛の芽生え的な要素をそこかしこに埋め込んで …続きを読む

氷菓 第18話「連峰は晴れているか」

2012年8月21日
氷菓

ちょっと自発的に行動しようとしただけなのに酷い言われようでしたね、奉太郎www 今話は単行本未収録の短編だそうで、私も初めて見ました。自他共に認める省エネ主義者の奉太郎には一見ありえなさそうな感じですが、今回彼が見せた行 …続きを読む

氷菓 第17話「クドリャフカの順番」

2012年8月14日
氷菓

『クドリャフカの順番』編のラスト回。今編では声優さんたちの好演技などに支えられてとても充実した内容になったのではないでしょうか。十文字事件は解決を見たものの、才能溢れる者に期待を裏切られ先に土俵を降りられて取り残された者 …続きを読む

氷菓 第16話「最後の標的」

2012年8月7日
氷菓

文化祭に来た供恵、壁新聞を見てさっそく何か心当たりを見出したようですが・・・徹底して彼女の顔見せありませんね〜(苦笑)。えるが感づくくらいなので奉太郎とどこかしら面影か雰囲気が似ているのでしょうけど・・・。 原作から変え …続きを読む

氷菓 第15話「十文字事件」

2012年7月31日
氷菓

こうなった好奇心の天使・・・いや、ここまできたら堕天使か?w・・・は奉太郎には止められない(笑)。 クドリャフカ編はこれまでと違って古典部の4人にほぼ均等に比重を置いた群像劇になっているのが特徴ですが、アニメでもそのスタ …続きを読む

氷菓 第14話「ワイルド・ファイア」

2012年7月24日
氷菓

ネンジ君とガル茂・・・もとい、お料理研究会部長&副部長が「ファイアー!」な悪ノリ迷司会で盛り上げてくれたおかげか、なかなかにスリリングな料理コンテストになりましたけど(「私、気になります」をパクったのは杉田さんのアドリブ …続きを読む

氷菓 第13話「夕べには骸に」

2012年7月17日
氷菓

OPも今回から変更されましたね。絵も古典部の4人だけでなく、彼らに関わる人たちまで奉太郎目線みたいな感じで登場していましたし。 荒楠神社の宮司の娘、十文字かほも初登場。仲良しのえるに早速ネタを提供していきます。 それに摩 …続きを読む

氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」

2012年7月10日
氷菓

古典部シリーズ、前回で『愚者のエンドロール』編が終わりましたが、今回から早速『クドリャフカの順番』編の始まりです。 OP無しで文化祭前夜のそれぞれの様子を描いたシーンから始まりましたが、シリーズの中では最も群像劇的な要素 …続きを読む

氷菓 第11話「愚者のエンドロール」

2012年7月3日
氷菓

今回の奉太郎と入須の対峙、緊張感が程よく表現されてましたね。なぜ奉太郎に依頼することになったのか、その真意を悟られたことに気づいてからの入須は誤魔化したり安易に言い訳や慰め・謝罪の言葉など口にすることなく、奉太郎の責めに …続きを読む

氷菓 第10話「万人の死角」

2012年6月26日
氷菓

ゆかな女帝サイコーー!!w OPを挟んでの茶店での奉太郎と入須のやりとりの描写がとても良かったですね。アバンの切り方とAパートに入るタイミング、8話では使わなかった入須が最初から奉太郎をターゲットにしていたという件の台詞 …続きを読む

氷菓 第9話「古丘廃村殺人事件」

2012年6月19日
氷菓

ウイスキーボンボン食べ過ぎて酔っ払ってしまったえる、微笑ましくて可愛かったですね(笑)。 えるが本郷のことにやたら拘っていたのはもちろん理由があるのですが、それは次回以降のお楽しみ。 さて、探偵役志願という3人からの話が …続きを読む

氷菓 第8話「試写会に行こう!」

2012年6月12日
氷菓

ゆかな女帝キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! ・・・しとらす的には入須冬実はもう少し低いトーンをイメージしていたのですが、冷厳な雰囲気を醸し出すお嬢様といったあたりはさすがゆかなさんです。 というわけで、『愚者のエン …続きを読む

氷菓 第7話「正体見たり」

2012年6月5日
氷菓

そうだ 京都、行こう 温泉、行こう。 ・・・かくして温泉で湯あたりしてしまった奉太郎であったとさ(笑)。 今回は結末が改変されただけではなく善名姉妹の年齢も原作からそれぞれ2歳ずつ下げた設定になってました。原作通りの思春 …続きを読む

氷菓 第6話「大罪を犯す」

2012年5月29日
氷菓

ウリエル、ガブリエル、チタンダエル・・・とかいう天使の姿をした好奇心の猛獣に見えたんでしょうかね?www 蛇のいる藪をつついてしまったというか地雷を踏んだというか、えるの好奇心を再惹起させてしまった時のイメージ描写がユニ …続きを読む

氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」

2012年5月22日
氷菓

今回はOP曲もED曲も無し、詰めに詰めて進めた回でしたね。Aパートで奉太郎が“補足”という言葉を使ってましたけど、このエピソードをアニメに落としこむにあたっても原作の文章に言葉を補い、映像で置換表現できそうな部分は言葉か …続きを読む

氷菓 第4話「栄光ある古典部の昔日」

2012年5月15日
氷菓

なんか、可愛らしい若奥様、って感じでいいですね(笑)。ポニーテールもなかなかお似合いですし。 今回の部分は僅かな資料を元に侃々諤々して推理をめぐらす、というだけでしたので、アニメの映像にするのはとても難しかったと思います …続きを読む

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」

2012年5月8日
氷菓

この週末に『愚者のエンドロール』『クドリャフカの順番』『遠まわりする雛』『ふたりの距離の概算』と徹夜で一気読みして未だフラフラ気味という情けない管理人です、おばんどすぅ(苦笑)。歳はとるもんじゃないですね(へ?) さて、 …続きを読む

氷菓 第2話「名誉ある古典部の活動」

2012年5月1日
氷菓

新生古典部4人目の新キャラ登場とともにEDも初お披露目となった今回でしたが、女の子2人のこの姿は・・・何を狙ったんでしょうかね?(笑) さて、今回の話は1冊の本の貸出記録をめぐっての謎解きでしたが、オリジナルを少し交えつ …続きを読む

氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」

2012年4月24日
氷菓

米澤穂信さんが書かれた〈古典部〉シリーズの京都アニメーションによるアニメ化、いよいよはじまりました。10日ほど前に行われた先行上映会の感想をネット上で見かけて興味が湧いたのと、先にザッとでも原作に目を通しておいた方がいい …続きを読む