輪廻のラグランジェ 第3話「鴨川にランの花咲く」・・・当たってんじゃん

ド素人の女子高生にお任せ状況では、田所司令もツッコミ入れなきゃやってられんでしょうね(苦笑)。

それはともかく、サブタイからしてランがそろそろ覚醒してウォーリア形態に変形できるようになるんだろうなとは予想してましたが、活躍の場が、まどかが2度失敗した白刃取りに成功する、というのはなかなかオツなものではないでしょうか。決意を固めるまでの心理描写も丁寧でよかったと思います。
443622
443674
443709
443729
443730
443731
まどかとキリウスのオービッド・バトルは、まどかが戦闘においてはズブの素人なのとキリウスが斜め上な深読みをしてくれたおかげで、メカバトルっぽくなくてパッと見あまりカッコよくない感じになりましたけど、そりゃあ自転車しか乗れないとハッキリ言った娘がいきなりの初搭乗でオービッドの機能をまともに活用できるわけないですしね(台詞でも彼女の等身大のイメージを崩さないようにしていたのが伺えますし)。それよりもキリウスのリアクションの方が・・・(苦笑)・・・第一印象と反対にイゾの方が賢く戦えそうな気がしなくもなかったです。

さて、盛んに“伝説”扱いされてるウォクスですけど、引きの場面で拘束中のアレイが何やらブツブツ呟いてたシーン、ネット上で探してみたらこんな感じの言葉だったようです。

それは古 古物語
萌葱の大鬼 天を裂き
浅葱の大鬼 星を喰い
柑子の大鬼 闇を吐き
数多の贄で 地に治む
心の淀みを 与ふれば
まなしに寝覚め 鬼は立つ
放つは ならぬ
決して ならぬ

で、萌葱とかいうのは日本の伝統色にそういった名前のがありまして、

萌葱色(もえぎいろ)はこんな感じ
浅葱色(あさぎいろ)はこんな感じ
柑子色(こうじいろ)はこんな感じ

の色合いになります(CSSでなくW3C非推奨のHTMLタグ使って記述してるので全部の環境でブラウザ上で色がちゃんと見えてるかわかりませんが)。それぞれウォクス・シリーズのアウラ、リンファ、イグニスのベースカラーに呼応した感じになってますね。ランが今まで躊躇してたのは「心の淀みを・・・」云々にありそうに思えますが、過去に何があって、そしてそれまで封印されていた(≒「数多の贄で 地に治む」かな?たぶん)のか?予告では次回から新キャラが本格参戦しそうな様子でしたけど、その新キャラ登場と並行して徐々に明かされていくのでしょうかね。
F_00014e
F_000089
F_00008a

ところで、今回のエンドカードは深崎暮人[http://cradle.cc/]さんでした。しとらすの好きな絵師さんがこうして続くのはホント嬉しいかぎりですね。
F_00009a

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

輪廻のラグランジェ 第3話「鴨川にランの花咲く」・・・当たってんじゃん」への37件のフィードバック

コメントは受け付けていません。