リトルバスターズ!~Refrain~ 第9話「親友(とも)の涙」―第13話「リトルバスターズ」

投稿者:

時間が取れなかったりなんだりで今月に入ってからずっと感想書けないでいたら、いつの間にか年末で最終回を迎えることになってしまいました(苦笑)。1期からの長い間、スタッフの皆さんは本当にお疲れさまでした。ザックリとですが、これまでの分をまとめて総括ということで・・・

 


 

9話「親友(とも)の涙」 あらすじ

真人の次は謙吾を仲間にする番だった。
だが謙吾は何かを知っている様子で、このまま進むならば、待っているのは暗闇だ、
と言って理樹の仲間集めをやめさせようとする。
リトルバスターズを続けることと、謙吾をつなぎ止めること。
この両方を成立させる方法はないものか……理樹たちは悩んだ。
それでも恭介に負けないリーダーになるという理樹の意志は揺るがず、謙吾を力で倒して仲間にしようと決意。
鈴は「やきゅーで対決だ」と理樹にボールを渡す。

10話「そして俺は繰り返す」 あらすじ

ついに四人になった仲間。
揺るぎない自信を持った理樹は、部屋に閉じこもった恭介を迎えに行く。
幼い頃、理樹は恭介に手を差し伸べられ、救われた。
今度は理樹が恭介に同じことをしようとしているのだ。
一方、恭介は深い闇の中でこれまでのことを思い出していた。
5月13日、学園に戻ってきた時のこと。
野球チームを作った時のこと。理樹が女の子たちを救ってきたこと。
恭介はその時、どんな考えで行動していたのか――。

11話「世界の終わり」 あらすじ

恭介を仲間に入れ、元通りのリトルバスターズを取り戻した理樹は、喜びでいっぱいだった。
早速、仲間たちみんなで野球をしようと張り切っている。
周囲はなぜか奇妙に静かで、はしゃぐ理樹を恭介は切なく見つめていた。
野球をしながら、恭介は仲間たちとの思い出を振り返っていた。
そしてついに恭介から理樹へ、この世界の秘密が語られる。
――終わりの時が、もうすぐそこまで来ていた。

12話「お願いごとひとつ」 あらすじ

「世界の秘密」を知った理樹は、鈴の手を引いてひたすら走った。
もう後戻りはできない。
仲間たちのことを思うと、理樹の心は張り裂けそうだった。
……気が付くと、二人の前には絶望の光景が広がっていた。
理樹は痛む身体を引きずって立ち上がろうとする。
何とかしなければと思っても、どうすることもできない。
もう全ては遅いのだろうか……? 
極限状態の中で、鈴の脳裏に浮かぶのは恭介たちとの思い出。
そして、夕焼けの中で小毬と交わした約束だった。

13話「リトルバスターズ」 あらすじ

深く、どこまでも深く――。
理樹の意識は暗い闇へと沈んでいった。
壮絶な事態が進行する中で、理樹は何もすることができない無力感に苛まれた。
―なぜこんなことになってしまったのだろう―理樹は自問自答し、自分の弱さを乗り越えるために現実に抗うことを決意する。
「この世界の秘密」の真意、願いに応えるために、未来を笑顔に変えるために──。

 


 

原作ゲームを知らないので、これまでの流れで修学旅行のバスが事故って理樹と鈴だけが生存するだろうと予測はできても、そこから先がどうなるか全然わからなかったのですが、結局アニメでは全員生存のハッピーエンドで終わりましたか。原作知ってる人からしたらどういう印象を持つか理解が及びませんけど、ストーリーのルートが一本道なラノベや漫画原作ならともかく、ルートが複数存在するゲームが元なら少々のご都合主義的な結末があったっていいんじゃないと個人的には好意的に捉えてます。今のリアル日本社会が陰鬱な空気に包まれてバッドエンドルートまっしぐらな情勢ですし、フィクションのアニメでまでそんなのは拝みたくないというのが正直なところですしね(苦笑)。脚本に目立った破綻もなく作画も安定を維持してましたし、なにより姉御のピンピンしてる姿を拝めたのが嬉しい(をいwww)。あと、ラストでの恭介の帰還は中の人つながりでヒイロをちょっと思い出してしまいました。
13882516280185001
13882516280185002
13882516280185003
13882516280308001
13882516280308002
13882516280388004
13882516280510004
13882516280599001
13882516280866004
13882524810074001
13882524810118001
13882524810285004
13882524810452001

 




17件のコメント

  1. ピンバック: ぬる~くまったりと
  2. ピンバック: 惑星観測所の記録
  3. ピンバック: 大海原の小さな光
  4. ピンバック: ぶっきら感想文庫
  5. ピンバック: ひえんきゃく
  6. ピンバック: Little Colors
  7. ピンバック: Dash~アニメまとめ~
  8. ピンバック: 桜詩〜SAKURAUTA〜
  9. ピンバック: おぼろ二次元日記2
  10. ピンバック: Old Dancer's BLOG
  11. ピンバック: ALISA の LOVE DESTINY

ただいまコメントは受け付けていません。