リトルバスターズ! 第6話「みつけよう すてきなこと」

真人ってただの筋肉バカじゃなくて、時にはちゃんと空気の読める男だったんだと思い直したアバン。
1352554266984
13525679660163001

亡くなった兄の拓也を思い出す→幼児退行・記憶障害のループ、そんな小毬がトラウマに終止符を打つべく理樹が考えた手は拓也の残した絵本のラストシーンに付け加えて兄の死という現実と向き合うことと今は友達がいることを彼女に悟らせること。恭介が理樹の背中を押し、鈴たち他のリトルバスターズの面々が理樹の絵本制作をサポートしていくという今回の流れ。理樹が子どもの頃に両親を亡くした悲しみを友情で救われたエピソードを重ね合わせて上手くまとめてきたなという感じで、人見知りの激しい鈴が理樹のために頼み事でいろいろ駆けまわったり現実を受け入れた小毬に泣いて抱きついたりとアクティヴに動いていたのも印象的でした。
13525685930394001
13525685930423004
1352555528129
1352555533566
1352555661746

 





アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

リトルバスターズ! 第6話「みつけよう すてきなこと」」への28件のフィードバック

コメントは受け付けていません。