恋愛ラボ 第13話「その手を重ねて」

スズが新しく無駄にハイパーなハリセンを出してくるあたりまでは、塾の場面でナギがお笑い担当だった以外、女子キャラだけのなんとも形容しがたい重い空気に包まれたままストーリーが展開されていってたので、最終話がこんなんでエエんかい?というか妙に深刻ぶってるのが却って悪い意味で痛々しいというか・・・リコとマキの友情のズレとかを描きたかったのは理解できるのですが、サヨの騒動の時といい、女性キャラだけで話を回してる時はシリアス成分の刺が演出過剰に出てしまう傾向が目立って、それが無駄なテンポの悪さと空気感の重さを生んでマイナスな印象に繋がっているような気がしました。監督とシリーズ構成が同じ太田&あおしまコンビな『ゆるゆり』の時と違って、こちらは原作に手を出してなくて読んだことがないのでオリジナルがどうなってるのかわからないのですが、あの2人なのが裏目ってるのか・・・? ともあれ、個人的にはなんとも微妙なラスト回でした。
13802150700665002
13802150700715001
13802150700715004
13802150700715006
13802154070011001
1380216590946
13802154070084005
13802154070084009
13802154070194003
13802154070299006
13802154070418001
13802154070561003
13802154070561005
13802154070613005
13802154070666005
13802154070842002
13802154070842003
13802164880066009
13802164880178002

 

7月発売の原作最新刊↓宮原るり『恋愛ラボ (8)』
51r8kgqbikl_sl500_aa500_



アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

恋愛ラボ 第12話「ずっと友達でいてくださいね」

いやいやぁ〜今話はこれでもかってくらいキャラがよく動いてましたよね〜、特にマキが。恋愛研究の環境が整って浮かれてるのが絵でよくわかったというか・・・でも某ラノベアニメの必殺技「お外走ってくるー!」が『恋愛ラボ』で見られるとは思いませんでした(笑)。あと、やっぱりこのアニメは女の子たちだけでジメジメ回してるよりは男の子たちも混ざったエピソードの方が断然面白いと感じた回でもありました。
13796102710202002
13796102710202004
13796102710319001
13796102710795002
13796102710795006
13796102710844001
13796102710844002
13796102710844003
13796108710933004

さて、嘘がそろそろ取り返しのつかない段階に来てしまったリコですが、マキとの関係はどうなるんでしょう?真実を告げて(もしくは知られて)ケジメを清算してっていうあたりのまとめ方になるんですかね、次の最終話は・・・っていうか、最後のこの会話マキに全部聞かれただろうなぁ、たぶん・・・。
13796115290119006
13796115290119007
13796115290146002

 

7月発売の原作最新刊↓宮原るり『恋愛ラボ (8)』
51r8kgqbikl_sl500_aa500_



アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

恋愛ラボ 第11話「恋愛ラボ?」

マキには同じ学園の高等部にお姉さんがいたんですね。幸いにして姉の方は父親の悪い遺伝子を受け継いでいない常識人のようですが、妹が机の上に放置した恋愛研究ノートを見てドン引きして親父をどやしつけてるさまは姉というよりも母親みたいでしたね(笑)。かくしてマキもリコと同じ塾に通うことに・・・やっぱりこの2人を中心にして話を回していく展開の方が面白いですね。ヤンはとんだトバッチリでしたけど(・・・あぁでも名前勘違いしてたのはあるか・・・苦笑)。
13790057920180003
13790057920180004
13790057920180005
13790057920180006
13790057920180007
13790057920254002
13790057920254004
13790057920306002
13790057920306004
13790057920401002
13790057920401004
13790057920401006
13790057920460004
13790057920460005
13790057920460007
13790057920484002
13790057920484003
13790057920484004
13790057920574001
13790057920827008
13790061550076005

それと終わる間際に新聞同好会が持ってきた試作原稿・・・ここでようやく“恋愛ラボ”というのが出てくるんですね、ナルホド。
13790061550872008

 

7月発売の原作最新刊↓宮原るり『恋愛ラボ (8)』
51r8kgqbikl_sl500_aa500_



アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

恋愛ラボ 第10話「よりぬき生徒会(撮り下ろし)」

今回はバカな兄貴を持った妹は苦労するよね、とかサヨの馴れ初め話とか、いろいろ小さなエピソードを繋ぎ合わせての展開。4vs1ではサヨでもどうにもならんかいうのと彼女の相手はM男でないと務まらないらしいのはわかったし、エノの兄貴の変態ぶりなどそれぞれに面白くはあったのですが、マキ×リコのボケツッコミを見たい私にとっては何か物足りなさを感じた回でもありました。
13784013880256002
13784013880256003
13784013880256004
13784013880256005
13784013880256006
13784013880256008
13784018180048008
13784018180110002
13784018180110006
13784018180316003
13784018180316007
13784018180385004
13784018180434007

あと、JCの分際でパパラッチ=反倫理的行為はヤメれ、マジで胸糞悪い(怒)。皮肉のネタにするならいいのだけど、この作中ではそうでないからナナとモモの登場は始末悪いだけなんよね・・・。
1378488733068

 

7月発売の原作最新刊↓宮原るり『恋愛ラボ (8)』
51r8kgqbikl_sl500_aa500_



アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)