ラブライブ! 第12話「ともだち」

廃校阻止には成功しましたが、留学を決めたことりの訴えにショックを受けた穂乃果の
「私、スクールアイドル、やめます」
・・・ここで無駄シリアス入れてくるとか、さすが予想の斜め上を行く花田十輝脚本ですね(海未が穂乃果にじゃなくて此方が脚本家にビンタしたいくらいやわ)。なにもここまで来て主人公の穂乃果をダークサイドのどん底に落とすシリアス展開を持ってこなくてもいいでしょうに、なぜ素直にラブライブのエントリーまで持っていく話とか作れないのかなぁ・・・彼女のキャラ的にも違和感あるしで見ててホンマに萎えてしまいました。次で最終回ですけど、ストーリーどうするんでしょうね?常識的に考えるなら、ことりを引き止める、もしくは彼女本人が思いとどまる機会をすでに逸してることになるわけですが、また斜め上の展開を持ってくるのでしょうね、どうせ・・・(はぁっ・・・)。
00162803331440810
00180101451440x810
00183504201440x810
00222106111440x810
00232201291440x810
00240104861440x810
00240307291440x810
00241704011440x810

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

ラブライブ! 第12話「ともだち」」への7件のフィードバック

コメントは受け付けていません。