魔法科高校の劣等生 第3話「入学編 3」

達也vs服部戦の解説はアバンでそれなりにまとめられていたので、メンドクサイから省略(ヲイマテ)

今話では達也が摩利にスカウトされて風紀委員会入りしてから最初の活躍?をするところまで。彼女だけでなく、彼女の後任者にも「事務が回らない」等々とアテにされて引き止められ、達也は結局1年生の間は風紀委員会で過ごすことになるわけですが、この入会初日のエピソードでいつも思うのは、整理整頓できないとお嫁にいっても苦労しますよ、と(摩利はこう見えても年上の彼氏持ち・笑)。
1397921876518
1397921882058
1397921897110
1397921907160

ちなみに、Bパートの前半部分、超ブラコンと超シスコンの痴話喧嘩を生温い目で見守る・・・のではなくて、達也の自己修復術式のプロセスがアニメでどのように表現されるかを初見で確認する場面です(えっ?)。軍医少佐をして人体実験させろと言わしめる自己修復術式をこんなノンビリ見られるのは最初で最後かもしれませんね(発動の機会は何度かありますが尺的に余裕ないだろうし)。
0044300331
0044560023
0045090224
2515
0046000399
0046040697
2616
2658

 

4月10日発売の原作最新刊↓『佐島勤魔法科高校の劣等生(13) スティープルチェース編』
51q3ccg7uhl_sl500_aa500_






9 thoughts on “魔法科高校の劣等生 第3話「入学編 3」

  1. ピンバック: WONDER TIME

  2. ピンバック: 悠遊自適

  3. ピンバック: ぐ~たらにっき

  4. ピンバック: ぬる~くまったりと

  5. ピンバック: 日々の記録

  6. ピンバック: サイネリア~わたしのひとりごと~

  7. ピンバック: いま、お茶いれますね

  8. ピンバック: ジャスタウェイの日記☆

  9. ピンバック: Little Colors

コメントは停止中です。