魔法科高校の劣等生 第15話「九校戦編 8」

投稿者:

今話はクリムゾン・プリンスとカーディナル・ジョージが一高相手の決勝戦で順調に負けフラグを積み重ねていってた回、といったところでしょうか(苦笑)。つーか他に言い様ないほどカットしまくってたから、そんな感じにしか見えへんかったんよね。あとは少しでも作画を手抜きしたいとか。アバンでの達也と幹比古のやりとりで‘感覚同調’―もっと細かく言うならその中でも‘視覚同調’―についての部分をカットしてたのにはヲイヲイと思いましたが(実際に試合中に使用する場面があるのに説明省いてどうすんねんと)、それ以上に、達也が幹比古のCADを調整する作業のあまりのクレイジーっぷりに、手伝いをかってでたあーちゃんがそれを見て達也=トーラス・シルバーの疑念をほぼ確信にまで至る場面をバッサリ切り捨てていたのにはとてもガッカリさせられました。あの達也の仕事ぶりをアニメでどう表現するか見てみたかったんですけどね・・・作画が面倒だからってこたぁねーよな?
14051882090317003
1405179426212
14051882090556003
14051882090556004
1405179644189
1405179690834
2819
1405180447638
1405180478083
ところで、達也が初戦で三高コンビと摩利・真由美を驚愕させた対抗魔法、術式解体(グラム・デモリッション)。往路での事故で達也が密かに使ってたのは深雪の言によれば術式解散(グラム・ディスパージョン)なので、摩利の推測は半分当たってて半分外れてるのですが、術式解体を使える魔法師自体がほとんどいないので、吉祥寺や真由美のように高校生レベルで術式解体を名前だけでも知ってるのが稀少で、あの対抗魔法が何かを見抜くのが無理難題みたいなものです。更に、術式解散は山中軍医少佐が言ってた“分解”に相当するので、そんな軍事機密指定の技を高校生の競技会で公にさらすようなヘマを達也がするはずもなく(お茶会で風間少佐から念押しされてたことでもある)。山中センセが愚痴ってたのは戦場や軍事訓練以外の平和な場所で達也の本気が見たいなぁ〜という身内贔屓のワガママなんですが(笑)。ついでに藤林少尉と2人で言及していたフラッシュ・キャストは秘匿したいのが四葉家であって軍の方ではないから、あんな脳天気に言ってられるのだけど。
2512
2538
1405179825465

※追記※
深雪に(自分のことは棚に上げて)
「エリカってブラザー・コンプレックスだったのね」
と言われて逆ギレしたエリカが
「アンタにだけは言われたかないわよ、この超絶ブラコン娘!」
と言い返した直後に何か大惨事が起きてたような・・・やっぱTV規制くらったかwww (ノ∀`)アチャー
1405180013243
1405180025161
深雪がエリカに何をしたのか原作にも書かれてないんです。だいたい想像はつきますがw

 

4月10日発売の原作最新刊↓『佐島勤魔法科高校の劣等生(13) スティープルチェース編』
51q3ccg7uhl_sl500_aa500_