魔法科高校の劣等生 第23話「横浜騒乱編 5」

前2話に比べたら今話は珍しく脚本に関してはまぁまぁわりとストレスフリーで見れましたね。十三束のキャラデザにツッコミそうになりましたが、原作7巻を読み返したら同じシーンに該当する49頁の挿絵で一条将輝の隣での全身の立ち姿がありましたので、まぁアニメでもこうするしかなかったよなぁ・・・と(苦笑)。こう見えても彼、強いんですけどね。アニメ化の範囲外ですが、2年生に進級して間もない頃の達也との試合で“雲散霧消(ミスト・ディスパージョン)”と“術式解散(グラム・ディスパージョン)”を使わせる程度には手こずらせていた近接格闘のエキスパートですし。
14100262310055001
14100262310055002

さて、今回は原作7巻の81頁まで消化、ちょうど4分の1になります。残り4分の3をアニメ3話分の尺でシッカリ描けるかどうかで「横浜騒乱編」までやる意義があったのかどうか―――これからバトルにつぐバトルの連続ですしショボイのしか出てこなかったら当然ながら叩かれるしBDも大幅な右肩下がりになると思う―――が問われるわけですが、それよりも発売が3日後に迫った原作14巻「古都内乱編・上」の方がよっぽど「私、気になります!」www
4910
5009
14100262310557001
14100262310557002
14100262310557003
14100262310637005
14100262310684004
5501
5544
5711

 

9月10日発売の原作最新刊↓佐島勤『魔法科高校の劣等生(14) 古都内乱編 〈上〉 』
71doff54ril