「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?18」に参加させていただきます

「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんが毎期行なっていらっしゃる企画
「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?18」
に今回も参加させていただきました。

今期に限らずなのでしょうけど、ラノベ原作モノに関しては原作の良さを活かし準拠したもの(『境界線上のホライゾンⅡ』『氷菓』など)と作り手が原作をスポイルしてしまったもの(『カンピオーネ!』『アクセル・ワールド』)で出来の良し悪しにクッキリ明暗が別れてしまったように感じました。特にワーナーが関わったものには碌な物がなかったと言いますか・・・(苦笑)。原作付きのものは作り手がオリジナルを尊重すべしとつくづく思わされましたね。


氷菓

・ストーリー:5
・キャラクター性:5
・画:5
・演出:5
・音楽:5
・総合的な評価:5・・・米澤穂信さんの処女作品を原作の雰囲気を損ねることなく、よくぞここまで映像化で仕上げてきたなと感服しています。京アニの底力を見た思いがしました。

輪廻のラグランジェ season2

・ストーリー:1
・キャラクター性:2
・画:2
・演出:1
・音楽:2
・総合的な評価:1・・・season2なんて要らんかったんや・・・

TARI TARI

・ストーリー:5
・キャラクター性:5
・画:5
・演出:5・・・アバンとCパートの使い方も効果的だったように思います
・音楽:5・・・音楽というか歌をテーマにしただけはありました
・総合的な評価:5・・・音楽を中心に据えたオリジナルアニメで期待半分不安半分で見始めましたけど、予想以上に素晴らしい作品に仕上がっていたと思います。シリアスとコミカルのバランスの塩梅も良くて、心地良い爽やかな風が流れるような雰囲気がとても印象的でした。個人的には境ホラ2期に次いで氷菓と共に高ポイントな作品でした。

人類は衰退しました

・ストーリー:5
・キャラクター性:5
・画:4
・演出:4
・音楽:4
・総合的な評価:5

ゆるゆり♪♪

・ストーリー:4
・キャラクター性:5
・画:5
・演出:4
・音楽:4
・総合的な評価:4・・・原作準拠の部分とオリジナルの部分との落差が1期以上に目立ちすぎていたのが残念でした。アニオリの回はどれもパッとしなかった印象でしたね。

恋と選挙とチョコレート

・ストーリー:1
・キャラクター性:2
・画:2
・演出:2
・音楽:2
・総合的な評価:2

この中に1人、妹がいる!

・ストーリー:1
・キャラクター性:2
・画:3・・・キャラ絵だけは良かったんですけどね
・演出:2
・音楽:2
・総合的な評価:2

じょしらく

・ストーリー:4
・キャラクター性:5
・画:3
・演出:4
・音楽:4
・総合的な評価:4・・・風刺がピリッと効いていて楽しく見れました。JCにしては良い出来だったかと。

はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ)

・ストーリー:2
・キャラクター性:3
・画:3
・演出:3
・音楽:3
・総合的な評価:3

カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~

・ストーリー:2
・キャラクター性:5
・画:4・・・キャラデザはとても良かったです
・演出:2
・音楽:4・・・OPはまあまあ、EDは最悪、劇中BGMは境ホラと同じ加藤達也さんが手がけただけあって満点の出来。つーかメインスタッフで原作を一番理解してたのが加藤さんだったのでは・・・(苦笑)。
・総合的な評価:3・・・ワーナーが手がけてオシャカにしてしまった作品「その2」。日笠さんの好演もシリーズ構成と「ゆいかおり」で原作の良さをスポイルして全部おジャンにしてしまった印象でした。2期作れなくなるような改竄してどうすんのよ?!と(怒) 恵那を出すような無理な端折り方をする必要性を全く感じなかったし、ラスボスが「ゆいかおり」キャラに改竄されたのには本当に興ざめでした。

DOG DAYS’

・ストーリー:5
・キャラクター性:5
・画:4
・演出:5
・音楽:5
・総合的な評価:5・・・1期のマイナス点をキッチリ修正してきた感じですね。無駄なシリアスを作らず、明るく良い方向に吹っきったような雰囲気が好印象でした。バトルをもう少し見てみたかった気もしますが、それでも1期より充分楽しく見れました。早くも3期制作が決まったようで、今から大いに待ち遠しいです。

ココロコネクト

・ストーリー:4
・キャラクター性:5
・画:4
・演出:4
・音楽:4
・総合的な評価:4

アクセルワールド

・ストーリー:3・・・原作を4巻でなく5巻で区切る構成にできなかったのか?(24話でなく26話にして)
・キャラクター性:3・・・黒雪姫のCVが完全に役不足、解説役キャラに演技がド素人の原作者を起用したのもマイナス点
・画:5
・演出:2
・音楽:2
・総合的な評価:3・・・ワーナーが手がけてオシャカにしてしまった作品「その1」。原作者が同じSAOのアインクラッド編のようにとっ散らかったような展開のない一から組み上げたようなストーリー展開で、尚かつサンライズ8スタが作画を手がけていて、これで円盤の売上がSAOの4分の1と後塵を拝する結果になったのは“音”=声と音楽を蔑ろにしたのが大きな原因だと思います。メインヒロインが格を出せないミスキャストだっただけでなく、彼女に引き摺られるように他のキャラもパッとしない感じでした。劇中音楽も安っぽい印象のものが多く、作画のリソースを“音”で全てフイにしてしまってましたね。AWは物語的には2期該当部分(原作5巻以降)が断然面白くなるのですが、仮に2期をやるのならワーナーは口を出さず監督・脚本陣とメインヒロインは総取替えしてほしいですね。そうでないと非常に不安。

境界線上のホライゾンⅡ

・ストーリー:5
・キャラクター性:5
・画:5
・演出:5
・音楽:5
・総合的な評価:5・・・文句無しで今期ベスト・・・というか今年のベスト。原作のあのテクストの分量をよくぞここまで映像に盛り込んでくれたと大いに感服していますし、スタッフ陣と声優陣には大いに敬意を表したいと思います。間隔が空いてもいいのでぜひ3期・4期・・・と2クールずつの割り当てでシリーズで続けてほしいですね。

織田信奈の野望

・ストーリー:4
・キャラクター性:4
・画:5
・演出:4
・音楽:4
・総合的な評価:4

 

ベストキャラクター賞:エリカ・ブランデッリ@カンピオーネ!

ベストOP賞:「Dreamer」@TARI TARI・・・OPとEDは『TARI TARI』と境ホラで迷いますね

ベストED賞:「悲しみは誰の願いでもない」「ソラノウタ」@境界線上のホライゾンⅡ

ベスト声優賞・男性:中村悠一さん(折木奉太郎@氷菓)・・・点蔵(小野大輔さん)でもよかったのだけど・・・

ベスト声優賞・女性:斎藤千和さん(葵・喜美@境界線上のホライゾンⅡ)・・・中原麻衣さんと迷ったのですが、10話・13話での賢姉の存在感がハンパない!だったので(笑)


 







アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?18」に参加させていただきます」への17件のフィードバック

コメントは受け付けていません。